うずまる

あんかけ焼きそば

甘えん坊の男は

嫌いなの

あたしは

いつでも、腕の中にすっぽりはまっていたいの

腕枕の上で、行儀悪くしてたいの

それでも、にこにこ笑って

かばっていて欲しいの

ほんとに困った時はいつでも助けるという

経済力が魅力なの

時々、1歩離れて

そこが君のかわいさなんだろうな

というあなたを知ってるの

そのために、男好きのするような身体付きに生まれたと思ってる。

そのために、この顔に生まれたと思ってる。

だから、

かわいがらなければいけない男は

いらない。

あたしは、まもられてなんぼの女だから

うずまる

うずまる

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted