唐栗仕掛けの朝寝坊

フランク太宰作品集

唐栗仕掛けの朝寝坊

今日も壁の向こうから、風の音がする。その音に紛れてトースターから四角いパンが飛び出す音がした。ベットは自動に上半身を起こさせ、そして車輪が飛び出し俺はテーブルまで運ばれた、掠れた機械音が言う
「ご主人様、今日の朝食はホウレン草入りスクランブルエックと...ピーガー」
ピーガーの部分はコーヒーのことだろう。
俺はそんな機械仕掛けの朝食を食べ、一通りの支度を終えた。紫色のスーツを着て赤いネクタイを締め、呼吸正常運動装置つきヘルメットを被りドアを開けた。目の前にあるのは天空の世界と超高層ビル群。
会社につくと上司に呼ばれた。
「モウシワケナイガ、キミハ、クビダ、ピーピーガシャン」
 なるほどこれが超現代社会か。

唐栗仕掛けの朝寝坊

唐栗仕掛けの朝寝坊

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • SF
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted