何時ぞやのホラゲのメモ

紺乃 作

  1. 赤髪の情報屋
  2. 傷だらけの神主
  3. 閻ケ繝壹さ縺ョ�カ�撰スサ��

赤髪の情報屋

赤髪の少女。妙に古めかしい忍装束に身を包み、神社を彷徨く主人公に事ある毎に引き返す様に勧めて来る。
忠告を無視し続けると、この神社に何があるのかの断片を僅かに零す様になり、更に回数を重ねると諦めて忠告自体されなくなってしまう。
しかし主人公を見捨て切れない様で、主人公に神社のあちこちに脱出のヒントを幾つか残してくれる。

「あんたさ、悪い事は言わないしさっさと出て行った方が良いわよ。此処、碌な神社じゃないんだから。歴女か何か気取りたいなら、他所でやった方が余っ程ましだし。…あーしの忠告を無視するってんなら其れっ限りよ。」

傷だらけの神主

濡れ羽色の髪に頬に若草の傷を持つ、身体中に包帯等の手当ての処置を施した古風な口振りの神主。
主に神社の何処かに居り、話し掛けると特に取り留めの無い話をして来る。 が、それを何度も続けると、次第に全く関係の無い可笑しな問い掛けを投げ掛けて来る。
近隣の住民達の間では、魔を呼び寄せる神主或いは物の怪の類いとまことしやかに語られている。

「鳥居の有る意味を知って居るか?彼れはな、神域と俗世の境目よ。触らぬ神に祟り無し…精々祟り殺されぬ様にとでも願うて逝くか?くく…、祟られる時は瞬く間ぞ、神頼み等…無意味だ。」

閻ケ繝壹さ縺ョ�カ�撰スサ��

此の神社の御神体は何なのか。此の神社の御神体は何を司る神なのか。
其れが気に成る楢ば、長居は無用。即刻立ち去る可きだ。

彼れは、迚ゥ縺ョ諤ェだ。彼れは、蜴�⊃繧貞他縺カ鬲�だ。
彼と髟キ縺城未繧上k縺ェ�。彼れは何時も、蟶ク縺ォ豢サ縺阪�濶ッ縺�佐迚ゥ繧呈爾縺励※縺�k�。彼れは、鬟「縺医◆闕貞セ。鬲�だ。
悪い事は言わない、一刻も早く逃げろ。逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ。彼れ依り早く、逃げ果せる物楢ば。

何時ぞやのホラゲのメモ

何時ぞやのホラゲのメモ

その名の通りのメモ。 舞台は夏休みの田舎。里帰りの帰省中に、不思議な神社を見付けた主人公(プレイヤー)が面白半分に入ってしまうところから始まる。

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-07-09

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work