Burn it Down!

ヤリクリー

このお話を読むにあたっての注意
①米印は、ト書きです。読まないでください。
②米印のないカッコは、読んでください。登場人物のキャラクターを表しています。
③男女比が2:2の、4人用、プチ声劇です。

Burn it Down!

〔登場人物〕
男性:健介(けんすけ)、竜司(りゅうじ)
女性:由梨(ゆり)、順子(じゅんこ)


(※ここは、とある高等学校。放課後、教室に一人残って、黙々と作業をしていた健介。すると、そこにやってきたのは、担任の順子。)

健介「…あ、ちょ、先生。なんで取り上げるんですか!!
僕、何か悪いことでもしましたか??」

順子「ちょっと、健介くん?これは、一体、何のマネかしら?(怒)
謎の印刷物を手に、制作しているようだけど…。」

健介「あ、先生。これ、ですか?

これは、僕の知人のために作っているんです。」

順子「それはわかったけど、作っているものの正体は何かしら?
危険なモノだったら、即没収で、親を呼び出すわよ?(※イライラ)」


健介「そんなに危険なモノじゃないですよ。

これは、“フュエルグレイターズ”と呼ばれる、対戦型のカードゲームです。久しぶりに、やりたいなと思い、1から、自分流に、手作りをしているんです。…あ、別に、販売するとか、そういうものじゃないですよ?個人で楽しむものとして作ってますから。」

順子「…ならいいけど。(ハァ…)

健介くん。貴方、分かっているわよね?この高校は、全国でも指折りの進学校だってこと。本当は、遊びなんてもんは全てほかって、常に勉強モードにいてほしいってわけ。一切、ホビー関係のことをするのはやめてほしいところだけど、それはそれで、メンタル面に悪いからね。
やってもいいけど、ほどほどにしなさいね?それと、もうすぐ、施錠(せじょう)の時間だから。」

健介「はーい。」


(※時を同じくして、別の高等学校。この学校に存在する、カードゲーム部の一員であった竜司。既存のカードゲームを、海外のも含めて、ほぼコンプリートしていた彼は、新たな試みを模索していた。)

竜司「…はい。はい。先輩、そのことに関しては十分に承知しております。ですが、いずれのカードゲームも、自分の中ではやりつくした感がありまして。以前、実際に、私のカードゲームコレクションをお見せしましたよね?写真でもそうですし、実物を持って来て紹介したりと。
言葉を変えると、“飽きが来ている”のです。ですから、どうもやる気が入らなくて困っているんです。

…え?『手作りカードゲームというものを知っているか?』ですって??
…はい。自分も、何度か言葉は耳にしたことがありますし、知人で、実際にそれを行っている方がいらっしゃり、そのカードを直接触れたこともあります。ですが、それは、自分の中では“カードゲームにおける異端(いたん)”だと私は考えています。“カードゲームは、販売しているものが全てである“というのが、カードゲームにおける正当な考え方だと思っているので。

『そんな口答えはどうでもいいから、自作カードを製作しろ。』ですって?『しかも、それをしないのであれば、この部活から、強制追放させる。』ですと?じゃあ、何を模倣すればよいのでしょうか?先輩?
『試しに、フュエルグレイターズをやってみるといい。』ですって?

…わかりました。やってみます。」


(※帰宅後、インターネットで、噂のブツがどんなものなのかを調べ漁る竜司。どうやら、結構簡易的なブツであり、誰でも作れそうなようだ。)

竜司「これが、先輩方が口に出していたブツか。凝って(こって)いるものはそれなりに力を入れているのであろうが、俺は、そこまでガッチガチにはしないからな。あくまで、参考程度に。

…んで?共通してみられるルールとしては、“カードは、角を丸めるとよいが、角ばっていてもかまわない。ただし、サイズは、本物と同じであれ。”そして、“テキスト文章は無くてもよいが、HP(エイチピー)や能力、効果は、最低限でも載せること”ね。
いっちょ、やってみっか…。」


(※翌日。健介は、大学のAO入試の願書を提出し、勉強もやり、やっぱり作成。)

順子「健介くん。貴方、これで5束目(たばめ)よ?どれだけ製作したらいいのかしら?」

健介「まだまだ足りませんよ。

…よし。これで、5束目完成!枚数換算させて、400枚!10束くらいは作って、スペアカードとして、ハーフデッキくらいかな?」
(※ここでの“ハーフデッキ”とは、20枚のことである。)

順子「え?!まだ作るの?!」

健介「…えぇ、はい。」

順子「アンタ、いい加減にしなさいよ!(怒)

AO入試には受かるかどうかすらわからないのに、そんなんでいいの??これ以上やるなら、本当に没収しますから!!今回だけは、大目に見てあげるから。

わかったわね?!(※ガチギレ)」

健介「は、はい…。

(後は、家でのんびりとやっておきますか…。これ以上、面倒になる前に。)」


(※あれから、2週間が経過し、長期休暇に突入。部活動も引退し、健介と竜司は進学先が確定。
そして、ここは、竜司の自宅。愛する彼女である、由梨が遊びに来た。ちなみに、彼女と彼の進学先は同じである。)

由梨「りゅうちゃん♪こっち、む・い・て?  ちゅ♡」
(※りゅうちゃんとは、竜司のこと)

竜司「由梨♡ ちゅ♡」

由梨「今日も今日で、熱心に作ってるねぇ。」

竜司「…よし、パーフェクト!!これで完成!!」

由梨「は、早っ!」

竜司「勉強の合間に、少しずつ作ってたからね。これで、何とかなったぜ。」

由梨「それで?どうするの?そのカードたち。」

竜司「一度、自分の作ったデッキ同士を戦わせてみたいんだ。“テストプレイ”をしたいってわけ。
丁度、雨も降ってきちゃったし。1、2時間くらいで止む(やむ)らしいから、“俺と、付き合ってくれよ”。」

由梨「“だ~め♡”って言ったら?」

竜司「…、こうしちゃう! 
モフモフ!ワシャワシャ!」

由梨「もぉ~♡

私も、やり返すんだから♡」


(※軽く2人でじゃれあった後、手作りカードをプレイ。)

竜司「シールドトリガー発動!『ハイパースパーク』!相手の場の、すべてのモンスターカードをタップさせる!」

由梨「くっ…、ターンエンド。」

竜司「俺のターン。ドロー!」

由梨「(やばい、このままだと負けちゃう。)」

竜司「(なんでこのタイミングで、このカードなんだよ…。全然使えないじゃん。手札の呪文も、使えそうにもない。)

マナをためて、ターンエンド。」

由梨「私のターン。ドロー!

(やったやった!これで、全て決められる!)」

竜司「(あ、出しちまったか…。)」

由梨「マナコストを払って、進化!『精霊の騎士(せいれいのきし) セルリウス』!

これで、竜司は、光のカードしか出せないよ♡
…確か、今の、そのデッキには、光のカードが山札にはないよね?
さぁ!いっくよ~!!」


(※竜司のシールドがすべてはがされて0に。)

由梨「セルリウスで、とっどめ♡」

竜司「負けたぁ~。」

由梨「勝った勝った! 今夜は、りゅうちゃんのおっごり~♪」

竜司「はいよ。セイテリアにでも行こうか。」

由梨「わぁ~い!やったぁ~!」

竜司「テストプレイに付き合ってくれて、ありがとう。良いデータが取れたよ。

それに、由梨には弟がいるから、一緒にプレイをしていて、ゲームのルールを知っていてくれていたから、本当に助かったよ!食事の後は、ケーキでも買おうか。」

由梨「ケーキ! わぁ~い!」


(※おもむろに、外を眺める竜司。雨が上がり、日が射してきた。)

竜司「さぁ、雨もやんだし。 行こっか?」

由梨「うん!行く行く!」


(※一方、その頃。健介は、デッキ、及びスペアカードを作成して以降は、勉強に一辺倒。順子先生に言われたとおり、通学中も食事中も、単語集や一問一答集を肌身離さなかった。)

健介「…あ、“フェイルブック”のダイレクトメールに、何かメッセージが来ている。
どれどれ…?

…あ!竜司からだ!」

竜司『ケン、久しぶり。大学進学、決まったんだろ?俺も決まったさ!
要件なんだけど、いっちょ、カードバトルでもしないか?“手作り”カードでな!お前も、先生にあーだこーだ言われながら作ってたんだろ?俺も、部活動の先輩に、“強制的に”やらされたけどな。(笑)
久しぶりに会うついでに、手合わせをしようってわけだ。一週間以内に回答をくれたら、助かる。よろしくな。』

健介「よし。

『リュウ、久しぶりだな。三日後の土曜日はどうだ?ちょうど、その日は何もないし、翌日も暇。俺の家に来いよ。彼女のいるお前とは違って、独身の生活さ。親も、旅行でどっかに行っちまうから、泊まり込みでも構わないさ。何なら、御前の彼女も連れて来いよ。料理が上手いんだろ?キッチン、使わせてやるよ。
それじゃあ。』」


(※そして、当日。インターホンが鳴り、それに応じる健介。現在、午前8時。)

竜司「来たぜ、久しぶりにな。」

由梨「…あ、ど、どうも。」

健介「よぉ、リュウ。久しぶり。
そして、彼女さんも、ようこそ。ゆっくりしていってくれ。」

由梨「健介さん、初めまして。由梨と言います。よろしくお願いします。」

健介「由梨さん。こちらこそ、よろしくお願いします。」

竜司「中、入っていい?」

健介「あぁ、いいとも!どうぞどうぞ!」


(※カップルの荷をまとめ、早速、遊び始める2人。)

健介「さぁ、やるか!」

竜司「OK♪早速始めよう!」

由梨「はい!私、審判やりま~す!」

竜司「しっかりと、見ていてくれよ!」

由梨「うん!」

健介「おいおい。いきなりいちゃつくのは、ナシだぜ?」

由梨「健介さん、用意はいいですか?」

健介「準備オッケー!いつでもどうぞ!」

由梨「りゅうちゃん♡始めてもいい?」

竜司「いいお♡ゆりたん♡」


健介「お前らー!今から対決するのに、なぁにいちゃついとんじゃー!(怒)
(# ゚Д゚)ムキー!」

由梨「頑張ってね♡ ちゅ♡」

竜司「うん!頑張る! ちゅ♡」


健介「(もう、頭に来た。この試合、絶対に勝って、ギャンギャン泣かせてやる。。

…俺が勝って、あんたらを焼き焦がし(やきこがし)たるわ。)」


由梨「ゴホン。(※軽く咳き込む)

では、健介さんの先行(せんこう)で、試合、開始!」

健介「アイツらを、燃やし尽くせ!俺!」

竜司「燃え尽きてしまうのは、貴方ですよ!」


(※その後、由梨のお手製ランチに舌鼓〈したつづみ〉をうちつつ、健介は、母からのメールを見る。
両親とは別の家で暮らしている健介。旅行に出るということ以外は、何の話も聞いていなかった。)

順子「健介、ごめんね。
母の私は、ダーリンと、三泊四日で、四国の方に行ってきます。行き先のことはまだ伝えてなかったから、このメールで伝えるわね。何か、お土産を買ってくるから、それで許してね。家で友人を呼んで楽しむのは自由だけど、お酒を飲むことや、たばこを吸うなんてことは、絶対にしないでちょうだい。

それじゃあ、楽しんでくるわね。
愛してるよ♡けんちゃん♡」
(※けんちゃんとは、健介の事。)


健介「www」

竜司「ん?どうかしたか?健介。」

由梨「?」

健介「おいw。これ、見てくれよw。」


(※竜司と由梨が、健介のメールを見る。)

竜司・由梨「wwwww」

健介「はぁ…。(※溜息)」

竜司「すまんがワロタw」

由梨「マザコンなの?w」

健介「うっせえわ!お前ら!w

(…結局、俺だけが燃え尽きちまったじゃねぇかよ。

…俺も、早く彼女探さなきゃ…。)」


END

Burn it Down!

訂正情報
・7月19日(金) 権利情報を変更

Burn it Down!

小さい頃によく遊んだものは、大人になってからも、時々、無性に遊びたくなるものだ。 これは、大学受験をいち早く終え、子供の頃に熱中していたゲームに、再び没頭をする、若者たちの物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work