赤い花、咲いた

朽木 裕

白い紫陽花に血飛沫

青紫の紫陽花に絶望を
赤紫の紫陽花に愉悦を

ひたひたと土壌に染み込ませていくのだ
いつだって綺麗に咲かせてみせる
だってこれはわたくしの花
わたくしだけの花だから

白い紫陽花に血飛沫
大腸小腸 小指に絡ませて

ほら これで来世も一緒

赤い花、咲いた

赤い花、咲いた

赤い花、咲いた

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted