The LOVE Legacy

ヤリクリー

このお話を読むにあたっての注意事項
①米印の箇所は、ト書きです。読まないように。
②米印のないカッコ内のセリフは、読んでください。(登場人物の気持ちを表したりしています。)
③このお話の男女比は、3:3です。

The LOVE Legacy

〔登場人物〕
男性:秀太(しゅうた)、孝一(こういち)、哲哉(てつや)
女性:香織(かおり)、真弓(まゆみ)、陽子(ようこ)


香織「ねぇ、秘密の話なんだけど。」

秀太「ん?どうした?香織。」

香織「実は、私、もうすぐ結婚するの。」

秀太「ほぉ、おめっとっさん。んで、相手はどちら様で?」

香織「とある有名な消防士の息子さん。彼も消防士で、真面目な方なの。周りからの評判も良くてね。」

秀太「なるほどね。

俺、祖父が消防士だから、どんな家庭になるのかは知っているし経験もあるから、わからないことがあれば、俺にでも聞いてくれ。」

香織「ありがとう、しゅうちゃん。」
(※しゅうちゃんとは、秀太のこと。)


秀太「このやりとりから3年ほど時が経ち、香織は、その方と無事にゴールイン。

旦那が消防士だということで、あまり彼は家にいることはないよ、と助言をしておいた。実際、そうだからね。電話一本で、すぐに現場に急行することになるんだから。
それでも彼女は覚悟が出来ていた。あの時、2人で話をしたように。」


哲哉「なぁ、秀太。」

秀太「ん?何??」

哲哉「そう言えばだけど、お前は、結婚願望とかあるの?彼女がいないってことで、お前は有名だけど。」

秀太「変なことで俺を有名にしてほしくはないな。

確かに、香織は人妻(ひとづま)になったし、お前も、奥さんに子供と、家庭をもっている。家に帰れば、安らぎの空間がある。

その一方で、俺は、1人暮らしで何とか遣り繰り(やりくり)しているさ。チーフマネージャーとしての仕事を、エリア店長ながらやっているし、さらに、その上の仕事も目指している。休みも、ほぼない。俺の目指しているのは人事部でね。今のままでもいいけど、ちょっとだけ、変えたいところがあるからね。それをしたいがために、徐々に、上の方のランクの仕事をしているってわけだ。」

哲哉「お前は、真面目だけが取り柄(とりえ)みたいなもんだからな。

休日も、ほぼ100%返上して仕事をしているんだろ?
俺、知っているぜ?お前の有給取得率は、0%。どころか、マイナスになっているそうだな。一体、どんなことをしたら、有給取得率をマイナス表示にできるんだよ?逆に知りたいくらいだわ。

実際、どれくらあるの?使用可能な休日数って。

秀太「取得可能な俺の休日数?

そうだな…。ざっと見積もって、“4カ月分”くらいはあるな。通常の休日を、この方、一度も使ったことがなく、タダ働きばっかりしているからね。」

真弓「それで、ついに、人事部から警告を喰らったんでしょ?

『いい加減、休暇をとれ』って。」

秀太「真弓。その通りだ。」

真弓「あんた、馬鹿じゃないの?

私だって、アンタみたいな馬鹿が、今日までの5年間、一度も休まずに、ぶっ続けで働くことが出来るわけを知りたいくらいだわ。」

秀太「あ、アハハ…。」

哲哉「(…オイ、秀太。ここは、笑ってごまかすシーンじゃねえぞ。)」

真弓「そろそろ、休暇を使用しないと、上から、ペナルティーが科(か)されるわよ?

例えば、“減給処分”とか。」

秀太「はぁ?!なんでそれだけで減給されなきゃならねぇんだよ?!おかしいだろ!!」

哲哉「じゃあさ、秀太。お前に1つ質問な。」

秀太「あぁ、いいとも。」

真弓「アンタ、今日までで使用できた休暇日数って、どれくらいなの?」

秀太「累計で、いいのかな?」

真弓「そうね。それで答えて。」


秀太「ざっと、“1年以上”かな?400日くらいはあると思うよ。」

哲哉「www」

真弓「でしょうね。

アンタ、やっぱり自覚があるじゃない。」

秀太「言われなくても、先輩や通達で、それくらいのことは把握しますから。」

哲哉「だからだよ。」

秀太「哲哉。一体、何の話だ?」

哲哉「お前が、ずっと独身でいる理由。」

真弓「アンタ、やっぱり、鈍感なのね。」

秀太「???」

哲哉「お前は、“真面目すぎて、女性が近づきにくいんだ”よ。

何て言えばいいかなぁ?『俺には、近づかないでくれ。何がなんでもな!』って感じのオーラが出まくり。そりゃ近づきたくもないわな。男としても、流石に、避けたくなるね。」

真弓「仕事のことに熱心すぎて、周りのことが疎か(おろそか)になっているのよ。

そりゃ、一週間以上の連泊(れんぱく)でもしていたら、おかしくはなるわよ。」

哲哉「マジで、一度休め。冗談抜きで。」

秀太「一体、何のはn…」
(※バタリっ)

真弓「あ…」

哲哉「ほら、言わんこっちゃない。」


(※哲哉が119番通報。真弓が、介抱に当たる。)

秀太「…ん?こ、ここは??」

孝一「ようやく、目が覚めたか。」

秀太「…ん?あ、貴方は?」

孝一「お前、よっぽど疲れていたんだな。

私だ。伊藤孝一(いとうこういち)だ。」

秀太「…あ、孝一さん。お、お疲れ様です…。」

孝一「これでわかっただろ?休みもなくひっきりなしに働き続けるとどうなるのか。

お前、1年くらいだっけか?連続で24時間勤務をしていたな。入浴の時間くらいは用意してはいたが、あまり意味はなかったもんな。

『先輩。本当に湯船につかった、という実感が湧(わ)きません。』なんて口にしていたもんな。これでわかったろ?」

秀太「…あ、早く職場に戻らないと…。私がいないと、店が回らない…。」

孝一「秀太よ。病院の抜け駆け(ぬけがけ)は許さないぞ。

安心しろ。店は、他店からの応援で何とか出来ている。それに、来週には、シェイクアップが行われる。そこで、お前は、“人事部”に異動することとなる。念願のところに行けるようになるからな。それに、きっちりと休めるようになるから。な?」

秀太「主任…!」

孝一「とりあえず、休め。いいな?」

秀太「はい。」


(※秀太は、無事に退院。そして、人事課へと配属。あの時の反省を踏まえ、きちんと休暇を消費することと、定時出勤・定時退勤を心がけるようになった。)

孝一「秀太。お前、やればできるじゃないか。」

秀太「あの時まで、狂ったように働いていたことで、多少のことは学べました。」

孝一「“命”に関しては。だろ?」

秀太「アハハ」


(※2人が話をしていると、1人の女性社員が。)

陽子「秀太さん、孝一さん。コーヒーをどうぞ。」

秀太「おう、ありがとう。」

陽子「うふふ。」

孝一「いつもすまないね。」

陽子「ここ最近、秀太さんがこの課に慣れてきたようで、ニコニコとしている姿を見て、なんだか、嬉しいのです。」

秀太「ありがとうございます、陽子さん。

慣れたことで、安心感が出来てきたのかもしれません。」

陽子「なんだか、秀太さんが笑顔でいると、『私、もっと頑張らないと!』って思えるんです。
そして、逆に、秀太さんのご機嫌が斜め(ななめ)だったり、体調がおかしかったりすると、心配してしますのです。」

秀太「陽子さん…。」

陽子「あの、秀太さん。今日の勤務後、時間、ありますか?
あれば、一緒に食事に行きたいなと。」

秀太「えぇ、喜んで。丁度、誰かと一緒に食事に行きたいなと思っていたところだったので。私でよろしければ。」

陽子「はい!ありがとうございます!」

孝一「良かったな、秀太。

“将来のお嫁さん”との食事だ、ってねぇ。」

秀太「主任。変な茶々(ちゃちゃ)を入れないでください!」

陽子「うふふw」


(※そして、秀太と陽子は、勤務後、近くの居酒屋へ。)

秀太「陽子さん、乾杯♪」

陽子「乾杯♪」

秀太「陽子さんと一緒に食事が出来て、幸せです。」

陽子「私も、秀太さんと2人でいられて幸せです。」

秀太「私、時々思うことがあるのです。」

陽子「何ですか?」

秀太「陽子さんの手作りお弁当を見ていると、私も、それを食べたいなぁ、って思うんです。
もし、口に出来たら、どれだけ幸せになれて、午後も頑張れるんだろうか、って。」

陽子「そういう秀太さんも、料理上手じゃないですか!お部屋もキレイ
ですし。」

秀太「いやいや、そんなことはないですよ。」

陽子「そんなことないですよ!私なんて、料理が上手くても、家事が下手で…。」

秀太「そんなことないですよ!いい奥さんになれますって!

私と付き合ってください!!」

陽子「こんな私でよろしければ、是非。」

秀太「よしっ!」

陽子「可愛いお方(かた)♡」


(※その後、秀太と陽子がゴールイン。)

陽子「あなた。今日も、お疲れ様でした。」

秀太「あぁ、ありがとう。」

陽子「最近、本を書いているようね。何を書いているのかしら?」

秀太「キミとの、出会いのお話さ。ほら、これを読んでほしい。書きかけだけどね。」


(※陽子が、渡された本を読む。)

陽子「うふふ♡

確かに、私たちのなれそめをまとめてありますね。」

秀太「だろ?

高校生ぐらいのときに、一時(いっとき)、こういったお話を、無性に(むしょうに)作りたくなった時があってね。あくまで、趣味の1つさ。」

陽子「改めて思い返すと、素敵な物語ね。」

秀太「そうだな。」


秀太「そんなこんなで、ふと思い付いて、ごく自然に筆を執った。」


END

The LOVE Legacy

訂正情報
・7月19日(金) 権利情報を変更。

The LOVE Legacy

真面目に頑張ることは、何も悪いことではない。だが、どれもこれも度を過ぎれば悪くなるように、真面目すぎるのも、かえって、悪くなるそうだ。これは、そんな、とある男性のお話。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work