脳茸

草片文庫(くさびらぶんこ)

脳茸

茸不思議小説です。縦書きでお読みください。

 彼は頭痛に悩まされているだけではなく、仕事がらみのストレスにさいなまれていた。会社を辞めればいいのであるが、その後、雇ってくれる会社があるわけは無い。
 自分は頭が弱いんだ、本当に彼はそう思っていた。頭がすぐに疲れてしまう。友人に相談したら、脳に行く血管の細い人がそうなるということであった。本当かどうかはわからない。そこで、病院にいって調べてもらった。しかし、結果ははずれで、特におかしなところもなく、さらに、頭痛の原因となるようなものも存在しなかった。心の問題でしょうとつれない医者の一言で終わってしまった。それに、血管の太さと頭の弱さなど関係ありませんよと、笑われてしまった。
 彼は製薬会社の販売担当である。いうなればMRという職種で、医師に薬の効能を教えることが役目である。しかし、結局は売らなければ首が飛ぶ。そういった仕事柄、薬を積んで町の医院を回ることが多い。
 東京の外れの市が担当で、そこの医院を回っている時であった。その病院は多摩丘陵の高台にあった。頼まれた薬品を医院に納めて出てくると、病院へのアプローチの脇に、茶色っぽい固まりが目にはいった。皺が寄っており、脳そっくりである。
 たまたま、そこに、医院の奥さんが買い物から帰ってきた。
 「あら、脳茸が出ていたのね」
奥さんはそう言うと、彼に「いつもごくろうさまです」と挨拶をして病院脇の自宅に入っていった。
 脳茸か、確かに似ている。こいつに頭痛はあるのかね、思わず彼はそんなことを考えた。
 彼は茸を採るとポケットに入れた。
 その日もいくつかの病院に寄り、会社に戻らずに直接アパートに帰った。もう九時過ぎである。キッチンのテーブルの上に買ってきた夕食用の弁当を置き、ポケットのものをとり出すと、ティッシュペーパーや小銭に混じって脳茸がコロンと出てきた。意外と大きい。見れば見るほど脳によく似ている。人の脳の大きさは千三百グラムと聞く。とすればこれはずいぶん小さい。
 彼はつまんで持ち上げた。すると、茶色っぽい煙りがファーっと、目の前に広がった。胞子が散ったのだ。
「うへえーーー」彼は片方の手で目の前の煙をを払った。それでも胞子は口の中や鼻の中に入った。耳の中にまで入った。幸い、目には入ることなく、視界は問題なかったが、くしゃみは出るは、耳はごそごそした。茸を流しの塵捨てに放り込むとあわてて洗面所でうがいをして、顔を洗うとタオルで耳や鼻を拭いた。
 テーブルの上にも茶色っぽい胞子の粉が散っている。、布巾でテーブルの上を拭くと、おろしたての布巾が茶色に染まった。
 腹が減っているのに改めて気がつく。彼は缶ビールを一本冷蔵庫から持ってきた。買ってきた唐揚げ弁当の蓋を取り、少し焦げすぎではないかと思うほど色の着いた唐揚げをつつきながら、ビールを空けた。テレビには今日のニュースが流れている。いつもの雑多な事件が報じられているが、さしたる大きなものはない。
 もう野球もやっていないし、見るものもない。まだ十時過ぎだが寝ることにした。

 あくる朝、どうも体の調子が悪い。体温計を出してきて計ってみると、七度二分である。中途半端な体温だ。軽い疲れか、風邪がはいったか、微熱のわりにはかなり頭が重い。頭痛もちだからだろう。しかしいつもの頭痛は起きていない。咽がからからである。彼はベッドから降りると、キッチンに行って冷蔵庫を開けた。パック入り牛乳が目に付いた。彼は取り出すと一気に飲んだ。
 牛乳を美味く感じたのは始めてである。普段は美味いともまずいとも感じる事はない。ただ、朝は牛乳という子どものころからの習慣が抜けず、毎朝飲む。
 牛乳はうまかったが、会社に行く気力がない。まだ微熱があるからだろ。もう少し横になって様子をみよう。
 彼はまたベッドに横たわった。
 寝室の小型のテレビをつけると、天気予報をやっていた。今日は雨となっている。閉めてあるカーテンを開ける気力もなく、ボーっとしていたが、カーテンの隙間から日の光は差し込んでこない。雨が降っているのかもしれない。
 ニュースになった。日本の領海を中国の船が出入りしていることをやっていた。子どもじみたことだ。
 横になってテレビを見ていた彼は、なんだか、頭が軽くなってきたような気持になった。調子が悪いと、どんどん頭痛がひどくなり、頭が重くなるのだが、今はふわっと、頭が浮いた感じになっている。これも微熱のためかもしれない。風邪を引くと歯が浮いたり、体が浮いたり感じる。自分の場合、頭が浮いた感じがするのだろうと勝手に納得している。
 やっぱり、今日は仕事に行くのは止めておこう。特別急いで配達する必要のあるものは無い。会社に電話をしとこうと、枕もとの携帯をとった。
 でたのは秘書課の女性だ。
 「そーお、届け物はないのね、それなら問題ないわ、お大事に」
 と彼女は、いつもの長話をすることもなく切った。
 携帯を枕元におくと、いきなり睡魔が襲ってきた。
 彼は、ガクッと頭を落すと、いびきをかき始めた。目がきょろきょろと動いている。
 二十分も経っただろうか。彼は、うーんと伸びをすると、少しばかり目を開けた。寄り目になっている。天井を見ているようであるが、きっと見えていない。今見た夢のことを思い出しているようである。
 変な夢を見たものだ。勤め先の製薬会社の支社に出社したところ、秘書の彼女も、課長代理も、他の同僚もみんな、茸になってしまっていた。彼が会社の自分の席に座ると、茸たちが一斉に彼を見た。
 ただ、それだけの夢であったが、茸の傘は色とりどりで、綺麗なものだった。
 彼はくしゃみをした。鼻から茶色の煙が立った。何だと一瞬思ったが、昨夜脳茸の胞子を吸い込んだのを思い出した。目がやっと周りの状態を見ることができる状態になったようだ。ナイトテーブルの上を見るとしなびた脳茸がころがっていた。流しに捨てたのではなかっただろうか。と奇妙に思ったとたん、脳茸は食べられるのだろうかという疑問が湧き出し、なぜ脳茸がそこに在るかという疑問がふっとんでいた。
 彼はそんなことを考えながら、また寝てしまった。
 彼は満員の通勤電車の中で茸に囲まれて潰されそうになっていた。ぎゅーっという音がして、彼が潰れてお腹から何かが飛び出した。そのとたん、目が開いた。口で息をしている。どうも鼻が詰まっているようだ。鼻の穴がなにかで塞がってしまっている。彼は小指で鼻の穴を突っついた。茶色の粉が付いてきた。いつ吸ったのだろう。昨日吸い込んだ胞子は洗い流したはずだが。
 それにしても鼻の穴の中に、ずいぶん深く、しかも硬く入り込んでいる。咽の奥も何かもそもそする。
 ふんふんとやってみたが、鼻は詰まったままである。ベッド脇のティッシュをとって、鼻をかもうとしたとたん、また、すーっと意識がなくなり寝てしまった。
 目が開いて、壁にかけてある時計を見るとお昼ちょっと前である。お腹は空かないが、咽が渇いた。そういえば、鼻が詰っていない。気持ちよく空気が出入りしている。起き上がって、キッチンに行った。冷蔵庫を開けると、ジュースを取り出し、半分ほど飲んだ。
 だが、だるさがあり、また、ベッドの上にもどってしまった。右の耳の中ががさがさしている。右耳を下にして頭をたたいた。茶色の粉が少しばかりこぼれた。まだ、胞子が耳に残っている。耳から喉のほうに何かが降りてくるような気配を感じた。その時、時計が十二時の時報を打った。最後の音がしたと思ったら、また眠りに入っていた。
 今度の夢は茸に追いかけられていた。大きい茸や小さな茸が追いかけてくる。理由は分からないが逃げていた。一生懸命走って逃げるのだが、すぐ後ろに来ている。会社からアパートに向かって走っている。茸はどんどんせまってくる。やっとのことでアパートに走りつくと、鍵をガチャガチャ回し、なんとかドアを開けて入ると茸たちもどやどや入ってきた。あっという間に家の中は茸でいっぱいになり、彼は押しつぶされ、内臓が飛び出した、そこでまた目が覚めた。
 ふー、彼はため息をついた。三時である。体中汗をかいていた。手を伸ばしてティッシュをとりふき取ると茶色の胞子がついてきた。手を見ると手の甲や平から胞子が湧き出している。顔に手をやってみると、茶色の胞子がついてきた。足の先を持ち上げてみた。茶色の胞子で覆われている。パジャマの中を覗いてみた。大事なものもすべて茶色の胞子で覆われていた。
 大変である。医者に行かなければと思い、立とうとするが立つことができない。それどころかあせって足をばたつかせるのだが、からだを起こすことが出来ない。目がとろんとしてきた。目の前が茶色く見えるようになってきた。胞子が目に湧いてきたのだ。頭の中もかさかさする。頭痛から開放されたら、今度は胞子が脳の中に入ったのだろうか。
 意識も朦朧としてきた。彼はなんと会社に行かなければと、やっとのことで、ベッドの上で上半身を起した。あぐらをかいて、気持を張りつめようとしたとたん、意識がなくなった。

 数日後、無断欠勤していた彼のアパートに、秘書の女性が訪ねてきた。呼び鈴を押しても返事はない。大家さんと一緒に戻った彼女は、彼の部屋に入った。
 彼はベッドの上であぐらをかいていて後ろを向いていた。
 「大丈夫なの」
 彼女が彼に声をかけた。彼が振り向いた。茶色の目で彼女を見ると、口を動かし、あうあう、といいながら、自分の頭を指差した。
 その時、彼の頭がぱくっと開くと、中から脳茸がむくむくむくとせせりだし、茶色の胞子が流れ出すと、部屋一杯に広がった。
 「窓を開けましょう」
 秘書の声で大家が窓を開け放った。胞子はすーっと窓の外に吸い込まれ、周りに散っていった。
 彼は自分の手を頭に持っていくと、脳茸を中に押し込んだ。
 「わざわざすみません」
 彼は秘書の人に謝った。
 「救急車よびましょうか」
 そういわれた彼は首を横に振ると、ベッドの上に横たわった。
 彼の頭が割れた。とうとう、脳茸は外に飛び出した。
 びっくりしている秘書と大家を尻目に脳茸は空中に飛び出し、すーっと空に上っていった。
 脳のなくなった彼は、幸せそうに目を閉じた。脳がなくなり、ストレスも何もなくなった彼は永遠のからだの幸せを手に入れた。ストレスは脳がつくりだすものなである。
 

脳茸

脳茸

頭痛と脳茸のへんちくりんなお話

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted