糀の庭

大神酒まいる

かの家の平和な庭で、真赤の蟻の実が落ちているのを見つけたのです。
さういうふうに、すうと刃を入れますと、砂の星の糸を更々と流した男児が嗤っていたので或ります。

意地の悪いことですね。

糀の庭

糀の庭

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 時代・歴史
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted