Clean War

ヤリクリー

この作品の注意事項です。
米印のあるカッコは、ト書きのため、読まないでください。また、米印のないカッコは、読んでください。

Clean War

〈登場人物〉
男→小野、江村(えむら)、中谷(なかや)
女→真綾(まあや)、奈央(なお)


(※物語は、ネオクリーン株式会社に入ってきた、1本の電話から始まる。)

真綾「(※電話に対し)…えぇ、はい。それに関しましては十分に承知しております。はい。

…しかし、今すぐに変更を申されましても…。」

小野「…ん?どうしたんだね?真綾くん。」

真綾「(…よかった!助かった!)
たった今、社長がお見えになりましたので、お電話を代わりますね。

社長。お得意先の室田工業(むろたこうぎょう)より、お話をしたいとのご連絡が。」

小野「わかった。私が代わろう。

はい、お電話代わりました。小野でございます。」


江村(えむら/※室田工業からの電話の主)「室田工業の江村です。

先日、我が社に新たな掃除機"バルンV(ファイブ)"を提案してもらったと思いますが、それが、ライバル社の幌工業(ほろこうぎょう)が出した、同じく新掃除機"ダストスクリュー"の製造を"明日から始めろ"と脅されておりまして…。」

小野「なるほど…。

(…現在、午後1時。何とかして、幌工業を止めなければ。)」


江村「…実は、小野社長。1つ、幌工業に対して気になることがあるのです。」

小野「はい。なんでしょう?」

江村「実は、ダストスクリュー、"見本品が届いていない"のです。

話があり、設計図は送られたのですが、組み立て済みのものがなく、それへの話もなし。突然、それを組み立てて販売しろと…。」


小野「(怒)」

江村「小野社長…。どうか、お助け舟を。」

小野「…わかりました。 私がなんとかしましょう。
その代わりに、いくつかお願いがあります。①設計図を送ってください。②幌工業からの話をしてくれたやつの名前を教えてくれ。そして、電話番号も。

(…許せん。見本も何もなしにいきなり作れとは。その上、明日から販売を頼むと来た。
…ふざけるのも大概にしろ。そんな易々〈やすやす〉と製造して販売する、甘い世の中じゃねぇぞ…。)」

江村「はい。かしこまりました。まとまり次第、すぐに連絡します。1時間以内には済ませますので、はい。」

小野「無理させて申し訳ございません。貴社を護るためです。お願いします。」


(※電話が終わる)


真綾「…お話、聞いておりました。」

小野「忙しい中、いつも辛い思いをさせて、本当に申し訳ない。」

真綾「いえいえ。これもまた、我が社"ネオクリーン株式会社"の命運をかけてのことですから。私も、1社員としてのことをしているまでです。

それと、幌工業について調べましたが…。」

小野「ん?調べて、どうなった??」

真綾「幌工業。家族及び親族でしか運営していない工業会社。その中を知るのは誰一人としていない。知る機会としては、僅か(わずか)数名の広報担当が外に出ている際に声をかけるだけ。しかし、ほぼ質問には答えない。
販売も手がけるが、常に手荒な手段をとり、いろんな企業を泣かせ、倒産させたところも数知れず。

社長、…中谷宇吉郎(なかやうきちろう)」


小野「…アイツ!」

真綾「あなた…。」


(※電話が鳴る。江村からだ。)

江村「はい。室田工業の江村と申します。」

小野「江村さん、お疲れ様です。小野です。」


江村「担当者や電話番号がまとまりました!

担当者の名前は、"優羅啓示(ゆらけいじ)"で、新人と思しき(おぼしき)若い男性の"波川翼(なみかわたすけ)"と一緒でした。

電話番号は、…。(※電話番号が次々と伝えられる)」

小野「はい。ありがとうございます。

もしかすると、そちらにお伺いをするかもしれませんが、よろしいでしょうか?」

江村「えぇ!喜んで!我が社を救っていただけるのであれば!」

小野「ありがとうございます!

後ほど、連絡しますので。」

江村「お願いします。小野社長。貴方にかかっているのです…。」


(※電話が終わる)

(※幌工業〈ほろこうぎょう〉に電話をする小野。怒り心頭だ。)

奈央(なお/※幌工業の受付オペレータ)「お電話ありがとうございます。幌工業、お客様相談室でございます。」

小野「ネオクリーン株式会社、代表取締役社長の、小野智之(おのともゆき)だ。

要件だけ伝える。あんたんところの、優羅啓示(ゆらけいじ)ってやつとお話がしたい。それか、あんたのところのヘッドと話がしたい。
"今すぐに"な!」

奈央「…は、はい。かしこまりました。お電話をつなげますので、少々お待ちください。」


(※暫くして、電話が代わる。)

奈央「お待たせしました、小野様。お電話、代わります。」


中谷宇吉郎(なかやうきちろう/※以降、中谷)「幌工業の、中谷だ。」

小野「…おい、中谷(なかや)!…いや、幌工業の代表取締役社長さんよ。お前、見本品も送らずに、ダストスクリューとやらを紹介して、いきなり室田工業(むろたこうぎょう)で製作しろ、って言ったそうだな。

しかも、突然の話で、"明日販売"と来たもんだ。今は午後3時30分。お前、モノづくりをどうだと思ってんだよ???(怒)」

中谷「私は、私のやりたいようにするだけさ。強引に行くのは当たり前。扱ってくれないなら、力づくでもやるまでですよ。

メーカーの方が、権力は上ですからねぇ~。」

小野「中谷…。(※イライラ)」

中谷「プロトタイプを室田工業に送ってないと?

それが、我が社のルールです。どんなものなのかは、我々はお見せしません。実際に作って頂くことで、我々も知ることになりますから。」


小野「お前…。

それでもモノづくりに携わる身か!!そんなんなら、お前の会社にモノづくりをする資格などない!突然のねじ伏せも、人としてどうかしてるぞ!!」

中谷「…あのねぇ、小野く…」

小野「貴様にはモノづくりをする権利などねェ!!(※食い気味に)

…いいか、よく聞け。お前のところの圧力で、幾つもの企業が悲鳴をあげている。消えたものもいる。

詳しいことは、室田工業で話をしよう。

…今から、30分後にな。

逃げたら、こっちもこっちで、全力であんたらを叩き潰す。当然、秘書も同行だからな。あんたの所も、同じくな。」

中谷「…はいはい、分かりましたよ。ブラボーブラボー。君の演技には、毎度毎度驚かされますねぇ~。

空けておきますから。私はいますから。」


(※室田工業に到着。秘書も同行。)

江村「小野さん…!」

小野「江村さん。呼び寄せましたよ。元凶をね。」


中谷「やぁやぁ。
…どうも、え・む・ら・さん♪
(※不気味な笑み)」

奈央「…ど、どうも。」

真綾「(え?!な、奈央ちゃん?!なんでここに?!)」

奈央「(…あ、まやちゃんだ。結構いい所に就職してたんだ。)」


小野「おい、中谷!なんでさっきの電話対応の奴がそこにいる?!」

中谷「…言うのが遅くなりましたね。彼女、私の秘書です。

今回は、受付担当者が少なかったものでして、お手伝いをさせてました。」

小野「(お前、バカだろ?秘書をそんな扱いさせるなんて、頭イかれてるぞ…。)」

真綾「(最っ低! 奈央ちゃんにそんな事させるなんて、信じらんない。

何が社長よ、あのハゲジジイ。)」

小野「ゴホン(※軽く咳き込む)。話を本題に移す。

あんたらの強引な契約のせいで、室田工業の、ここにいる、江村氏が、…いや、全従業員が苦しんでいる。まともな説明や見本イメージを用意せず、作図だけを用意して、直ぐに作らせようとした。」

中谷「何度も言ってるじゃないか。」

江村「中谷、さん?」(※後ろに、何かオーラが出ている)

中谷「はい。なんでしょう?(※ニコニコ)」


江村「あんたのところの商品、一切作りませんからね!

