雨巷佯狂 (the ruins in the rain)

龍 佐秋

ㅤㅤㅤ一

雨がバタバタ鳴っている。
傘の向こうで鳴っている。
ㅤㅤㅤ(今日も世界の何処かでは
ㅤㅤㅤペスト混じりの雨が降る)

チョーキングするジミヘンが
海の底から空睨む。
ㅤㅤㅤ(ペスト混じりの雨が降り
ㅤㅤㅤ毒麦ばかり実をむすぶ)

雨に触れれば、天につながる。
世界につながる天につながる。

この指先で、何を祈ろう?

ㅤㅤㅤ二

私の祈りは雲を突き、
波となって世界を巡る。

私の祈りは波となり、
雨とともに花を降らす。

私の祈りは花降らせ、
地に満つれども…

ㅤㅤㅤ三

雨のように、
勝手に降って止んでしまう。
私の想いも命のように、
どこから来てまたどこへ行くのか?
雨はバタバタ鳴っている。
人はバタバタ死んでいる。
……。
自律・増殖が命なら、
この想念こそ命なれ?

ㅤㅤㅤ四

我ガ想念ハ止ミヌ
雨ト共ニ止ミヌ
祈リハ雨後ノ筍トナリ
篁竹トナツテ鏘然タリ

雨巷佯狂 (the ruins in the rain)

雨巷佯狂 (the ruins in the rain)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted