A Hard Boiled

ヤリクリー 作

このお話を読む際の注意事項
①米印のあるところは、ト書きのため、読まないでください。
②米印のないカッコは、読んでくださいませ。
③若干、言葉遣いが荒すぎる箇所があるかもしれません。その点に関しては、ご容赦ください。
④若干、グロテスクなシーンがございます。ご注意ください。

A Hard Boild

〔登場人物〕
男性:大河(たいが)、悠大(ゆうだい)、隆太(りゅうた)
女性:茉奈(まな)、未来(みく)、雛乃(ひなの)
その他:キャスター(雛乃役の方が兼任で)

(※ここは、とある駅の路地裏。雛乃という女が、街を1人で歩いていた。勤務後のようで、スーツを着ていた。)

雛乃「今日も今日で、残業しちゃったわね。これで、累計、何時間の残業かしら?みなしだったら、いよいよ、私も辞(や)めるわ、この会社。」


(※すると、後ろから、猛スピードで、雛乃に向かって突撃してくる人が1人。全身が隠れていて、目元や耳元すらわからない。)

雛乃「ん?何かしら?」

(※後ろを振り向き…。)

謎の人(隆太)「うおぉーーーーーーーーーー!」

雛乃「キャーーーーーーー!!」

(※走って逃げようとするも、謎の人の手に持っていたナイフで雛乃がグサリ。
“通り魔”だ。)


(※翌日。朝のニュースは、昨夜の通り魔事件で持ち切り。犯人は、未だ捕まっておらず、目撃証言や防犯カメラの映像も、意味をなしていなかった。)

悠大「…またか。また殺人事件かよ。

…これで、2,3日に1人、誰かが殺められ(あやめられ)ているぞ。」

未来「本当に、物騒ねぇ。

警察も、色々と手は講じて(こうじて)いるらしいけど…。どうもイマイチね。」

悠大「俺は、今日から3連休だから、買い物は、その間に済ませよう。俺も、ちょうどペンやら文房具やらが底をつきてきそうだったから、ナイスタイミング。」

未来「あなた、お願いしますね。」

悠大「あぁ。任せろ。」

キャスター「続いてのニュースです。1週間前に、住宅街で発生したレイプ犯の男が、昨夜、死体で発見されました。
この事件は、1週間前、女子大学生が何者かによって、住宅街から近くの公園へと連れ去られ、性的暴行を加えられたというものです。犯人の正体は3日前に判明しましたが、昨夜、血を流して倒れた状態で見つかったということです。そして、その実行犯であろう男性から、被害者の女性の家族へ、敵討ち(かたきうち)をした、という内容のメッセージカードが届けられたということです。そのカードには、カードの送り主の記載がなかったとのことです。」


(※場所が変わって、ここは、駅前のビル群。今日も、たくさんの人で溢れかえっている。)

茉奈「さてと。今日は、午前中で上がらせてもらえたから、早く家に帰って、録画していたアニメでも見ようっと♪」


(※背後から、謎の殺気。)

茉奈「?!」


大河「おおっと、そこの、イかした服のおっさん。なぁに勝手に、女性に手を付けようとしたのかなぁ?

(お姉さん、早く、ココから逃げて、どこか近くのお店に!)」

茉奈「(あ、あの男性、犯人を止めてくれてる。

わかりました。ここからすぐに、安全なところに行きます。あとは、お願いします!)」


(※大河が、背後からの殺気の男を捕まえる。)

大河「まぁまぁ、そう暴れない暴れない。

暴れちゃうと、キミの手に持っているナイフを公(おおやけ)に見せびらかすことになっちゃうよ。それに、ちょうど、すぐそこに…。お!気づいた気づいた♪これで、キミも、

『はい!それま~で~よ~♪』」


(※ナイフを持った男は逮捕。茉奈は、大河と共に、警察官から事情聴取を受ける。
しかし、まだこのタイミングでは、2人はそれぞれの名前を知らない。)

茉奈「あ、あの…」

大河「ん?なんだい??」

茉奈「先ほどは、私を助けてくれて、ありがとうございました。なんとお礼をしたらよいものか…。」

大河「いえいえ。わざわざ、そんなご丁寧に。お気持ちだけで十分ですよ。ありがとうございます。」

茉奈「あ、あの…。

よろしければ、お名前だけでも教えていただけませんか?私は、筒井茉奈(つついまな)と申します。茉奈さんと呼んでください。」

大河「茉奈さん。私は、黒木大河(くろきたいが)と申します。大河さん、とでも呼んでくだされば結構です。以降、お見知りおきを。」

茉奈「大河さん、ありがとうございます!」


(※時を同じくして、悠大と未来。)

未来「たくさん買ったわね。」

悠大「あぁ!たくさん買ったな!

…それと、一つ気になることがあって、だな。」

未来「何かしら?」

悠大「俺たちを、背後から、ストーカーしているんじゃねぇかってさ。

今回は、警備員に補導されていったから、多少はよかったんだろうが。」

未来「え?

…あ、さっきの、不潔なハゲているメガネの老人。」

悠大「そう、それ。

…面倒な世の中になっちまったもんだよなぁ~。」

悠大・未来「ハァ…。」
(※2人がため息をつく。)


(※翌日)

キャスター「ニュースをお伝えします。昨日の昼頃、駅前のロータリーで殺人未遂事件が発生し、男が現行犯逮捕されました。犯人は、30歳の住所不詳、無職の、樹里目洋平(じゅりもくようへい)容疑者で、昨日、20代前半の女性を背後からナイフで殺そうとしたところを、別の男性に見つかり取り押さえられ、そばにいた警察官によって、現行犯逮捕となりました。洋平容疑者は『間違いありません』と容疑を認めています。しかし、ここ数日で多発している、通り魔殺人に関しては、『自分ではない。自分は関係ない』と証言。その時の防犯カメラをあらためて見てみると、事件の発生したと思われる時間帯に、別の県で、食事をとっている姿を確認し、容疑者は、連続通り魔ではないことが判明。
一難去ってまた一難。連続通り魔の犯人は、未だに捕まっておりません。」


悠大「未遂、か…。被害者の命が奪われなかったのは、大きいな。」

未来「えぇ、そうね。」


悠大「…あ、そういえば、最近、大河から連絡が来てなかったなぁ。

前さ、同窓会があるって言って、それに行ったでしょ?その時、あいつ、来なかったんだよ。しかも、出欠席(しゅっけっせき)の連絡もよこさずにさ。」

未来「え?そうなの?」

悠大「そうだったんだよ。

…ただ、噂によると、アイツに、何か大きなトラブルがあったらしい。それで、ひどく落ち込んでいるようだよ。」

未来「へぇ。

その、大河、って男性が、犯人だってことはないわよね?」

悠大「多分な。

否定はしたいが、可能性は、少しでもあれば、疑うしかない。」

大河「(どこだ…?奴はどこにいる…?
俺の家族を、恋人を殺した、アイツはどこにいる…?鬼ごっこや、夜の殺戮〈さつりく〉ショーは、もう終わりにしてくれ…。お前のクビは、俺がとってやる…。)」


(※夜、悠大と未来がドライブをし、未来がコンビニの店内へ。行き違いに、一人の男が店から出てくる。
すると、車内で待機していた悠大に、その男が近づく。それは、悠大にとっては、見覚えのある顔だった。)

大河「よぉ、ゆうちゃん。久しぶり。」
(※ゆうちゃんとは、悠大のこと。)

悠大「…?どちらs…。

あ!大河!久しぶり!こんなところで会うとはな。」

大河「あの時はスマン。同窓会の、あの件のやつ。」

悠大「皆、けっこう心配してたんだぞ?」

大河「わりぃわりぃ。

あのあと、幹事の奴らに、今回かかった費用を、全額渡しておいたよ。
それで、これ。先にゆうちゃんに渡しておくよ。」

悠大「え?幹事の奴らから届くんじゃないの?」

大河「届くは届く。そうじゃなくて、久しぶりに会えたから、飲もうかと思ってたけど、結婚してるんだったな、いい女性とさ。だから、夫婦で楽しむ分にでも当ててくれ。」

悠大「本当にいいの?」

大河「あぁ。かまやしないさ。それに、奥さんにも、ちょいと挨拶をしておいたよ。これからも、ゆうちゃんをよろしく、ってね。」

悠大「ハハッ。」


大河「…それに。

…もうすぐ、俺は、この世から消える。」

悠大「ん?どうせ、冗談なんだろ?

お前は、いつもジョークが下手でさ。」

大河「多分、ジョークになるんだと思う。」


(※未来が、買い物を終え、戻ってきた。)

大河「じゃあさ、ゆうちゃん。

最後に、これ、渡すわ。いざっていう時にだけ見てほしい。少なくとも、俺が、この世にいるまでは、それを開けないでほしい。」


(※渡されたのは、1通の封筒。)

悠大「了解。」


未来「ただいま戻りました。」

悠大「…お帰り。」

未来「さっきの、あの男性が…。」

悠大「あぁ、そうさ。あいつが、俺の話の渦中(かちゅう)の人さ。一匹狼的(いっぴきおおかみてき)なところがあるけど、結構いいやつだよ。」

未来「頼もしい方のようね。」


(※それから、通り魔殺人事件はなくなり、落ち着きを取り戻しつついた。
それから、3か月後の、とある深夜。大河は、“あの場所”にいた。“雛乃が殺された”あの場所。)

隆太「最近は、色々ともめ事がうるさかったから、静かになっていたが、今宵こそ、第二幕(だいにまく)を…。」


(※隆太の隠れているそばを通る、1人の女性。仕事帰りの女性らしい。)

隆太「今宵も、始m…。」

(※隆太のセリフを遮るように、突然叫ぶ男。)
大河「そうはさせるか!!」

隆太「ゲっ!」

大河「お姉さん!

…いや、“茉奈さん”!早く走って!」

茉奈「え?!」

大河「茉奈!早く走って、ここから逃げて!殺されても知らないよ?!」

茉奈「…は、はい!

(ありがとう、大河さん。頑張って…。)」

隆太「おのれぇ、大河…!」

大河「…隆太。お前、お前の犯した罪、すべて覚えているよな?

俺の関連するもの。」

隆太「あぁ、覚えているとも。

お前の家族を皆殺しにした。そして、お前の彼女も天に召させてやったよ。今頃、皆、仲良くしているだろうねぇ~(笑)。」

大河「全て覚えてんじゃねえかよ。

それに、ここ最近、頻発していた通り魔殺人の犯人は、木瀬隆太(きせりゅうた)、お前だろ?」

隆太「ご名答。全て、私一人でやったとも。」

大河「何故、何故そんな真似をした?!何故俺の家族に、恋人に手を出した?!」

隆太「お前ばかり贔屓(ひいき)されてたからだよ!!

中学・高校と同じだった。生まれた境遇(きょうぐう)も似ている。学力・運動能力も、トップクラスで肩を並べていた。お前はバスケで、俺はバレーを部活でしていた。キャプテンだった。
…なのに、なのに、なのに、何故、お前ばっか厚遇(こうぐう)されんだよ?俺ばかり冷遇されてんだよ!大学は分かれた。お前はほとんど遊んでいた。なのに、成績はトップクラス。周りには、可愛い子がたんまり。なのに、なのに、俺はひっきりなしに勉強しまくって、単位もトップクラスでいたのに、周りには女の子はゼロ。カップルばかり。

…俺は決めたよ。“女性を襲撃する”ってね。俺は、自己満足のためにやっているが、やって損はない。俺は、一家が自殺をした。俺だけがいない間に。女もいないし、付き合ったことすらない。なら、何をしたって、迷惑は掛からない。迷惑をかけない遊びをしていただけさ。」

大河「それとこれとは話が違う!!

…なんで、なんで俺の家族や彼女にまで犠牲を出した?!彼らは関係ない!!」


隆太「うっせぇーー!!」

(※隆太と大河が取っ組み合う。)

隆太「大河ァ!今回は、貴様が死んでもらう!!」


(※隆太がナイフを、大河に突き刺す。しかし、大河は、持っていたリボルバーで、隆太を、バーンと撃ち抜く。
二人同時に倒れ、あたりは、血の水たまりに。)

大河「…ありがとう、未来、さん。ゆう、だ、い。ひ…な…。」
(※2人は、ほぼ同時に、命をひきとった。)


茉奈「…はい、警察ですか?はい、はい。連続通り魔殺人の犯人が現れました。そして、男性1人が私を助けてくれて、犯人と戦っています。場所は、榎井(えのい)の16の7です。近くの電信柱(でんしんばしら)に、そのマークが見えました。
早く、早くお願いします!!」


(※翌日。連続通り魔殺人の真犯人が見つかったというニュースで盛り上がり、それに関するニュースで、その日から、1週間は持ちきりだった。)

キャスター「ニュースをお伝えします。なんと、ついに、正体が判明しました。ここ数カ月の間で発生していた、連続通り魔殺人の真犯人がわかりました。住所不明、自称・工事関係の木瀬竜太(きせりゅうた)容疑者、28歳。しかし、近くにいた他の男性に、通り魔の瞬間を見られ、その人と取っ組み合いになり、2人そろってなくなってしまったということです。被害者の女性は、『私が被害にあいかけたところを助けてくれて、犯人ともみあいになりながらも、逃げるよう指示してくれて、本当に助かりました。今すぐにでも、ありがとうと声をかけたいところです。』とコメントし、同時に『私のヒーローが亡くなってしまい、悲しいですが、これからは、ヒーローの分までも、1日1日を大切に生きようと思います』ともコメントをしました。
犯人が亡くなった後(あと)、その遺族が警察に出頭し、今までの連続犯の償いをすると説明。被害者の家族には、一軒一軒(いっけんいっけん)周り、謝罪をしに行くそうです。」

悠大「…。」

未来「貴方…。

…よかったじゃない。連続殺人も、これで終わりになったんですし。」

悠大「…あぁ。これで、終わったんだ。

悲劇が、これで、収束したんだ…。」


(※その後、悠大と未来、茉奈が、大河の葬儀に出席。最期を見守った。)

悠大「…そういえば、そろそろ、気になっていたあの手紙を読んでもいい頃だな。タイミング的にも、アイツが口にしていたそれになったし。」


(※手紙の封筒を開け、内容に目を通す悠大。)

大河『悠大へ。封筒の封を開けるタイミング、間違えてないよな?フライングをしていたら、どうでもいい内容だからな!(笑)
さて、話なのだが、俺が、ずっと表に出なかった理由だな。電話や連絡をしなかった理由なのだが、実は、俺、家族や恋人を、あいつに殺されたんだ。復讐の機会を狙っていたけど、奴は一向(いっこう)に現れなくてな。だから、殺人や性的暴行、誘拐のシーンを見たら、すぐに助けに行くようにしているんだ。俺以外に、誰も泣いてほしくない・被害を生んでほしくない。そんな思いで生活をしているんだ。まぁ、“復讐のための練習”って思ってもらって結構さ。
それが、まさか、人助けになるとはねぇ。何かのゲームでもしているんじゃねぇかなぁ、って気持ちになるのさ。今でもそう思ってる。
残念ながら、俺は、GAME OVER(ゲームオーバー)になっちまったわけだけど、悠大は、“未来さんを護衛する”ってミッションが残っているから、それを終えて、ミッションクリアになるまでは、こっちの世界には来るなよ。
それじゃあな。またどこかで会おう。』


悠大「た、大河…。う、うぅ…。」
(※声を殺しながらも、泣いている悠大。)

未来「貴方、コーヒー、淹れ(いれ)ましたよ。飲みましょう。」

悠大「あ、あぁ…。

(大河!また、一緒に、飯に行ったり、飲みに行ったりしような!)」


(※茉奈は、大河の弟が、実は生きていたことに気付かなかった。その彼と結婚。命の恩人のそばに居〈い〉られることに成功した。)

茉奈「(大河さん。貴方以外にも、家族の生き残りが、1人いましたよ。貴方の弟さんです。彼と籍を入れたので、これからは、ずっと、貴方のそばにいますよ。)」


(※ちなみに、大河本人は、彼の弟が無事だったことは知らなかった。)

茉奈「さてと。

あなた、朝食の用意が出来ましたよ。一緒にいただきましょう♪」


END

A Hard Boiled

A Hard Boiled

もし、あなたの家族が、大切な方が、何者かによって殺されてしまったら、一体、どうしますか?もし、それが、顔を知らない方だったら。 これは、そんな状況に見舞われた1人の男と、それを取り巻く人間模様の物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-05-11

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA