Ciel étoilé

渡逢 遥

ねぇ今どこにいるの わたしここにいるよ
あなたどこにいるの わたしここにいるよ
わたしここにいるよ わたしここにいるよ
あなたのことを思うたびに 思いは想いに遷移して
わたしといたことを反芻するたび この動悸はおさまることを知らない
決してこの動悸は負の情念に拠るものではない
決してこの懸想は貴女を受け入れない行為ではないと信じていたかった
そこはどういうところなのだろう
そこには一体なにがあり誰がいるのだろう
誰かいるのだろうか
わたしひとりだけだろうか
貴女は貴女の名前が嫌いだった
わたしはあなたのすべてを汲みきりたかった
わたしはあなたの柵を粉々に砕きたかった
わたしはあなたとはなしをしたかった
そしてずっとはなれたくなかった
永劫を否定することは劫末のなかに解放的退廃感を見いだすことに近いと思った
わたしは永久を信じたかった
あなたは永久を信じなかった
あなたの文学はやさしくわたしのあたまに語りかけた
わたしの粉末は脆弱性を纏って知らない宙に舞った
逢うことは顔で会話することでも声で会話することでもない
わたしとあなた
それ自体が対峙していることだ
わたしは逢うことができなかった
とは思いたくない
命のない永久の國を信じているから
そしたらあなたの言っていた通り
そしたらあなたの言っていた通り
強く強く強く
強く抱きしめてあげたい
わたしはあなたがつくった別のあなたに奪われた
わたしはあなたのつくった國にいつの日か棲みたい
そしたら甘いものと甘いことばをならべて
たわいもないことをいいあいたい
わたしはわたしになれなかった
あなたはあなたになれたのかな
わたしは喪ったものにふたたび絞められないように
死んだことばを踏み潰さないように
あなたのすべてを感じるように
きょうもあなたのことを想う

Ciel étoilé

Ciel étoilé

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted