パラソル

進藤 海(K.Shindo)

パラソル

 見慣れた街が雨で洗い流されていく
 ただそれだけのことなのに
 なんだかとってもワクワクするのは
 まだ心の中が無色透明な証拠さ

 道行く誰もがそれぞれの傘を携えてる
 でも 君のはその誰でもない特別な傘
 それはもうパラソルみたいにカラフルな色

 水たまりに映るくもり空は
 いつか晴れ間をのぞかせるよ

 水をはじくカッパの艶が
 いつか晴れ間を呼んできてくれるんだ

 変な傘だって笑われても
 派手な趣味だって思われても
 僕らこの世界を楽しもう

 さあ 今日をどんな色に変えようか
 ほら 雨空は消えて今はすっかり灼熱の太陽さ

 今日も君だけのパラソルをくるくる回そう

 そうして世界は回っていくのさ
 そうして天気は晴れていくのさ

 どんな日も きっと
 これからも ずっと

パラソル

パラソル

今日も君だけのパラソルを。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted