フルートとヴァイオリン(第4章 エスの研究)

フランシス・ローレライ

 ダンスの得意な萩谷オサムは、札幌稲穂小学校の同窓生だった。卒業から約15年経てここの特派員になったので「イサム、オサムの漫才コンビ」の復活である。
 ある晩、僕のアパートで華やかな舞踏会の思い出に浸りながら二人で白ワインを酌み交わしていた。ここは青空青果市場や「外人ゲットー」のあるナッシュマルクト地区で、18世紀にできた石の集合住宅の一画だ。
「それにしてもアルテドナウ合奏団、本当に御苦労様! 御蔭様で楽しかったよ」と黒ぶち眼鏡の萩谷が言ってくれて、土産に持ってきた燻製生ハム「シンケンシュペック」を皿からつまんだ。
「そりゃどうも。しかし演奏するより、踊る方が賢いね」と答えながら僕も生ハムをさらう。
「我々はお客で無責任だからな……あんさんも、ヴァイオリンの彼女誘ってワルツしたら良かったね」
「ウーン……」
「いや、実は最近、面白い記事を見つけてさ……」と言いながら、彼はカバンから何やらクシャクシャッとした書類を取り出した。そして、
「この町で精神分析を始めたフロイト知っているだろう?」と問題提起する。
「ジーグムント・フロイトね」と答え、僕はグラスのワインを飲み干す。そこで彼は、
「フロイトのいたウィーン総合病院に、チャンドラセカールとか言うインド人の先生がいて、お母さんが日本人。これは職場の訳で少し稚拙かも知れないけど……」と前置きし、声に出して読み始めた。
「人間の精神には常に自我とエスの双方が宿るが、思春期に起きる画期的な出来事は、全てエスの登場と深く関係している。子供が男性・女性として発達を遂げていく頃、頭の中では生殖本能を司るエスが突然、存在感を高めるのである。
 例えば、声変わり。エスは喉の奥の迷走神経を操る様になり、声が一時的に不安定化して声変わりが起きる。その後エスは時々、自我からマイクを借りるように声を出して歌を歌い、求愛する様になる。
 そしてエスの活躍できる都が、何を隠そう、ウィーンではないか!」
 ここで僕が口を挟んだ。
「と言うことは、女に感じる頃には、エスが登場するわけか?」
「多分」
「信じがたい!」
「うん。でも舞台系のオジキによれば、興に乗ると突然、声を奪われてセリフが自然に出るらしいんだ」と萩谷が解説する。
「それって、オペラ座の怪人じゃないか?」
「エスがカミングアウトするのかなぁ……」
「そういやこの間、ミス平原と良い雰囲気だったねえ!」と僕はバルの話にすり替えた。 
「いや、とんでもない! 彼氏がいるだろうし」
「いいなあ。ダンス上手いと便利だろう?」
「いやいや……噂じゃあ、国谷君、バルの帰りに彼女を家まで送って」と言って彼は突然ニヤリとし、ついに、
「ウワッハッハッ!」と声を立てて笑いこけた。
 僕は憮然としている。
「今度はオペラにでも誘ったら?」と彼が煽るので
「余計なお世話だね」と答えてやった。

 萩谷が帰った後、僕は国立オペラ座のウェブサイトを検索し始めた。すると3月の日程に、ちょうど良い演目が入っていた。楽団で練習の始まる作品だ。津軽マミが学生ならば立ち見が多かろうと、少し良い席をネットで手配することにした。そして準備が整ったところでメールを打ち始めた。
「津軽マミさん しばらく御無沙汰していますが、お元気ですか。実はオペラの切符が手に入りました。再来週の火曜日の『フィガロの結婚』だけど、一緒に見に行きませんか。幕間に、女神の彫像が並ぶテラスでシャンパンを飲もうよ。きっとお姫様の様な気分になれるから……。国谷イサム」
 返事が来たのは次の日、それも夜中の零時過ぎだった。
「国谷さん
お誘いどうも有難う。喜んで御一緒します。どうぞ宜しく 津軽マミ」
やったね! 
大いに気を良くしたところで、萩谷の置いて行った精神医学の記事を取り上げ、やおら目を通してみた。どうやら長い論文の冒頭で、こんな内容だった。

1.問題提起

 フロイトが「夢解釈」を著したのは1900年であり、ウィーン大学で精神分析入門の講義を行ったのは1915~17年だった。百年以上経過した今日でも精神病は未だ十分に解明されておらず、社会を蝕む重大な保健・医療問題であり、治安の問題にも関連することを認めざるを得ない。ついてはフロイトの主唱したエスに関し、タブーや因習を乗り越え、そろそろ率直で赤裸々な議論が行われる必要があろう。
 精神医療は、20世紀後半から、効果的な向精神薬が開発された結果、劇的に発展した。しかしその反面、薬に依存する体質となり、その限界も取りざたされる様になった。患者が孤立して薬から離れ、事件に巻き込まれるケースも多い。
 また、てんかん発作を抑えるため、左右の脳の離断手術が行われる様になったが、左右の接続を失った脳は「分離脳」と呼ばれ、様々な不思議な現象が観察された。例えば言語表現の機能は、右脳にはなく、左脳だけに見られた。
 この様に左右の脳半球の機能について研究したのが米国の神経心理学者Roger Sperryであり、1981年にノーベル賞を受賞した。彼の薫陶を受けたMichael Gazzanigaは左右の大脳半球間の連絡及び側性化の研究を行い、分離脳の左右それぞれの脳半球には、相異なる意識が宿り得ることまで示した。V.S.Ramachandranによれば、これらの意識はそれぞれ独自性を有し、異なる宗教観さえ示す場合があるらしい。
 その後、脳の各部位の機能を外部から確認出来るMRIやfMRIが開発された結果、左右の脳半球の分業に加え、その連携プレー、あるいは男女の脳の使用方法の違いについても観察される様になった。
 最近、脳科学は目覚ましい進歩を遂げている。V.S.Ramachandranは鏡を使い、存在しない手足から感じる痛みの緩和に成功している。Mark Solmsは、フロイトの精神分析学の考え方を適用しようとする「Neuro-psychoanalysis」(神経精神分析学)の先駆けとなっている。
他方、気候変動と天災の頻発、またグローバル化やIT化を背景として社会変化のスピードが速くなり、精神病を発症するケースが増えている。また無意識(エス)の暗躍がもたらすストレスにより、反社会的行為や犯罪に及ぶ事案も増えている。銃火器が充分管理されていない国では、凶悪犯罪に結び付くケースも多い。   
 ついてはエス自身も、そろそろ古典古代から続く隠蔽体質に終止符を打ち、カミングアウトしてエスの存在について良く理解してもらおうとの姿勢に転換しつつあるに違いない。これはある意味で必然性があり、地球規模の逆境の時代を乗り切るには、エスの存在を率直に理解した上、自我とエスとが再び良好な関係を結び、平和共存する事がことのほか重要なのだろう。そうでないとエスが原因となる精神病やいじめを含め、メンタルヘルスの問題に十分対処出来ないからである。
 然るに分離脳のそれぞれの脳半球に現れた相異なる意識は、もしかしたらフロイトの主唱した意識(自我)と無意識(エス)ではなかろうか。この様な発想を元に、Brain Chatter(幻聴)の発生する精神病の本質に迫れないかと考えをめぐらし、研究を進めた次第である。

2.精神の健康の秘訣

 精神の健康を保つ秘訣は左右の脳半球を偏りなくバランス良く使う事である。
 筆者の見方では、心臓が身体の左寄りに位置し、しかも下方の突端部分が外側を向いている為、心臓を守る観点から右利きが大変有利となった。
 有史以前にまで遡れば、人間が火を使用する様になると、熱が早めに心臓に達して体調不良に陥るのを防ぐ為、火を右手で扱う様になり、また武器を使用する様になると、右手に剣を持って敵を特に心臓から遠ざける様になった。
 右利きである場合には、意識は逆側の左脳半球を重点的に使用するので、狩猟、戦闘、建築、炊事等あらゆる共同作業の場面で、右手を使用しながら仲間とコミュニケーションをとる必要から、母国語の言語野は左脳に発達した。この様にして「右利き・左言語野」の組み合わせが自然選択的に主流となった。
 教育程度の高い者に関しては、筆記(記録)、読書の場面を含め、左脳をますます長時間続けて使用する様になった。そして産業革命以降、人口が都会に集中しがちとなり、高い識字率や高度教育を前提に、これが一般化した。すなわち身体をあまり動かさない「読み書き算盤」系の事務作業の従事者が増えた。
 その弊害は、左脳ばかり使用して、右脳をおろそかにする事であり、無意識(エス)が意識(自我)の不在につけ込んで右脳に侵入し、精神病を発症させるケースが増えたに違いない。
 然るに精神の健康の秘訣は、左右の脳半球を偏りなくバランス良く使う事と考えられるので、偏重がある場合には是正する必要があろう。

3.患者Aと共に調査研究

 Brain Chatter(エスの言語化)に関しては、左右の脳半球を繋ぐ脳梁の機能不全を伴うとの見方があり、この様な問題意識から、患者Aの協力の下に分析を進めたところ、主な結論、次の通り。

エス(無意識)

 フロイトは、自我(意識)の裏に存在するエス(無意識)の概念を提唱するに際し、「幼児期から抑圧された体験が累積した結果、大人になってから露わになり、マイナスに働きがちな記憶や感情」との抽象的イメージに留めた。
 しかしより正確には、エスはまるでAIの様に生殖本能を司り、また身体の恒常性を保つ地味な存在。他方、自我は、筋肉運動を伴う移動、会話・交流等、外部から察知可能な活動を全て司る。
 然るに夢は「エス」が睡眠中に行う「いたずら」であるが、夢は誰でも見るので、エスには普遍性があるものと理解できる。Brain Chatterや幻視は、エスの演出する「起きている時に見る夢」と位置付けられよう。

エスの反乱

 Brain Chatterは、エスが原因であり、特に右脳半球あるいは小脳を活用する。
 エスは、自我に悪口を浴びせて動揺させ、甘言しつつ不利益になる事を企み、人間を苦悩と破滅に追い込もうとするが、目的は、自我とエスとの「上下関係」を逆転させて覇権を確立し、自己実現を図る事。
 エスは、自我・エスの「上下関係」に対する不満が長年蓄積し、ストレスや鬱屈感が溜まるのだろう。言語化した途端に爆発させるが、これが陽性症状。
 エスが左右の脳半球内で覇権を確立し、エス主導の生活となった場合、今度はエスが社会の荒波に晒される結果、世間がすっかり怖くなり、人間との関わりを避けようとする。これが陰性症状だろう。
 Brain Chatterは、左右の脳半球の連絡不全を伴う現象であり、場合により、分離脳の一歩手前まで追い込まれてしまう。対策としては、これを逆転させて左右の連絡を大幅に改善する必要がある。その際、左右の四肢がそれぞれ逆側の脳半球と繋がっていることを利用すべし。左右の手足の筋肉運動を伴うスポーツ、あるいは音楽の演奏や絵画に携わる事。身体の表面への指圧、マッサージも有効。

エス集団

 人間の集まる所には、必ずエスの集団が存在する。その目的は、共同体としての人間社会の安定と安寧、また出産や養育を担う女性や子供を保護し、教育する事。エスの暗躍する精神疾患から早期に立ち直るためには、エス集団の力を借りる必要があろう。

(注)以上、その後の論文改訂を反映した内容である。

フルートとヴァイオリン(第4章 エスの研究)

フルートとヴァイオリン(第4章 エスの研究)

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-07-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted