3月・4月・5月の短歌(2019年)

さちこ

花束を貰ったことが一回もない人生に、三月の雨。

うんちには絵文字があっておならには絵文字がなくて春のそよかぜ

セックスのせからはじまる生活という名前からして無理なやつ

枯れてゆくものに共感するために枯らされるサボテンかわいそう

新宿は豪雨とそっと歌い出すあなたの声が喚ぶ雨がある

向日葵になって貴女の唯一の寄る辺のように抱かれていたい

君の吐くやさしい嘘のチューハイの缶の点字のような冷たさ

仄暗い世界に横たわるあいだわたしは52Hzのくじら

落下する僕はあなたの立つ春に瞬く須臾の遠雷として

オナニーの後には他者のかなしみのわかりえなさを考えるよね

3月・4月・5月の短歌(2019年)

3月・4月・5月の短歌(2019年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain