【超短編小説】こっぷ

六井 象

 くすりをのむのにつかったこっぷが、こいのぼりみたいなおおきなくちで、びょうきがなおったらぴくにっくにつれていってください、といったので、どこへいきたいの、とたずねると、こっぷは、やわらかいつちのうえなら、どこでも、とこたえた。おもいきりころがってもけっしてわれないばしょで、おおごえでわらってみたいんです。そのことばをききながら、くらいだいどころのすみで、わたしはせきをこらえていた。

【超短編小説】こっぷ

【超短編小説】こっぷ

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted