ソレとわたし 3

るえかの雨

一緒に逝きたいのに……

 


 その日、ララは風邪をひいて、苦しそうに唸り声をあげていた。

 病院で「そろそろかも知れない。入院しますか」と聞かれた。

 入院したらララの傍にいられなくなるから、と処置をしてもらってから、私はララと家に帰った。

 庭に毛布を敷いてララを寝かせ、私は縁側に布団を敷いて、私たちは向かい合って寝ていた。


 私は布団に包まって、いつものようにソレに懇願した。

「ねぇ、分かってるよ!
 いつもいつもお願いばかりで、ずるいよね。
 都合がよすぎるのはわかってるけど、まだララとお別れしたくない!
 ララを助けて!どうしたらいいの?」

「ララを助けるために、きみは何ができるの?ララのために何ができる?」

 ソレは優しく語りかけてきた。

「私がララのために出来ることなんてない! だから、何にもできなくてオロオロしてソレにお願いしてるんじゃない」

 

 ララは10歳を超えていた。人間で言えば70歳位らしい。だから、今死んでしまっても、老衰の部類に入るらしい。

 でも、そういう私だってもういい年だ。だから、私たちは年寄り同士仲良くやって来た。

 もしかしたら一緒に逝けるかな、なんて思っていたのに。一緒に逝きたいのに……。

「ねぇ、ララが死んじゃうのは仕方がないって思うの。
 だけど、私の身勝手だけど、私の心の準備ができないの。
 だからもう少しでいいから……生きてほしい。

 あのね、私の寿命1年、ララにあげたらどうかな?」

「それが、君の望み?ずいぶん身勝手なんだね。
 自分のためにララに生きてほしいなんて。
 ララは苦しくて、今すぐにでも、楽になりたいかもしれないのに?」

「身勝手だって思う。本当に傲慢だって思う。だけど、もう少しだけでもいいから、ララと一緒にいたい。お願い。私の寿命1年、ララにあげる。
 その間に、私もちゃんと準備するから」

 ソレは、ため息をついて呟いた。

「そうだね。じゃあ、そうしようね。君がそうしたいなら」

 

私はたぶん今年中に逝くだろう。

 



 それからのララは1年といわず、そろそろ3年目の秋を迎えようとしていた。

 これも癌の進行が遅れているせいだろうか。老犬で良かったと、しみじみ思った。

 今年の私は忙しかった。

 私は、今まで書き溜めていた日記やら写真やらを段ボールに詰め込んで、「開封厳禁!」とでかでかと書き殴った。

 ついでにむかし集めた漫画とか、要らない洋服なんかを処分した。

 夫や子供が、引っ越しでもするのか?と笑うくらい、身の回りを片付け始めた。

 だってこの前、ララの背中をなでていて急に思い出したから。

 私がいなくなった後に、昔の日記とか写真とかが出没する事ほど、恥ずかしい事は無い!

 ああいうものは、生きているうちに何とかしなくてはいけない。

 そう、私はたぶん今年中に逝くだろう。


 本当は来年だったけど、ララに1年あげたから。
 1年しかあげていないはずなのに、ララは元気そうで。あれ?私の方が先?という感じだ。

 ソレにはあえて確認しなかった。
 聞いてしまったら、答えをあっさり言われそうで。やっぱり怖い気持ちがあったから。
 思い残すことは無いようにしてきたけど、それでも死ぬのは怖い。痛いのも、苦しいのも嫌だし怖い。

ソレというものと一緒に……

 今夜はお気に入りの香りがしていた。

 向かいにある公園に金木犀の木がずらーっと並んでいて、あの独特の甘い香りが風に乗って、部屋の中にまで入ってきていた。

 私は気分がよくなって、縁側に布団を敷いた。

 カラカラカラとサッシを開けると、ララが暗闇から姿を現し、尻尾をふさふさと振って、縁側に頭を乗せた。

 布団に寝転びながらララの頭を撫でていたら、ララの体がどんどん縁側に乗り出してきて、あれよあれよと、私の隣に潜り込んできた。

「あーララ、布団に入っちゃダメでしょ。甘えて。今夜だけだよ。
 ねぇ、ララ金木犀がいい香りだからねぇ」

 

 布団の中のララは、低温湯たんぽのように暖かった。

 ララは目をつぶって、気持ちよさそうに体をゆだねているし、私も気持ちが良くなって目を閉じた。

「ねぇ、そろそろ、いいかな?」

 ソレは少しだけ遠慮しているみたいな声で話しかけてきた。私は目を閉じたまま

「いいよ」と答えたあと、ちょっと気になって尋ねた。

「ねぇ、ララは一人で大丈夫かな?」

「大丈夫だよ。ララも一緒だから。」

「え?そうなの?ララ、1年どころじゃなかったね。頑張ってくれたんだね」

「そうだね。ララは頑張ってたよ。それにね、人にとっては1年でも犬にとっては数年だからね。だから、丁度良かったんだよ」

「あーそうなんだ。……ララと一緒で嬉しいなぁ。
 私ね、フランダースの犬に憧れてたの。
 あれは、悲しいお話だけど、最後は楽しそうに終わるでしょ。

 私も楽しく終わりたかったから」

 ソレは、本当に最初から最後まで私と一緒にいてくれた。

 どんなことがあっても私の傍にいて、私を見守ってくれた。

 私はララのぬくもりを感じながら、ソレというものと一緒に眠りについた。

ソレとわたし 3

ソレとわたし 3

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 一緒に逝きたいのに……
  2. 私はたぶん今年中に逝くだろう。
  3. ソレというものと一緒に……