何が設計図だけ渡すから後はよろしく、だ。モノづくりを舐めるんじゃねぇ!!こっちも、あんたのためだけに時間を割いてんじゃねぇんだよ!それがしたいなら、自前で工場を持つなり対策できるだろ?!」

中谷「あの、…」


(※突然中谷の胸ぐらを掴む、江村。怒りがピークに。)

江村「あんたんとこは!あんたんとこは単なる企業つぶしのトラブルメーカーに過ぎん!! わしゃ知っておる!あんたのせいで無理して作り、赤字で潰れた企業。ゴマンと知っとるわ!

"モノづくりはな、そんな1日や1週間で出来るものではな~い!!"試作品を実際につくり、何度も何度も調整しては作り直す。CG(シージー)っていうハイテクなもんもあるそうだが、あんたんところは、CGに一辺倒なんじゃ!

モノづくりにおいてはな、CGというものも駆使しつつ、実際に作成してこそ意味があるんじゃ。売れるということは、大ヒットするということとイコールではない!」

中谷「…。…何言ってるんでしょうね?このお爺さん。私にはよく分かりませんねぇ。フハハ。」


奈央「…おじいちゃん。」

江村「なんじゃ?奈央よ。」

中谷「お、おじいちゃん?!」

(※小野・真綾の2人は、頷く〈うなづく〉)

奈央「…おじいちゃん、ごめん。勝手に、変な企業で、こんなことをさせられて。

あの時、勝手に家出した自分が悪いんだ。工業が嫌で嫌で逃げて、拾ってもらった人が、まさかのブラック企業の社長だった…。」

真綾「奈央…。」

奈央「まやちゃんも、ごめん。自分勝手のせいで、こんなことになっちゃって。」

(※真綾は、奈央にビンタを1発浴びせる。奈央は、無抵抗に喰らう。)

真綾「自分勝手もいいけどねぇ、あんたの、そのハゲジジイ(※中谷)のせいで、どこもかしこも狂ってしまったのよ!

本当は、もっとなぐりたいけど、これ以上やると面倒になるから、ここまでにするわ。

あんたら2人のやった功罪(こうざい)は、そうやすやすと消える物じゃない。江村おじさんの傷だって、一生癒え(いっしょういえ)やしない。償うなら、今、この瞬間から、永遠にね。」

(※真綾が、奈央に向かって、2発のビンタを食らわせる。)

真綾「この2発は、江村おじさんの怒り。いいね?」

奈央「は、はひ…。」

(※立て続けに、2発ビンタ。)

真綾「これは、私の企業への怒り。いいね?」

奈央「…は、はひ…。」

(※とどめに、小野が中谷に靴でローブロー。)

小野「…んで、中谷。これは、俺が社長としての怒りと、あんたが社長として罪を犯した分の恥ずかしさ・惨めさ(みじめさ)。いいね?」

中谷「は、はひ~!」(※涙を流しながら…)


小野「これで、ダストスクリューの件は、無し。ついでに、幌工業の信用はZERO。

…せいぜい、顧みる(かえりみる)ことだな。あんたらの功罪の全てを。」


(※その後、中谷と奈央は威力業務妨害及び、営業妨害等の複数の罪で逮捕、起訴。2人は離婚予定だそうだが、完全に離婚するまでは、到底時間がかかりそうだ。)


(※その後、ネオクリーン社のバルンV〈ファイブ〉が室田工業で製作され、発売。40万本を売り上げる、ヒット商品に。)

真綾「社長。…いえ、貴方、お疲れ様でした。」

小野「あぁ、ありがとう。真綾。君のおかげもあり、解決できたよ。

さらに、バルンV(ファイブ)も順調に売れていて安心安心。まだまだ、我々はモノづくりをしなければならない。例え、それが社長でもな!」

真綾「えぇ。その通りです。」

小野「お前も、何かアイデアがあれば、言っていいからな。秘書も、一社員。声を上げる権利はある。」

真綾「はい!私も、ネオクリーン株式会社の一員として、これからも頑張ります!」

END

Clean War

訂正情報
・7月19日(金) 権利情報を変更

Clean War

モノづくりには、たくさんの人の思いが詰まっている。案の製作者、それの具現化に努めるモノ。パーツ提供をしてくれるモノたち。勿論、モノづくりの企業のトップも言わずもがな。 …だが、ごく一部のヤツのせいで、酷い目に合わされているモノも居るようで。

  • 小説
  • 短編
  • 青年向け
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work