メロンソーダ

花野 尋


 よく見ると、細かく小さく炭酸がはじけてる。
氷が少し動いて、透明のストローがその間に入る。
ナメック星人の肌に似た、体に悪そうなその色の、濃淡が綺麗で。
うすいピンクの唇が、それをすいこんだ。
どんな良い楽器にもだせないような音が、カランと鳴る。


ほんのりと甘い香り、メロンソーダ


その向こうにあなた

メロンソーダ

メロンソーダ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted