アキュラの声劇隊

ヤリクリー

注意事項
①若干、性的な内容を含んでいるかもしれません。それには注意です。
②米印の箇所は、ト書きです。読まないでください。
③米印のないカッコは、読んでください。
④人数比は、男性が4人と女性が2人です。
⑤このお話はフィクションです。

アキュラの声劇隊

〔登場人物〕
・国本 遊馬(くにもと ゆうま/男)
・犬飼 直義(いぬかい なおよし/男)
・猫川 奏音(ねこがわ かのん/女)
・増野 鶏太(ますの けいた/男)
・森澤 達也(もりさわ たつや/男)
・安野 智子(やすの ともこ/女)


(※ここは、とある果物加工食品会社の本社。国本、犬飼、猫川の3人は、副部長である安野に振り回されていた。)

安野:アンタたち!早く顧客となる相手会社を確保しなさい!!今週の目標が達成できないでしょ?アンタたちしか稼ぎ頭(かせぎがしら)がいないの。

は~や~く~!い~そ~い~で~!(※イライラ)

犬飼:…ハァハァ、ハァハァ。

わかってますって!我々だけで、大半の顧客を確保していますから!新規顧客も大切ですけど、確保した顧客との長い関係も整えないと。

安野:うるさいわね、“この負け犬!”だから、あんたには毎日10社の顧客確保をさせてんの!(怒)

犬飼:(チッ。あのBBA、俺は人材サービスの人間じゃねェんだよ…。商品開発部から本部へと昇進かと思った矢先にこれだよ。

…冗談じゃない。)

安野:ねぇ、そこの“子猫ちゃん”?いつになったら、私みたいに大きくなれるのでちゅかね?早く、私の背を追い越してみなさいよ!いつまでロリータになりきっているのかしら?全く反省してないようだけど。

猫川:うっさいわね。

安野:私にそんな汚い言葉をかけないで!

“小学生のくせに。”

猫川:(※カチーン)
い、いま、いま…。今、私のことを…。

オバサンこそ、なに良い人気どり(いいひときどり)しているのよ?!私たちが汗水流しているっていうのに、呑気に高級ブランドを買い漁って。
だから新規顧客を確保して金をたかっているんでしょ?

国本:落ち着けって、猫川。なぁ、落ち着こう?気持ちはわからなくもないよ、うん。だから、な?何かジュースでも飲もう?

副部長も副部長で大概ですよ。流石にあれはOUTです。“人権侵害”で訴えられても何も知りませんよ?

“あなたの立ち位置が崩壊し、ここから出ていかなくてはならないだけになりますが。”

安野:国本!アンタはいつもいつも後輩だけをかばって。だから昇進できないのよ。

“私を超えられるものなら、超えてみなさい?”

国本:テメェ~!!


(※安野に襲い掛かろうとする国本を抑える2人)

猫川:国本さん!ちょっと、落ち着いてッ!

犬飼:先輩!暴力はダメですって、いくら何でもッ!


森澤:君は、いつまでたっても同じ部署にいるんだな。

情けねぇよな。みっともねぇよな。恥ずかしいいよな。向上心もないのに。
“その場に安住しているのがやっと。”

フハハ…。(※不気味な笑い)

増野:(お前も人のこと言えねぇだろ。俺よりも随分と年上なのに、たった一度しか部署異動をしてないし。しかも、ずっと部署内のトップの地位にいて知らん顔。そりゃあ企業も成長しないわけだ。)

あ、そうですか。私には向上心がないと。

おっかしぃなぁ~。毎日点検表をまとめては日記を書いているのに。人前で書いているから、誰でもわかるのに。

森澤:その、日記帳とやらは、実は“お絵かき帳”だったりして♪(笑)


(※退勤後、国本、犬飼、猫川、増野の4人は誰かの家に集まって、声劇の練習をする。“声劇部”というものが社内に存在するわけだが、メンバーはこの4人のみ。だが、実力は侮れない。)

国本:では、今日も練習を始める。外郎売から始めよう。

増野:拙者(せっしゃ)親方と申すは、お立会の中(うち)に、御存じのお方もござりましょうが、お江戸を発(た)って二十里上方(にじゅうりかみがた)、相州小田原一色町(そうしゅうおだわらいっしきまち)をお過ぎなされて、青物町(あおものちょう)を登りへおいでなさるれば、欄干橋虎屋藤衛門(らんかんばしとらやとうえもん)、只今は剃髪(ていはつ)致して、円斉(えんさい)となのりまする。

猫川:来るわ、来るわ、何が来る、高野(こうや)の山のおこけら小僧。狸百匹、箸百膳、天目百杯(てんもくひゃっぴゃい)、棒八百本。武具、馬具、ぶぐ、ばぐ、三(み)ぶぐばぐ、合わせて武具、馬具、六(む)ぶぐばぐ。菊、栗、菊、栗、三菊栗。合わせて菊、栗、六菊栗。麦、ごみ、むぎ、ごみ、三むぎごみ、合わせてむぎ、ごみ、六むぎごみ。あの長押(なげし)の長(なが)なぎなたは、誰(た)が長なぎなたぞ。

国本:OK、いい感じだね。

犬飼:なぁ、国本。それに、皆。

国本:ん?どうした??犬飼。

犬飼:俺さ。…てか、皆がそう思ってるのかもしれないけど。

安野と森澤の、例の2人さ。嫌にならない?少なくとも、俺は嫌だね。お前のための戦士じゃねェってぇの。

猫川:私も、あのBBAには頭にくるわ。生まれつきからのものもあるし、成長しても変わらない部分はあるのに。そこに付け込んでくるだなんて、どっちが子供なのか。

増野:国本もそうだろ?安野をなだめながらもディスっているし。

国本:俺もそうだよ。一度でいいから、奴の顔面をパンチしたいね。

犬飼:皆、やっぱりそうだったんだ。

それでさ。1つ提案。
“俺たちのボイスパフォーマンスで、あの2人を倒さないか?”

猫川:え?どういうこと??

増野:スマン、意味が分からん。

犬飼:要は、“俺たちのここでのトレーニングを活かして、2人を誘惑させてフルボッコにして倒そう!”ってこと。

あの2人、実は恋人関係らしくてさ。それだからさ、逆にそこで大暴れすれば、バカップルもろとも大泣きってわけさ。ざまぁねぇシーンを楽しめるってわけだ。

国本:なるほどね。

それで、仮にやるとしたら何かプランでもあるのかな?

犬飼:“あるよ。”

猫川・増野:“え?”

犬飼:作戦はコウダ。

少し変装を我々でして、森澤の家に殴り込む。そして、2人ペアでそれぞれのターゲットを倒す。俺と増野で、安野のBBAを。猫川と国本で森澤を倒してほしい。安野は、BBAをカッコよく誘惑し、メロメロにさせてくれ。上手く誘導させて、俺がソイツをタコ殴り。

国本:なるほどね。

増野:俺が囮、ってわけだな。

犬飼:増野、そういうことだ。

そして、森澤に関してだが…。猫川、キミには“色仕掛け”をしてほしい。セクシーなお姉さんを想像してくれたらいい。それになりきって話しかけてほしい。

猫川:いぬかいさん♡こんな感じかしら?これで正解かしら?私、少々不安だわ。
(※セクシーなお姉さんになりきる猫川。)

犬飼:そうそう!それ!そんな感じの声で、甘く誘惑させてくれ。何なら、軽くボディタッチをしてもかまわないさ。メロメロにさせるためには、多少のテクも必要だからな。それで、メロメロ状態になったところで、それを急激に覚ますかのような、国本の攻撃。失神させても問題ないさ。

猫川:わかったわ、犬飼くん!

国本:おう!任せとけ!

犬飼:以上が、俺の作った作戦だ。
森澤の家に関しては、以前に教えてもらったことがあるし、先日も足を運んだばかりさ。
“アキュラホーム”っていう、いい家に住んでいるんだよ、アイツら。

だから、後はアクセス方法を考えるだけだ。

猫川:それなら、私に任せて!

犬飼:ん?どうするんだ??

猫川:私の高校時代の友人に、自衛隊だった人がいるんだ。しかも、日米合同演習の時に隠密(おんみつ)訓練を経験しているから、静かな接近が出来るんだ。

だから、彼らにアクセスや侵入方法を考えさせてほしい。プロの力に、頼ってみましょ?

国本:賛成だ。こうすれば、演技力トレーニングに我々が集中できるもんな。

増野:俺も賛成。

猫川:わかったわ。後で彼らに連絡してみる。

犬飼:そうと決まれば、トレーニングだな。

国本:台本は、こっちに用意してある。俺の知り合いに舞台作家がいてね、彼女を経由して、劇作家に作ってもらったのさ。

本当はネタ用だけど、まさか、こんなところで使えるなんてな。

犬飼:ありがとう。
それでは、今から練習をしよう。

国本:作戦日はいつなんだ?

増野:10日後さ。丁度、彼らが入籍する前日さ。森澤の野郎が、うっかり口に出しちまったんだよ。助かったぜ。

国本:それがいいね。

犬飼:決定だ。時間がないから、すぐにセリフを暗記して、合わせられるように。遅くとも、作戦実行4日前までには完璧にしておくように。

増野:了解!

猫川:ラジャー!(^^ゞ

国本:コピー。


(※作戦当日4日前)

犬飼:皆、セリフは暗記できたな?

国本:とは言っても、ほぼ2人だけどね♪(笑)

猫川:完璧よ♪これで、相手はイチコロよ♡

増野:俺も、何とかできたよ。緊張はするけど。

犬飼:猫川、了解した。増野、そこまで心配しなくていい。お前は、元舞台役者で主演を務めていただろ?アイツら、自分たち2人のことで十分なガキさ。

増野:…だよね、そうだよね!

犬飼:あぁ!

猫川:作戦を説明するわ。作戦開始は、夜の9時。最初から、ペアでそれぞれ動くわ。突入タイミングは、車を手配してくれる2人が同時にゴーサインを出すから、それに従って。

私と増野君で、それぞれのターゲットを誘惑させる。ボディータッチも、許可するわ。ただし、そこまで激しいのは無しで。メロメロになって油断したところを、犬飼先輩と国本先生がそれぞれ襲撃。コテンパンにするってわけ。
作戦終了後は、出来るだけ、行きの車にそれぞれ戻るように。以上。

増野:はい!

犬飼:了解した。

国本:コピー。

よし。軽く合わせて、今日はおしまい。


(※作戦実行、前日。)

国本:いよいよ明日だ。衣装にも気をつけろよ。

増野:ドキドキする…。

猫川:車の中でも、皆緊張すると思う。

だけど、そこまで強張らなくても大丈夫。飲み物とか、彼らが用意してくれるはずだから、それを飲んで、口元の乾燥を防ぐといいわ。

犬飼:では、最後の合わせを行う。

国本・猫川・増野:はい!


(※作戦当日)

森澤:智子…。

安野:達也さん…♡ ちゅ♡

あなた、いよいよなのね。私たちの共同生活が始まるの。

森澤:あぁ、そうだ。今日は、その前祝(まえいわい)ってやつだ。

一緒に夜を過ごして、幸せになったまま日をまたぎ、届(とどけ)を提出。

安野:あ・な・た♡
調子に乗って、夜、大暴れしないでくださいね。近所迷惑になったら大変ですわ。

森澤:わかった。静かにするよう、俺も気をつける。

安野:うふふ♡ 期待しているわよ♡


増野:…

犬飼:…大丈夫だ、大丈夫だ。あの2人も、きっと同じさ。な?

増野:うん…。


猫川:さぁ、着いたようね。灯り(あかり)がともっているわ。

国本:部屋の明かりから、2人の影を確認。シルエットより、あの2人で間違いない。


犬飼:ステンバーイ、ステンバーイ…。

増野:猫川さん。こちら、犬飼と増野です。レディーです。

猫川:了解。私と国本さんも用意できてるわ。

犬飼:…

国本:(OK!今だ!)

猫川:GO!GO!


(※国本が部屋の明かりを消し、両部隊がそれぞれ“静かに”突入。)

安野:え?何??

森澤:もしかすると、ブレーカーが落ちたのかもしれない。

すぐに戻ってくるから、そこでおとなしくしているんだ。いいね?

安野:…えぇ、はい。

ん?!

増野:ごめんね、お姉さん。手荒な真似をしちゃって。ちょっとだけ、僕と付き合ってくれるかな?

“大丈夫♪なにもしないよ♪”(※安野の耳元で甘くささやく)

安野:ひゃあ♡

増野:あ。お姉さん、耳元が弱いんだ♡
僕にはわかるよ、お姉さんが顔を真っ赤にしていること♪あなただけのASMR(エーエスエムアール)。

安野:…あ、あなたは。あなたは誰なの?

増野:ロビンフッドっていうお話で主演を務めたり、リトルマーメイドや、白雪姫の映画でプリンス役をした人さ♪

“今日は、キミが私のプリンセスだよ♡僕に思いっきり甘えて良いからね。甘えてくれないなら、僕の方からキミをイジメちゃうよ?” ちゅ♡

安野:ハァ~ン♡
私だけのプリンスが、アニメの中のプリンスが、私のためだけにこんなところまで来てくれるだなんて♡

これは、もしかして、夢?

増野:“夢じゃないよ♡”
(※優しく安野を抱く増野)

安野:ハァ~ン♡ 私、今、幸せ…♡

“これからは、一生、あなたにお慕い(したい)続けますわ♡” ちゅ♡

増野:ぎゅ~♡
(悪いけど、俺には彼女がいるんだ!申し訳ないが、俺のために先に墓場の方に向かってくれ!そして、俺用の墓地を確保しておいてくれ!)

犬飼:(ひでぇプリンスだw。こんなプリンスには、絶対にに近づきたくないし、友達にもしたくないぜ。

まぁ、これも演技だから仕方ないんだけどね♪)

安野:プリンス様~♡
どうか、私を昇天させて~♡

あぁ~~ん♡♡♡♡

犬飼:(少々、予定していた作戦とは違うことになったけど、これはこれでよしとするか。そのままあの世でも幸せでいてもらおう。)


(※安野が気絶。半分死んでいた。)

安野:あぁ♡プリンス様♡♡


増野:俺、あまり強く抱いたつもりはないんだけどな。逝っちまたよ。

犬飼:甘く抱いただろ?そこまで力強く抱いてないだろ?俺も目でわかったわ。

いわゆる、“キュン死”ってやつだ。実際にでキュン死であの世に行った奴はあまり耳にしないけどな。


(※一方、森澤の方はと言うと…)

森澤:え~っと、これをこうして…。…よし!復旧完了!


(※セクシーなドレスを身にまとった猫川が、森澤に指をツンツンさせる。)

猫川:ツンツン♡

森川:?

猫川:…ねぇ、そこの体格の良いお兄さん?

森澤:!

猫川:突然驚かせて、そして、勝手に家に上がってすみませんわ。

森澤:…き、きみは誰だ?!名前を言わないと、た、タダじゃ置かないぞ!

猫川:あら、そうですの?
口にしてしまうと、すぐにバラしてしまいそうで。

教えてあげない代わりに、イイこと、してあげようと思っておりましたのに…。


(※徐々に、すごくゆっくりとしたスピードで、自分の着ていたドレスを脱ごうとする。)

森澤:…あ、あぁ。(焦)

猫川:ん?ナニ興奮していらっしゃるのかしら?

教えてほしいなら、あなたへのサービス、お預けですわね…。

森澤:…わかった。わかったから、約束しよう。きみが誰とは言わない。

代わりに、その、サービスとやらを受け取らせてくれ。


(※猫川が森澤にゆっくりと近づき、耳元でささやく。)

猫川:ねぇ♡本当に約束してくださいますの?約束しないのであれば、本当に、お・あ・ず・け♡ですわよ?

森澤:…あぁ、いいとも。

猫川:ちゅ♡

よく言えました♡

森澤:Ah~~!!

猫川:ねぇ♡私の、む・な・も・と♡

期待しちゃってもいいのよ?気持ちよくなりたいんでしょ??

森澤:…あ、あぁ…。

猫川:あなたの手を、私のアソコに…。

触れてしまったわね♡あぁん♡

森澤:お、お、…ちがう。わ、私は…。

猫川:…どう?私の、ご自慢の、む・ね♡

森澤:…。


(※森澤、鼻血の大量出血で死亡。)

国本:俺は、お膳立てだけだったな。

猫川:おっさんなんて、ちょろいもんだわ。特に、セクシーな女性には。

国本:噂によると、森澤は、相当なムッツリらしい。

見事、手玉にとれたな。

猫川:“何がロリよ!私も、セクシーなお姉さんになれるんですからね!”


(※その後、4人は回収され作戦終了。二人の死は、自殺扱いとなった。)

国本:結局、あの一件で部長までもが辞めちまったからな。
大変なもんだぜ。

な?“犬飼部長”?

犬飼:それは確かに言えていますね、“国本新社長。”

あのような人がこの企業を牛耳っていたと思うと…。
社長も、私たちの知らないうちに、まさかの交通事故で亡くなってしまうとは…。

国本:あれこそ、本当の事件じゃないのか?

何で俺がこの席にいるのかもよくわからないけど。

猫川:まじめにやってきたからですよ♪

ね?♡

国本:…あぁ、そうだな。あの一件では、本当にご苦労だった。

猫川:いえいえ。皆さんのおかげですよ。私のおかげではないです。

犬飼:本当にそうか?

あれだけの功績が認められて、“秘書”になれたんだろ?猫川の、実力の証さ。

猫川:うふふ♡

社長、部長、ありがとうございます♪

犬飼:私は、業務の方に戻ります。失礼しました。

国本:おう。頑張ってくれ。

猫川:犬飼さん♡ファイトです♪

犬飼:はい!

失礼します!

(※犬飼が廊下を歩くと、増野とすれ違う。)

増野:あ、部長!お疲れ様です!

犬飼:お、お疲れ様。

今じゃ、お前は人事部長だもんな。

増野:人選にはそれほど自信はありませんが、さらに会社内がスムーズにいくような人員配置に新入社員の確保。また、我々の声劇部やバスケットボール部のように、仕事以外の余暇もも充実できるよう、皆様のために頑張ります。

犬飼:無理だけはするなよ?休む時には、きちんと休むようにな。

増野:わかってますよ、それくらい。

明日、休みなので♪


犬飼:それならいい。

ゆっくりと休めよ。

増野:はい!

アキュラの声劇隊

外郎売の出典:声優になりたい! 発声練習!外郎売り本文!【ふりがな付き】
URL→http://voice-actor.link/practice/uirou1/

アキュラの声劇隊

このお話は、題名から察することが出来ると思いますが、とある文学作品のパロディーでございます。会社内で辛い目にあっている4人の社員が、2人の上司にどのようにして立ち向かうのか、とくとご覧ください。

  • 小説
  • 短編
  • アクション
  • コメディ
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-07-23

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC