よるのないくに3 〜翳ゆ月明の神巫(かんなぎ)〜 パート4

こんにちは。R. A.です


このアカウントでは株式会社コーエーテクモゲームス・ガストブランドさんによるゲーム作品『よるのないくに』シリーズの最新作をイメージした小説を公開していきます


毎日18時15分前後の時間に作品を投稿します。(パート16より、金曜日のみの更新にします) 投稿される作品は1パートあたり1300文字ほどの比較的短いものです。それを数十〜数百パート程度書いて物語を完結させる予定です。完結後、全てを一つにまとめた完全版を公開します


元はこちらのアカウント(Knights of Nights: https://slib.net/a/23712/)で途中まで公開していたものを他アカウントで続けて更新していくという形になります。元のアカウントでの更新は未定ですのでご注意ください


よければ最後までお付き合いくださいませ♪


パート1: https://slib.net/93193
パート5: https://slib.net/93270

プロローグ

 教皇庁の入り口から入って、目的の建物を探す。教皇様の鎮座する建築物は最も巨大で、かつ中央部にあるので見つけるのはそれほど難しくなかった。私は少し歩いてからその建物を見つけ出し、教皇様がいるそこへ入っていく。
 建物の内部は、既に数回訪れているのでどんなものかわかっていたが、いつ見ても荘厳な景色だと思えた。周囲のステンドグラスには何か美しい――旧き時代にあった聖女と妖魔との戦いを模したと思われる――装飾がなされていて、天井にも太陽を(かたど)った巨大な紋様が描かれている。
 私はそんなまわりの様子に目を取られつつ、歩を前に進めた。
 前方に大きな玉座が見える。焦げ茶色で重厚な、最上級の者が座るにふさわしい王座だ。そこに一人の人物、まるで夜空のような紺色の着物を着た妙齢の女性が、佇むように静かに座っていた。
 私はその女性が座る玉座の少し手前まで近づくと、胸に手を当てて、小さく敬礼した。
「教皇様、騎士 忽那(つくな) 安寧花(あねか)、ただいま参りました」
 私が訪来の言葉を述べると、女性――教皇様は小さく微笑んだ。そして、私に言葉をかけてくる。
「よく来ました、エージェント・アネカ。あなたを呼び寄せたのは他でもない、あなたに任務をお願いしたいからです。来て早々、早速ですが、これからあなたに受けてもらう任務について、説明させてもらいます」
 それを聞いて、私はごくりと唾を飲み込んだ。一体、何を頼まれるんだろう。きっと前々から予想していた通り、何か特別なことには違いないが、この時に至っても、それが何かまったく検討がつかなかった。騎士だから邪妖のことについてなんだろうか…それともまた別な任務なんだろうか…私は教皇様の次の言葉を耳を澄まして待った。
 そんな私の感情を知ってか知らずか、教皇様は少し間を開けて、ゆっくりと話し出した。
「…実はこの教皇庁極東支部より、北のほうのあるところに、ここ最近発見した遺跡があるのです。そこの調査をあなたにお願いしたいのです」
「遺跡?」
 遺跡、と言われて一瞬考えたが、ピンと来なかった。私はこの地方の生まれで、育ったのもここだから、地理に疎いわけでもないが、そんな場所があるとは知らなかった。きっと教皇様の言葉通り、最近発見されて教皇庁内でも秘密にされている案件なんだろう。やはり想像に違わず、任務は特別なものだったようだ。
「そう、遺跡です。まだここは発見されたばかりで何があるのか分からず、どんな危険が潜んでいるかも分かりません。ただ分かるのは、古き時代、ある妖魔によってこれが建てられたということ…。ですから、信頼できるあなたにこれの調査をお願いしたいのです」
 ある妖魔…。妖魔が遺跡を建てるのか。少し不思議だったが、やはり妖魔に作られたんだから、その遺跡は何かしら、彼らや邪妖に関わることなんだろうと思えた。だからこそ教皇庁の関係者たちが調査をしているわけだけれど。
 私が空を眺めながら考えごとをしていると、教皇様はもう一度微笑み、横を手で指し示した。そして言葉を発した。

よるのないくに3 〜翳ゆ月明の神巫(かんなぎ)〜 パート4

よるのないくに2 〜新月の花嫁〜 公式サイト → https://social.gust.co.jp/shiroyuri/
よるのないくに 公式サイト → https://social.gust.co.jp/yorukuni/

よるのないくに3 〜翳ゆ月明の神巫(かんなぎ)〜 パート4

『よるのないくに』最新作をイメージした小説です。毎日18時15分前後の時間に作品を投稿します。(パート16より、金曜日のみの更新にします) 投稿される作品は1パートあたり1300文字ほどの比較的短いものです。それを数十〜数百パート程度書いて物語を完結させる予定です

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • アクション
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work