野原

雲海 至

キミの涙を この手で受け止めて
胸に沁みた 温もりを忘れないこと
大切だって言っていた
覚えているかな
昔はいつも話を交わしていたから

キミが 僕を受け入れなくなっても
僕は あの温もりを忘れないから
涙で溺れる キミしかいない
それでも待っている仲間がいる

忘れないでね
いつかは思い出してね
大切だって言っていた
涙交じりの思い
受け止めた人が理想ではなくても
幸せの意味は きっと 色んな形
気付かなくても キミならきっと

「あなたは?」と聞かれて
胸を突かれた 僕は
今はまだ何も言えなくて
『恥なくて良いよ』と誰かが言う
そんな言葉を求めて 旅立ったままに
心だけがない 涙では溺れなくても
心がない
何処に置き忘れたのかは
未だに わからないけど
キミの笑顔だけは見たいと思う

忘れないでいてね
キミの周りには仲間がいる
「あなたは?」と聞かれると 苦しくなるけど
今はまだ見つからない 心の行方
『待っている』と言った キミたちの言葉が重い
それでもいつか ふっと側にいて
笑い合ったりしているかもね

言葉とは救い

そう信じても キミも僕も まだ旅をしながら

野原

野原

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted