きもち 8

ほしのかんな 作

水たまりを揺らす 雨粒
あなたの声を 運んでくれる
いつかあの場所で ふたり
約束しようと していたけれど

こころのなかに なにを
隠していたの
6月の雨を 見上げて
届かないきもち 数えてみる

ひとりあの場所で あなたの雨を待っている

きもち 8

きもち 8

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted