【超短編小説】犬と爺さん

六井 象

 からだじゅうに、コードや、ネジや、アンテナや、ちかちか光るランプをくっつけた、ほとんど骨ばかりの犬が、これまたほとんど骨ばかりの爺さんが弱々しく投げたフリスビーを、三十分かけて、くわえて戻ってきた。夕暮れの、さびれた公園での話だ。

 本当は会社に戻らなきゃいけないのに、その一部始終をベンチに腰かけてぼんやり眺めていた。爺さん、すごくよろこんでた。犬も、たぶん。

【超短編小説】犬と爺さん

【超短編小説】犬と爺さん

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted