愛し恋

。.ʚAnzyɞ .。

  1. プロローグ
  2. 悪夢を呼ぶ名 side kanata

※BL作品ですので、苦手な方はご注意下さい。

中学から高校上がる頃に書いていたお話です。ガラケーのデータが吹っ飛ぶ前にこちらへと、手直しを加えつつ移植中です(笑)

【お知らせ】
「プロローグ」手直し完了しました!!

プロローグ

『レンくんとカナタくんは本当に仲良しねぇ。』
幼稚園の頃、先生達は僕等を見ると決まってこう言った。そして僕の右手をぎゅっと強く握りしめながら、(レン)も決まってこう返すのだ。

『オレ、大きくなったらゼッタイカナとケッコンするんだ!な!?カナ!!』

満面の笑みを浮かべる恋とあの日の約束を、今でも僕の脳は鮮明に記憶している。いつだって、瞳を閉じればあの笑顔が瞼の裏に映し出される。耳を澄ませばあの時の無邪気な声が聴こえてくる。
そんな純真だった恋は、成長するにつれてどんどん大人びていった。見た目も、考え方や行動も。それに比べて僕は何もかもが子どもで、埋まらない2歳差への焦りと置いていかれる不安ばかりを募らせていた。

そんな悩める春の日だった。

愛大(カナタ)、100歳まで一緒にいような。』

今思えばちょっと笑ってまいそうな告白。だけど僕にとってはどんな言葉よりも嬉しかったし、幸せになれる魔法だった。だからずっと一緒だって、絶対離れないって僕も心に誓ったんだ。

なのに、どうして裏切るんだよ。
アンタ、最低だ。

告白から半年が過ぎたくらいから、恋が僕を妙に避けるようになった。
そして、見てしまったんだ。1番見たくないものを。
あの頃僕が、もっと大人だったら恋のことをちゃんと理解してあげられたのかもしれない。けれどやっぱり僕はまだ幼過ぎて、それ以上に…恋と向き合って自分が傷付くのが、怖くなった。

だから嘘を吐いた。

夏を迎える準備の為に雨が降り続く湿気の多い時期に、僕は恋との関係に終止符を打った。

好きだった恋も、自分も騙して。
僕は、もっと最低だ。

それから程なくして、恋は何も言わずにどこかへ引っ越した。

悪夢を呼ぶ名 side kanata

「はぁ…やっぱデカイな。」
周囲の反応など構いもせず呟いた僕、宮津愛大(ミヤヅカナタ)がここ蘇芳学園(スオウガクエン)に足を踏み入れるのはこれで2度目になる。
1度目は入学試験の当日だった。あの時は一応それなりに緊張していたせいか気づかなかったが、こうして平常心で見るとこの学園が平凡な学生生活にはいかに似つかわしくないかが伺える。校門は無駄にエレガントだし、昇降口までの距離はやけに長い。おまけに校舎はまるで英国の古城風。
そんな訳で晴れて今日から毎日通うはめになった我が学び舎は、附属の幼稚園・小学校・大学まである中高一貫の私立校だ。中等部と高等部では3つのコースに分かれ、海外や国内の名門大学への進学を目的とした特別進学コース。一流のスポーツ選手を育成するトップアスリートコース。既に芸能界や華道、茶道、絵画などの多岐にわたる分野で活躍している者専門の文化芸能コースがある。その為、生徒の大半は超ド級セレブのご子息ご令嬢ばかりが集う。
どうしてそんな学校に僕みたいな一般ピープルが血迷って入学したかと言うと…。
『カナちゃん、悪いんだけど高校は蘇芳(スオウ)じゃないと認めないからね。』
ニコリと微笑む母の無責任な衝撃発言。
『いや…母さん蘇芳はちょっと、レベルが…』
『大丈夫よ!カナちゃんの成績なら。それにお母さんね、学ランはもう飽きちゃったから蘇芳の制服を着て欲しいの。きっと似合うわぁ~。』
目を細めてうっとりとした表情で想いを馳せる母に、もう呆れて反論も出来なかった。
というか、僕が心配なのは金銭面なんだけど…とは流石に言えなかった。
決して貧乏ではないが大金持ちでもない。これから馬車馬のように働かされる父が哀れでならなかった。
まぁ父の今後はさて置き、校内までの道程を思いっきりビクつきながら歩いて来た僕はセレブ生徒達から訝しげな眼差しを向けられていた。
スゴい嫌だ…完全に場違いじゃん。登校初日から鬱になりそう…。
そんな小言は心の奥にしまい込み、はぁと今一度ため息をつきつつ覚悟を決めて教室を目指した。


◆❖◇◇❖◆


入学試験を首席で合格してしまった僕は、光栄なことに新入生代表挨拶を賜った。
生徒達にとって聞き慣れない名前を入学式進行役の先生が口にした瞬間、「あれが噂の特待生か…」と講堂内がざわめく。というのも、大多数の生徒が附属幼稚園からの幼なじみで、加えて中・高等部のクラス分けは一律な上クラスも基本的に変わることがないらしいこの学園では、僕のような存在は相当珍しいのだ。もはや珍獣扱いだろう。
ちなみにクラス分けはA・Bクラスが特進コース、C・Dクラスがアスリートコース、Eクラスが文芸コースとなっている。僕は特進コースの特待生としてAクラスに入った。
なんとか大役も果たし無事入学式を終えたけれど、このセレブ集団の中で噂になってしまった一般ピープルが幸か不幸かは…。今は考えないことにしよう。
講堂からまた教室へ向かう途中、生徒達は生徒会長挨拶が省略されたことをしきりに残念がっていた。

愛し恋

愛し恋

この作品は、「小説家になろう」にも掲載しています。 幼なじみだった愛大と恋は、互いの想いを打ち明け恋人という関係になる。しかし、ある出来事をきっかけに2人は別離した。 それから2年半後、高校生となった彼らは再会を果たし止まったはずの運命の歯車がまた動き出す。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • アクション
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • 強い性的表現
更新日
登録日 2019-07-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted