満員電車の中では、よく走馬灯を見る。

フランク太宰作品集 作

満員電車の中では、よく走馬灯を見る。

 そう、俺は満員電車の中で、よく走馬灯を見る。

  俺は半蔵門線で出勤し帰宅する。

あの人混みの中、エゴとエゴのぶつかり合いが起きる。しかも実際に体をぶつけ合うんだ。

  なぁ、今度、オリンピックやるんだろ?

あれを正式種目にすりゃー日本は銀かパール

のメダルは確実にもらえるだろうよ。

メダルは“ぶっちょう面”のエゴイストどもに、満員電車の中で青いジャケットを着た、オリンピック委員会のやつらが、これまた

不機嫌にわたすんだ、傑作だろ?

 え、判定基準?

さぁな、考えてなかった。この二杯目の茶色い水のせいで頭が回らないんだよ。

 まーあれだろ、どんだけエゴイストが多いかとかどんだけの選手が、心のなかに“廃工場”

を抱えているかじゃねぇか。

  

   そうそう、それでよ

最近俺は“あそこ”にいると走馬灯を見るんだよ。灼熱の体温の造り出した、地獄のような“あそこ”で。揺れはまるで三途の川を木船で渡るときのような気にさせる。

 “あそこ”で俺は走馬灯を見る。

  前はさ、昔のことが頭によぎったよ。

ガキの頃、公園でやけにはしゃいで、ジャングルジムったか?

あれから、飛び降りて骨折ったこととか、

中学時代の失恋、高校時代の失恋、

あれよ、あれよ、と過ぎ去った大学時代のこととかよ。

ああ、勿論、かみさんと結婚したこととか、

派手さのない結婚生活のこととか、かみさんが流産したこととか、まぁそう、いろいろな。

 会社での出来事も見るよ、“どやされどやし”

“頭を下げ下げさせる”つまらん事の連続、

 

 だけどよ、来ないだの走馬灯は変わってたんだよ、満員電車の中にいる俺が見えたんだ。

俺は電車の天井の電球を“ぼっと”見てたんだ。走馬灯の中で走馬灯を見ている俺を見たんだよ。

 そしたらよ、走馬灯の中に女が出てきたんだ。

え?ああ、申し訳ない分かりにくいだろ、でも俺だってよくわかんないんだけどよ。

でな、その女っていうのは見たことのないぐらいの美人でさ、アジア人だったんだけども、何人かな?日本人ではない気がするな、

したら、女が言うんだ、「金メダルは貴方よ」って

  

 よく見るとその女、青いジャケット着てたんだよ。



  

満員電車の中では、よく走馬灯を見る。

満員電車の中では、よく走馬灯を見る。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted