包帯の女

草片文庫(くさびらぶんこ) 作

包帯の女

茸不思議小説です。縦書きでお読みください。

 毎日とまではいかないが、ほぼ同じ電車に乗る。小川の駅を八時四十六分発の川越行きである。それに乗ると必ず会う女性がいる。もう四十近いか、少し越えているほどの年である。
 すごく背が高いと言うわけではないし低くもない。すらっとしているようにも見えるし、しかし、足はやせぎすではなく、しっとりと膨らみがある。色もすごく白いほうではないが、どちらかと言うと白いほうといったらいいのだろう。美人ではないが、どこか魅力のある人である。ブティックか何かを経営しているといった落ち着きがある。
 魅力的な足をしているが、いつも片足に包帯を巻いていて、ストッキングがもりあがっている。席の前にいると必ず足に目がいってしまう。
 もう半年も包帯をしたままである。膝の手術でもしたのだろうか。それにしても、歩き方はまともで、膝の手術をした人のようではない。包帯が巻かれていない部分の足の皮膚はしっとりとして、包帯のところだけ湿疹ができているということも考えられない。やけどの痕でもでもあるのであろうか。
 その日は電車がずいぶん空いていた。その女性の足を気にするようになって、一年ほど経ったころだろう。女性が隣の席に座っていた。チラッと足の包帯に目をやった。いつもの通りである。女性はよく本を読んでいたが、その日も文庫本を開いていた。
 東村山の駅についたときである。多くの人が乗り換えのために降りた。女性も立ち上がった。私は所沢まで行くのでそのままである。女性は立ち上がって私を見た。
 「私の足に興味がおありですか」
 と小声でささやいた。
 びっくりした私は、ただうなずいた。見ていたことを知っているのだ。
 女性は少しばかり微笑むと、また私の隣に腰掛けなおした。
 「どちらまで」
 「秋津に」
 「所沢で乗り換えですね」
 「ええ」
 「秋津で足をお見せする場所がありますの」
 ちょっと返事に困った、私のオフィスが秋津にある。三階建ての小さなビルの二階に探偵事務所を構えている。私一人でやっている事業であるので、そこでもよいがと思い、うなずくと、
 「そこに行ってよろしいですか」とたずねてきた。
 「ええ」私は返事をした。
 奇妙な話だが、あまり深く考えて返答をしていなかったような気がする。見ず知らずの女性が足を見せるという。どんな意味があるのだろう。
 所沢駅に着き、私が降りると、女性も降りて付いてきた。乗り換えの階段を渡り、ホームに下りると調度上りの電車が来た。
 その電車に乗ると、女性も無言で乗った。何をしようというのだろうか、興味もあったが、ちょっと面倒という気持ちが生じ始めていた。
 秋津で降りて、三分も歩くと仕事場のビルに着く。
 看板を見て、女性が言った。
 「あら、探偵さんだったの」
 大体はそのように言われことはない。普通のサラリーマンか、どちらかと言うと、商社マンのように見られる。
 階段を上がり、オフィスの鍵を開けると、来客用のソファーを勧めた。女性はソファーに腰を沈めると、綺麗な形で足を揃えた。
 私は名刺を出した。
 「ありがとうございます」
 私がテーブルを挟んで、前のソファーに座ると、女性はいきなり立ち上がって、スカートの中に手を入れて、ストッキングを脱いだ。張りのある足である。
 再び座ると言った。
 「これから包帯を取ってお見せします」
 「すみません、じろじろと見てしまったようです」
 私は謝った。見ていたことを気付かれていたのは探偵としても反省しなければいけない。
 「いいえ、私のような年寄りの足に興味を持っていただいたのは嬉しかったのです」
 女性は包帯を解き始めた。
 すべて解いてしまったが、そこには綺麗な足が現れただけである。私が不思議な顔をしていたのだろう。女性は立ち上がると、後ろ向きになって、スカートをたくし上げた。
 私はしっとりとして触りたくなるような足の後ろを見た。
 左足の膝裏より少し上のところに、真っ赤な茸が浮き出ていた。赤あざとは違うようだ。
 なめらかな白い皮膚の上に盛り上がるように赤い茸が脈打っているのである。
 「その茸は」
 といい終わらないうちに、彼女は、
 「この茸が足に現れてから、一年になります」と私を見た。
 それから、彼女は腰掛けなおすと、足に現れた茸について語りだした。
 「私は長野で生まれました。寒いところですが、自然には恵まれており、子どものころは、野山を駆けまわっていました。特に裕福な家に生まれたわけでもなく、貧しい家でもなく、ほどほどに困らない環境に、少しばかりぬくぬくと、一方でのびのびと幸せに暮らしておりました。秋になると、山の中に入って、いろいろな茸を採ってきては、植物のことをよく知っている祖父のところにもっていって、その茸の名前や、食べられるかどうかなどを教わるのが楽しみでした」
 女性は足の後ろの茸を人差し指で撫でさすった。その時の彼女の顔は、ちょっとほてっているようであった。
 「小学生の五年の頃でした。一人で林の中で、切り株に腰掛けて、羊歯の間をゆったりと歩いていくザトウムシを見ているときでした。赤い茸がむくむくと土の中から私の目の前に現れたのです。どんどん大きくなって、腰掛けている私の目の高さまで成長しました。そして、その茸が私に言ったのです」
 「あたしが面倒見てやるから、安心おし」
 「茸がそういい終わらないうちに、私は目が腫れぼったくなって、すべてがかすんで見え、意識が遠のいていきました。暫らくして気が付くと、私の足に一筋、血がながれてきました。足の付け根からです。その時は、びっくりして、家に駆け戻りました」
 彼女はそこで一息着いた。
 「大人のからだになっていたのです。母はいろいろ教えてくれました。その時の風呂に入る仕方、気をつけなければならないこと、私は納得して安心しました、ところが、お風呂に入ったときです。まだ膨らみ始めたばかりの乳の下のところに、そう、0.5センチほどの真っ赤な茸のあざができていたのです。その時は、おできだと思って、母に見せました。母も体の変わり目にできるおできだと言いました。そのおできは消える事はありませんでしたが、かゆくも無く、外から見えてもなんとも思いませんでした。そして中学生になり、修学旅行に行った時です。その茸が、お臍の下に一センチほどの大きさになって移動していたのです」 
 彼女はちょっと考えたあげく、
 「こんなお話をご相談してよろしいかしら、探偵さんならかまわないでしょう」
 と言った
 私も曖昧にうなずくと、彼女を見た。真剣な目つきであった。
 「それでも、まだ、お風呂に入らなければ目に留まりません。痛くもかゆくもないので、あまり心配してはおりませんでした。しかも、高校に入るといつの間にか消えていたのです。その頃私はラグビー部のマネージャーをしていました。歳相応に憧れの選手がいて、その選手と二人になる機会がありました。部室の一角で、私はすべてを脱ぎ、彼の前に立ちました。彼は、綺麗だといって私を後ろ向きにすると抱きしめ、胸を両手で握ると、私のお尻に唇を這わせました。その時、彼はいきなり私から離れたのです。
 彼は「今なんて言った」
 と私に聞きました。
 「何もいってない」と答えると、彼は、
 「この茸が、おまえはだめだと言ったぞ」、と服をあわてて着ました。
 「どうしたの」と私が言うと、
 「ほら、お前の尻の真っ赤な茸が動いている」と彼は気味悪そうに私を見て部屋から出ていってしまいました。
 私は何がなんだか分からず、裸のまま一人にされてむしょうに寂しく、あわてて制服を着ると、家に帰りました。三面鏡の前で後姿を見ました。私のお尻に十センチにもなろうとする大きな真っ赤な茸が浮きあがり、しかも動いていたのです。
 しかし、痛くも痒くもありません。彼に言われなければきがつきませんでした。母にも言いませんでした。
 その後、高校を卒業して、勤めるようになって、何人かの男性に憧れをもったのですが、どの人も、茸のお許しが出ず、男性とは一度もそのような機会がありませんでした。
 ラグビー部の彼は茸が言っていたように、勤めてから詐欺で警察に捕まったり、他の出会いの男性たちも、皆、よからぬ状態になっています。確かに茸は男から私を守っていたのです。そうこうしているうちに、真っ赤な茸はお尻から足に下りてきました。人に見えるところにです。足の膝より少し上の裏にです。私は包帯を巻きました」
 女性は、私を見た。目が潤んでいる。
 「探偵さん、どうしたらいいのでしょう、今、私は四十を少し越えたところです、もう、子どもも作らなくてもよいと思いますが、幸せになりたいと思う気持ちはますます強くなってきているのです。今、上司からプロポーズされています。奥さんをなくした五十を少し越えた方です。とてもよい方です」
 彼女がそういったときである、彼女は「あっ」と言って立ち上がった。後ろをむくとスカートをたくし上げた。赤い茸がムクムクと動き出した。見る間に彼女の足から飛び出すと、ぴこんと私の手の上にのった。
 それをみた女性は言った。
 「茸がいいって言っているのだわ」
 彼女は泣いた。
 真っ赤な茸は私の手の平の上でくねくねとからだを動かしている。
 「ありがとうございます。後でお礼をいたします、本当にありがとうございます」と、彼女は私のオフィスからそそくさと出て行った。茸がまた足に戻ってくるのが心配なようなあわて方であった。
 私の手の上にいた真っ赤な茸は私のデスクの上に飛び乗って、からだをくねらした。茸が私を見た、ように見えた。
 「今度は探偵の手助けでもするか」
 と言いながら、分裂して二つになると、箕面焼きの真っ赤な置物になって、デスクの一番前にちょこんと座ったのである。

 それから数日後、あの女性が事務所に入ってきた。
 「先日はありがとうございました」
 彼女はソファーに座ると、ウイスキーと思しきものをテーブルの上に置いた。
 「あれから、私、彼の求婚を受けることができました。なんとお礼を言っていいかわからないのですが、規定の料金を支払わせていただけませんでしょうか」
 私は首を横に振った。
 「とんでもない、ただお話をうかがっただけですから」
 「私にとって、何十年もかかった問題が終わったのです、おいくらでもおし払いします」
 「本当に結構です、お役に立てたのなら嬉しいことです。お気遣いはいりません、これは遠慮なくいただいておきます」
 私はウイスキーを手元に引き寄せた。
 「あの茸はどうしましたでしょうか、ここに来るのに少し勇気がいりました」
 「なぜでしょう」
 「あの赤い茸が私の足にまた戻ってくるのが怖かったのです、茸はどうしました」
 私は嘘を言った。
 「あのまま萎びて、干からびると粉々になって散っていきました」
 「そうですの、それでは、私に戻る事はありませんのね」
 彼女はやっと微笑んだ。
 「実はもう一つお願いがあってまいりました。」
 「はあ」
 「私の同僚の相談に乗って欲しいのです」
 それは願ったりのことである。ここのところ、あまり仕事が来ない。
 「どのようなことですか」
 「彼女の結婚についてです」
 「相手の人を調べるとかですか」
 「それに似ているのですが」
 「彼女は先ごろ、お見合いをしました。相手は私どもが勤める会社の親会社の重役の長男ですの、それを聞いた、内の社長は大乗り気、彼女も決して相手をいやな人だとは思わなかったのだそうです、しかし、そんな彼女が浮かない顔をしているので、私は聞いてみました。それは、ここにうかがったほうがよいようなものでした」
 「それで、僕に何を調べろと言うのでしょうか」
 「彼の仕事です、彼は科学博物館の学芸員をしています」
 「ほー、それは高尚な仕事ですな」
 「それが、江戸時代の墓を掘って、死んだ人の脳を調べているのです」
 「それは、確かに変わっているようですが、学問の中ではいろいろな研究をしている人がいますよ。それ自体余り問題がないようですが、去年でしたか、マンションの住人が夜中に出かけておかしいので調べて欲しいと管理組合の責任者から依頼があって、調べたところ、銀座の夜の鼠の生態を調べている人でした」
 「それは、わからないでもありませんが、その人は取り出した江戸時代の死んだ人の脳を枕元において、交信をしているということでした、交信の機械を発明し、歴史を正しく認識することをしたいのだそうです」
 「ほー」
 「現実からかけ離れています、彼女が心配するのはわかるのです」
 「そうですね、それでは一度お話をうかがいましょう」

 ということで、その女性の婚約者の精神状態を探偵することになったわけである。
 それから、数日後、本人が事務所にやってきた。小柄のかわいらしい女性であった。
 「よろしくお願いします」女性は頭を下げるとソファーに腰掛け、いきさつを話し始めた。かなり長い話であったが、このようなことである。
 彼と見合いをした後、何度も食事や、映画を見に行ったが、とても優しくて、よい人だということが、よくわかってきたということである。次第に結婚を強く意識するようになり、決心をして、彼の自宅に挨拶しに行くことにした。
 彼の家は、目白の住宅地にあって、すごく豪華と言うわけではないが、落ち着いた風情のある家であり、その女性はとても嬉しく感じたそうである。部屋数もそれなりにあり、通された居間はけばけばしさのない、さっぱりとした住人の気質の現れたとても気持ちのいい場所であったそうである。彼の父親、すなわち、社長さんも、おごらずえばらずのよい方で、奥さんもそれにも増して気を使う優しい方であったそうである。何もいうことのない家庭で、しみじみ、幸運を感謝したそうである。
 しかし、彼の部屋に通されたとき、彼のベットの枕元に異様なものが置いてあるのに気が付いて聞いたそうである。
 「これ、なんですか」
 彼は、真剣な顔になって、
 「これは、江戸屋敷後から掘り出された頭蓋骨に残っていた干からびた脳を、細胞を培養する液に、僕が作り出した再生液を加えたものにつけてあるのですよ」
 水槽のような強化硝子の中には黒っぽい干からびたものが液体の中に沈んでいた。部屋の中にへんな匂いがするわけではないが、ちょっと薄気味悪くなったとのことであった。
 その後、彼が話してくれたのは、その脳の持ち主は、何らかの原因で殺害されて、屋敷の縁の下に埋められた女性で、つけてある液体によって細胞の一つでも生き返れば、彼の作った機械を通して、その女性が夢の中に現れて、その時の様子を話してくれると言うのだそうである。
 「その機械というのは、ご本人が作ったのですか」私は聞いた
 「はい、本来は人類学や考古学をやっているのですが、もともと、理系の人で、機械いじりが大好きで、コンピューターなど自分で組み立てるということです。私には分かりませんが、神経細胞から出る微量な特殊な電気信号があるそうで、それをひろって彼の頭に直接伝わるように造ってあるそうです」
 「だが、それが結婚されるのに何か支障になるのでしょうか」
 趣味や研究の世界のことで、生活にどのような影響があるのか想像できなかった。
 「はい、私も問題はないと思っています。しかし、何か感じるのです、もやもやとしたものがあるのです」
 「はて、私がどのようなことができるかわかりませんが、科学博物館の仕事場での評判や、通勤途中での振る舞いなど調査はできますが、その程度でよいでしょうか」
 「はい、私は、科学の世界は全く分かりませんので、想像ができません。きっと彼の仕事場のことなどを知ることができれば安心するのだと思いますのでよろしくお願いします」
 ということで、彼の行状を一月観察することになった。

 私にとって難しい仕事ではなかった。彼はその二週間の中で、三日間都内の発掘現場にいったが、あとは、決まった時間に仕事場に出かけた。目白の自宅から上野は近い、八時に家をでて、八時四十五分には仕事場に入っていた。仕事場には何人かの研究者がいたが、皆和気藹々と研究を進めており、職場としてはこの上もなく環境のよいところである。それは彼らが自分の気にいった仕事をしているからであろう。自宅に帰る時間はまちまちであるが、遅くとも九時には家に戻っていた。発掘現場に行ったときも同様である。夕食は決まって自宅でとっている。帰宅途中によるのは本屋と、時として秋葉原に回ってなにやら買い込んで帰る。きっと、その機械の部品であろう。彼の評判を聞いても何一つとして悪い話はなかった。
 もう、観察期間が終わろうとしていたある日、上野から彼と同じ電車に乗った。目白の駅でおりて、彼の後を付いて改札口をでると、改札口の脇で彼がかがんで何かを探していた。
 私が近づいて様子を見ると、床の上を一生懸命目で追っている。
 思い切って「探しものですか」と声をかけてみた。
 彼はちょっと顔を上げて、「ええ、ICチップを落としてしまって、ほんの一ミリ四方のものなんです。特別に作らせたのです、箱に入れてポケットに入れておいたのですが、ハンカチを取り出すときに一緒に箱を引き出してしまい、下に落ちて、箱が壊れてしまたった拍子に飛び出してしまって」
 「何色です」
 「黒っぽいものです」
 私もあたりに目を這わせた。床も黒っぽい石でできており、ちょっと大変である。
ふと彼の黒い革靴の紐のかけてあるところに目をやると、小さな黒いものがひっかかっている。
 「靴の上に乗っているのは違いますか」
 彼は自分の左足の靴を見た。
 「あ、あった」彼は起用に小さなチップをつまむと、かばんの中からビニール袋を出してその中に入れた。
 「アー、助かりました。これがなくなったら、また一年待たなければなりませんでした。大事な部品です。これで、百万もするんです」
 彼は本当に嬉しかったと見えて、見知らぬ私にそんな話までした。
「へー、何に使うのですか」
「ええ、脳波をひろって増幅し、また発信する装置です」
「こんなに小さなものがそんなことをするのですか」
「ええ、わたしの頭に合わせた波長の発信機なのです」
「何をするものなのですか」
「夢の中に、情報が入るのです」
「え、そんな、大変なものなのですか」
「いえ、遊びで」
 彼はしゃべりすぎたと思って、話をそこで止めた。その時、私の上着の中で何かがもそもそと動いた。手を入れると、もごもご動くものが手のひらに乗ってきた。そいつをつまみ出してみると、あの真っ赤な茸であった。
 茸はぴょんと飛び跳ねると、立ち上がろうとする彼のうなじからシャツの中に入っていってしまった。
 「ほんとうにありがとうございました、お礼をしないと」
 「いえ、お役に立ててよかった、これで失礼します」
 茸が彼に乗り移ったのは気になったが、私のほうから彼から離れた。
 
 そのようなことで、とりあえず報告書類を整えて、彼女の同僚に連絡を入れておいた。それから、一週間もたった時に、あの足の包帯の彼女も一緒に依頼者である女性が現れた。
 「遅くなり、すみません、これ、費用の三十万です」彼女の同僚は、報告書を開けようともせず、私に包みを渡した。
 どうぞご覧ください、と私が進めると、その女性は、
 「もう、いいんです」とうなだれて私を見た。
 女性の代わりに足の包帯の彼女が私に言った。
 「言いにくいんですが、この人の胸のところに真っ赤な茸がくっついてしまったのですの」
 同僚はブラウスのボタンをはずした。胸のところに真っ赤な大きな茸が張り付いて盛り上がっていた。
 「どうしたのです」
 「一昨日、彼の家に行ったのです、彼の部屋に入ったら、彼は出来上がった装置を見せてくれました。そして、その日は両親が出かけていたものですから、私を誘いました。私も結婚相手だし、と思って許すことにしたのです。そこで、彼が服を脱ぎますと、胸のところに真っ赤な茸が張り付いていて、でも彼は自分では気がつていませんでした。わたしが服を脱ぐとその茸があっという間に、私の胸に乗り移って、赤く盛り上がりました。それを見た彼は、私を突き放し、服を着てしまいました。私はびっくりして、服を着ると彼の家を出たのです。その後、婚約破棄の連絡がありました」
 「どう思われますの」
 彼女は依頼の女性の話が終わると、私に尋ねた。私はその同僚に、
 「きっと、あなたにとってそのほうがよかったのでしょう、もし、よい人が現れたら私のところにいらっしゃい、その茸が私の手に乗り移れば良縁ということです」
 彼女は同僚になぐさめるように言った。
 「この探偵さんのいう通りよ、きっと今回の縁はなかったほうがよかったのよ」
 まだ納得できないようであったが、彼女と同僚は帰っていった。
 
 それから一月ほどすると、電話があった。例の依頼の女性からであった。
 「赤い茸が足に降りてきました。今包帯を巻いています。先生がおっしゃったように、科学博物館の彼は今、閉鎖病棟にいます、やはりかなりマニアックな人だったようです、私にとってよかったと思います。いい人ができたときには、相談にまいります」
 そう言って電話を切った。
 机の上の箕面焼きの赤い茸が二つに分裂した。次の依頼者を待っている。
 その後、事務所には足に包帯を巻いたいろいろな女性が出入りするようになった。私の事務所は、名の知れた結婚相談所になったのである。赤い茸は言ったとおりに、私の手助けをしてくれている。
 いい相手が現れると、その女性は足の包帯を解いた。相手が相応しいと、紅い茸は私の手の平に戻ってくる。戻ってきた赤い茸は机の引き出しの中にごろごろしている。もし、赤い茸がすべて出払ってしまうと、机の上の赤い陶器の茸が分裂して、私の手元で待機するのである。
 たまに赤い茸と話をする。
 「昔の女は、男を見る目がしっかりしていたが、今の女は我々が教えてやらなければならんのだから困る」
 私は赤い茸に言った。
 「おっしゃるとおりです、どうでしょう、ここに来る女性で、私の相手にとてもいい娘がいたら教えてくれませんか」
 当然助けてくれるものと思っていたら、赤い茸が横を向いた。
 「仕事の手助けの上に、あんたの相手も探せだと、なんという探偵だ、自分で探せ」
 怒られてしまったのである。確かにそうかもしれない。「がんばる」とだけ、赤い茸に言って仕事に出た。

 

包帯の女

包帯の女

通勤電車の中で、たまだが、前の席に足に包帯を巻いた女が座ることがある。 ある日、その女が私の探偵事務所に相談に来た。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted