【声劇台本 男女】あるカップルの笑えない会話

メイロラ 作

男:……で?

女:え?

男:美味しい? タピオカミルクティ?

女:うん……

男:おいしくなさそうだな

女:……そんなことない。

男:来たかったんだろ?

女:うん。

男:じゃよかったな

女:うん

男:……

女:……

男:で?

女:え?

男:どうする? 飲んだら帰る?

女:……えーっと。

男:なに?

女:もうちょっと話したい、かも。

男:なにを?

女:……

男:ここに来たいって行ったのはお前で、話したいっていったのもお前だから、話題くら
いあるよね?

女:……えっと

男:なに?

女:えっと。私に聞きたいこととかない?

男:なんで? わざわざ聞かなくても知ってるし。何を聞いて欲しいの? 話すことないなら、スマホでゲームしていい? 今日のノルマ終わってないから。

女:うん、あの、ごめん、来たくなかった、よね。

男:来たくなかったっていうか、俺が仕事忙しいの知ってるよね? で、俺が貴重な休みの日は家でゲームしてたいのも知ってるよね。なのに付き合ってからどこにもつれてってくれないとか言うから、ここにつれてきたわけで。なんでそんな嫌そうな顔されないといけないのかなとは思う。
俺は、ニコニコしてて素直な女の子がタイプなのに、お前はいっつも不満そうだよな。

女:ごめん……。

男:どうしてほしいの? 俺が疲れているのに我慢して、カフェとか遊園地とか連れてって話題も提供してお姫様みたいに扱えばいい?

女:ううん、そんな、そんなこと思ってない! 私は、あなたと一緒に居られればそれでいい、けど。でも、彼氏とどこでデートしてるのって聞かれて、彼の家でしか会ったことないって言ったら絶対遊ばれてるって……ううん、別にそれはいいんだけど、でも、私、せめておしゃれなカフェで美味しいお茶飲みながら彼氏とすごしてみたかったの。でも、無理言ってごめん……

男:今そうしてるじゃん。よかったじゃん。あーあ、今日は昼のイベント参加できないのか。ギルメン待ってるだろうなー、後で埋め合わせしないと。

女:ごめん。

男:やっぱり一戦だけ、やってきていい? 15分くらいで終わるから。

女:(小声)いつもそう言って、30分以上戻ってこない……

男:なんて?

女:なんでもない! いってらっしゃい。

男:もういいよ! オシャレなカフェでデートしているのにスマホでゲームする彼氏とか最低って友達に話すんだろ。

女:そんなことしない……ねえ、聞きたかったことがあるんだけど。

男:なに?

女:私のこと、好きになれそう? 付き合う前、付き合ってみないと好きかどうかわからない、って言ってたよね?

男:……なにそれ。好きじゃなかったら別れてるし。でもそんなこと聞かれると、なんかちょっと嫌になる。どうしても俺がお前を弄んでる方向に、ひどい彼氏って方向に持って行きたがるの意味わからん。

女:ごめん。

男:帰る?

女:……ごめん、今日はこのまま家に帰る。

男:……そう。じゃ健全デートだ。学生みたいな。そういうのがしたかったんだよね?

女:そういう意味じゃないけど。

男:なに、不満があるなら言えよ。

女:ごめん

男:なんで泣いてるの?

女:ごめん。……さようなら。本当に好きだった。


END

【声劇台本 男女】あるカップルの笑えない会話

【声劇台本 男女】あるカップルの笑えない会話

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-05-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted