2019 梅雨

マチミサキ 作

雑記です。

久々の自宅

皆様、如何
お過ごしでしょうか。

私は、といえば
帰ってそうそう
お洗濯&掃除。

いま
窓を開け放ち
空気を入れ替え

ついでに
肉じゃが&ダイコンの赤漬けを
調理しています。

いいかげん
外食に飽きてきたので。

不思議ですよね

プロの作ったお料理の方が
私のなんかより数倍も美味しいのに

…それでも飽きてきます。

ついでに言うなら
食欲モリモリです。

梅雨どきの私は
能力30%マシマシ

なので

お腹も減りやすいのです。

先ほどの買い物で
冷蔵庫も最早
てんこ盛り

食べたいものだらけなのですよ。

その
筆頭が今回のお料理。

肉じゃがには
今回
ブランデーと黒糖を投下してみました。

じゃがいも

キタアカリと男爵ミックス。


美味しくできるかな。

すみません。

読んでいて
つまらないでしょ?

お前の日常がなんやねん。

とか思っていません?

ならば
ここで
ジョークをひとつ。

食料調達に行く前

大きな鍋が欲しくて
大型の家電ショップさんに
寄ってきたのですが

その際に
また
マッサージ椅子の新型がお試し中で
ロールアウトされていまして

今回の出張帰りで
ガチガチに固まった身体を
ほぐすべく
座らせてもらいました。

鋼鉄嬢のタダノリ

私を普通の人間に戻して下さい…。

観てました?

わたし結構
面白いと思ったのですけど。

ガンアクション+体術が良い。

出張先のホテル近くに
バッティングセンターがありまして

仕事終わりに
1人で
ちょっと寄ってきたのですが

新作映画の無名ちゃんの如く
バットを肩と首でクルクル回し
ビシリ!
と天井に向け
ホームラン予告したところ

周りにいた
オジジ達が集まってきてしまい
恥ずかしい思いをしました。

旅の恥はナマステ。

知らない人は
【カバネリ 映画】
でPV動画がすぐ出ますので

興味がおありになりましたら
どうぞ。

一応
言っておきますが
スピンコックだけではつまらないな…

てきな
変態チックな発想により

ああいった
銃を用いた
拳法の兵器術っぽい動きは
昔から色々と研究してました。

実銃モノホンだと
暴発も怖いし
命中率的にも
とてもオススメは出来ませんが

モデルガンで
弾を込めなければなかなか
見栄えして面白い

私がリボルバーやレバーアクションが
好きな理由のひとつでもあります。


いうなれば【銃機術】ですかね。


銃剣術、短剣術
機甲術とはまた違うものなのでご注意。

むしろ小太刀に近いかもしれません。


それでなくても
某国で現代
【手槍】といえば
もはやそれは
昔在った【てやり】ではなく
多くの場合、拳銃の事です。

昔ながらの柄の短い槍、手槍とか
手槍(しゅそう)】はそれはそれで
ちゃんと
手槍術があるのですけどね。

私のは某双剣術の動きと
ジャグリングに
二丁拳銃を持ち変えたような思いつきです。

あ!
今度はひとつ
【 三丁流 】
でも開発してみますか!

流派名は
三丁目の夕陽流とか。

さて、
コーヒーが入りましたので
ここで
いったん。

色々と同時進行で進めているのですよ。

アイロン掛けだの

小物整理だの

トランクをしまったり

小説をよんだり

おケツをかいたり

やだぁ

そんで

手を洗ったり

また
書き込みます。


今日は
もう出掛けませんので。

赤漬けは仕込みが終わり
ただいま冷蔵庫でヒンヤリさせています。

肉じゃがは
一旦火を止め
味を入れているところ

沸騰して数分で火を止め
自然に冷まし
また沸騰させ…

こちらを数回
繰り返すのが私流。

それと
肉じゃがは
煮崩れ防止!
とよく言われておりますが
多少
煮崩れていた方が美味しいと思うのは
私だけでしょうか?

むしろ

じゃがを荒崩しぐらいにして
薩摩揚げや絹さやを加え
出汁をしっかりと含ませた

和風ポテトサラダ

なんてのも
昔はよく作りましたが

周囲にはまーまー好評でしたよ。

今夜は
こちらの2品とトマトスライス

それと
チーズも。

ご飯は炊くか迷いましたが
肉じゃがを
かなり大量に作ったので
止めておきました。

なんせ
小型とはいえ
寸胴鍋で調理しましたから。

梅雨といえば
【入梅イワシ】なのですが
今回はスポイル

見た感じ
鮮度の良いものが手に入らなかったので。

あれはまた今度。

明日のお昼用に
真田汁を用いたお蕎麦も用意済み。

アイスもケーキも団子も饅頭もあります。

小説も
録り溜めた映像も。

ちなみにいま
ヨガマット上で
マッパで寝そべりながら
打ち込んでいます。

なんという自堕落。

良いのです。

お部屋もピカピカですし。

さーて、
そろそろ
肉じゃが冷えたかな。

また
火をいれますか。


【実食】

むう
肉じゃが…

新じゃがを使用したこともあり
わずか三回の火入れで
もはや
箸を入れる瞬間に崩れるほど柔らかい。

これね
何分も煮込むより
私的にはオススメ

いわゆる余熱調理のひとつ。

時間がある時しかできませんが。

見た目は
まったく崩れていませんし
煮汁も澄んで美味しそうに見えます。

なのに
ホロホロ。


それと
思ったより
ブランデーの香りが残っています。

これは…
入れても良いが
入れなくともまったく問題ない

ならば

入れないほうが良いのでは?

と、いうような…お味…。

黒糖も何気にコクを出していますね。

うん、
べらぼうに美味しいという訳ではないが
及第点ですか。

トマトとチーズには
もうひとつ
サラミも加えてみました。

なんと
恐ろしいことに

ここまでして
今夜は飲んでいません。

お水だけ。

この私が!

いや、別に禁酒とかしてませんけど
なんだか飲む気にならなくて。

うーん、
どんぶりいっぱい
肉じゃがを食べたのですが

もう少し
何か食べたい気もします。

どうしようかな。

アイスにしますか。

いや、
エスプレッソと…キャラメルかな。

ああ!
梅酒なら良かったかな。

今は梅酒もブランデーだの有名焼酎だの
色々なのありますよね。

梅酒は入っている梅が美味しい。

まあ、最初の一杯しか食べませんけど。

実は
ひそかに
しょうが焼きも作ったのですが
食べずに冷蔵庫行きです。

【その後】

ベランダに出て
アイスを食べながら
街の夜景を観ています。

湿った風が吹き抜ける。

家路に急ぐ人々の姿…、

私は神…。

ではないです。

生意気言ってホントすみません。

さーて、
妖怪の本でも読みますか。

2019 梅雨

2019 梅雨

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted