幼なじみ

美咲恋

幻聴 執筆途中

    題名  幼なじみ

    幻聴

 「ここはどこだ」 
木村克浩は辺りを見渡した。3畳程の板張りの部屋にポツンと剥き出しの便器がひとつある。汚物を流すボタンは見当たらない。その横に半径20センチ程の鉄の棒が3本立っっていてその裏には廊下らしい雰囲気の作りだ。部屋の中は小窓から僅かな月の光が差し込んでいる。どうやら深夜である事は理解できる。克浩は23年間生きてきたが、こんな部屋を見た記憶はない。しかし微かな記憶の中で高校に歩いて通学する途中に鉄の棒の内側に窓がある部屋を見た事がある。しかしこの建物については無関心であった。その時克浩の全身に鳥肌が躍り出て恐怖を感じ震えだした。「誰かいるか」大声で叫ぶが返事は返ってこない。扉らしい隙間のある板の壁を思い切って蹴る。壁に変化はない。克浩は1時間程この動作を体力が尽きる位に繰り返し大声で叫ぶが返事はない。やがて力尽きて深い眠りについた。
 昭和58年5月。克浩は東京は銀座と言う繁華街の中心にある地域で医薬品の営業見習いとして角田商店に勤務している。仕事は一人前の営業マンを目指しての基本。一万点に及ぶ商品を覚える事である。今日は日曜日。休日出勤。この頃はまだ週休2日の制度などない時代である。この日は従業員が交代で所有するビルの管理を克浩は始めて任された。仕事が終わり路上で煙草を一服していると、同僚の神田洋子19歳が差し入れにパンを持ってきてくれありがとうと言って受け取る。。
 宿直する3日前。神田洋子の19回目の誕生日である。前日に渋谷にある西武デパートにプレゼントを買いに行き、給料をはたいていつも大きな時計をしていたので女性らしい腕時計と思い買った。。パンを差し入れに貰ったのは彼女に会社の終了間際にプレゼントを貰ってからか愛想よくやってきた洋子であった。しかし、この日を最後に彼女とは永遠の別れになってしまったのである。
 「木村さん」洋子から差し入れで貰ったパンを食べていると総務課の30歳になるお姉さんに事務所に呼ばれた。
「デスクにねずみが出て困ってるのよ」克浩は銀座のど真ん中にねずみが出るのかと含み笑いをしたが、反発の返事は控えた。しかしデスクの引出しを開けてみせてくれるがそれらしき気配は感じられない。このねずみが深夜、悪さを仕掛けてきたのだ。
 「ボーン」鐘の音がひとつ鳴り響いてきたと同時に目が覚めた。時計を見ると深夜1時である。突然に目が覚めた。と同時に寝床にあるタンスの上段からゴソゴソと言う音が聞こえてくる。咄嗟にねずみだと確信する。この時、克浩の思考回路が誤作動を起こし始めってきたとは知る余地もなかった。脳裏に幽霊と言う文字が浮かんだ途端深い眠りにはいっていく。朝6時に目が覚めると、身体がソワソワして仕方がない、脳裏には何も浮かんではこないが2時間の間にもう煙草をひと箱吸った。そして克浩に色々仕事を教えてくれる倉吉さんの姿が視界に入ってきた。やがて60になる倉吉さんは仕事が終わると、銀座の裏街道に毎日一杯をやりに連れて行ってくれる一番の同僚である。爺さんと居酒屋に入るとお客さんに社長と自分を自己紹介しているらしく、爺さんの事を呼ぶ時には「社長」が暗黙の決まり事であるが、その代わりに酒代はみんな爺さんのおごりである。



「倉吉さん」克浩は居ても立っても居られない激しい感情に襲われながら意味不明の言葉を口走った。
「この会社は幽霊が出るよ」倉吉は突然に克浩が叫んだ幽霊という言葉に喉を詰まらせる。
 午前8時会社のみんながやって来る。稲垣部長が克浩に声をかけようとした瞬間。克浩の脳裏に部長の表情が変化した瞬間に気づき、咄嗟に口を塞いだ。
「どうしたんだ木村くん」克浩は黙っている。頭の中では加速的に物事を考える思考回路が進んでいた。被害妄想である。そして次々に人を捕まえては意味不明の言葉を発して上司や同僚に声をかける。克浩の耳には、「あいつどうしたんだ」というささやきが、聞こえるのも素直に受け入れることは不可能な状態だ。お昼近くになり部長が早退しろという言葉を素直にうなづき会社を後にする。
 アパートまでは山手線の神田駅から目黒で降り蒲田線に乗換え武蔵小山まで1時間はかかる。
神田駅にやってきた克浩は待合室の隅っこで煙草に火をつけため息をつくと同時に視線が公衆トイレに釘付けになり歩きだす。頭の中で何を考えているのだろうか、行き交う人達の目には普通の人である。しかし次の瞬間に普通の人から怪しい人に変わる。男性のトイレに入ろうとしたり女性のトイレに入ろうとしたり、周りをウロウロし出したのだ。そこへトイレに入ろうとした女性が疑わしい眼差しで克浩を睨みつける。ハットした龍太郎は我に返り改札口へと向かう。電車に乗り込むとお昼ということもあり車内は空いている。席に座ると天井にぶら下がっている広告へ視線が移り異様な感覚に襲われる。それは遠くの文字がやけに見えるのだ。それは、0.1の視力なのにコンタクトレンズをはめた感じなのである。これは克浩の錯覚なのか文字の周りが宙に浮いてる。
 克浩は目黒にある静かな住宅街にある四畳半のアパートで一人暮らしをしている。克浩の脳みその思考回路は異常な状態から抜け出せない。もはや制御する知能は皆無に近い。突然音楽の流れているステレオの音量を最大限にした。ドアが振動で揺れ、窓もガタガタと音を立てだす。

幼なじみ

幼なじみ

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-08-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted