自選歌集 2019年4~6月

くろだたけし 作

僕たちが「志村うしろ」と叫んでも振り返らないあの日の背中

まだそこに慣れない犬は吠え続けくりかえし来る花冷えの夜

生まれかわる時はいったん灰になるほのかに苦い菜の花炒め

笑ってる気はするけれど顔はないふらふら揺れる風船赤い

これこそが真理ですよと胸を張る男の顔の眼の中の蟲

忘れ物取りに走ったいつまでも輪郭だけの住宅街を

駅で待つ僕を素通りして過ぎる快速電車がまとうはつ夏

贈り物受けとったあと持てあます初夏ながいながい夕方

美しい世界でしょうとうながされ笑えばまるで合成写真

売れるため並ぶ苗木がひた隠すどこまでも伸びていきたい気持ち

初めての道の先には行かないでどこにでもある珍味を買った

六月をJuneと呼べば順々に列はATMへ近づく

ハードルのわずかに上をその先へまえあしは剣あとあしは羽

初めての模型飛行機手を離れコースアウトのない空をゆく

誰が見た夢なのだろうひそひそと壊されていく絶叫マシーン

観客が誰もいなくて奇術師が帽子の中から出した僕たち

夜だけを歩いていけるコンパスを失くしてからは夜が短い

夢を見ない動物園のふくろうは月とふたりで叙事詩をつむぐ

そしていつか銀河系まで止まったら灯りをすべて消しておやすみ

それぞれの隠れ場所から空を見る生き物に降るあたたかい雨

自選歌集 2019年4~6月

自選歌集 2019年4~6月

2019年4月から6月に「うたの日」で発表した短歌からの自選20首です。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-07-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted