毒イチゴ

Racine 作

きいてる きいてる

きいてる きいて

疎外音 きいてた

外音 殺した

ちぎった 契って

鈍色から赤銅へ

拍動はカーキ色 脈動は君が見たい

君の きみの キミの 貴女の

憂いげな瞳孔が きいてた

救命衝動 きいてた

きいてるときにヘタなやつがさ

ヘタがさ

いつから出てきたか知らないけど

邪魔しないでくれるかな

わたし達は一心同体だなんて云うつもりはないけど

互いに手繰り寄せたことばを重ね合わせるとき

鼓動が滾る音がきこえるんだ

動向 同行 瞳孔 同類項結合分配

わたしを臆病扱いした貴方達は

濁った顔の集まりだった

フツウになれなかった

なる気もなかった

なったところで何かを為せる自信もなかった

ねぇ 何様のつもり?

蹴られ絞められた体たらく

ことばだけ ことば コトバ 個と場

きかせて

きいてよ

きかせて

きかせて

我儘だけど

きいてよ

毒イチゴ

毒イチゴ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-07-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted