あと、もう少しだから……

海獅子(マーライオン)

あと、もう少しだから……

この作品は、マグネットの企画に投稿した物ですが。
余りのアクセス数の無さに、見切りを付けて星空に投稿し直した物です。
(星空よりも酷いアクセス数に、結局、マグネット自体を辞めてしまいましたが)

星空に投稿する作品としては、前作と内容がモロ被りしてしましますが。
どうか御容赦くださいm(_ _)m


 春も深まった、5月のある日の夜。



(ガサゴソ、ガサゴソ)

「あれ〜、無いなぁ〜」



 私は自分の部屋で、机に座り。
引き出しを開けて、捜し物を探していた。



「無いな〜、ん?」

(ゴソッ)

「へえ〜、懐かしいなぁ」



 机の引き出しを全部開け、引き出しの奥を探っている内に。
何気なく出てきた物を見て、思わず声を出した。


 **********


(コンコンコン)

「イイよぉ〜」



 机から出てきた物を持って、私はある部屋へと向かう。

 そして、ドアをノックしたら、丁度いたらしく中から声がした。



(ガチャッ)

「あれ?
姉さん、どうしたの?」



 ドアを開け中に入ると、部屋の中には人が座っていた。

 中に居たのは、男の子で。
目が(わず)かに垂れたのが特徴の、整った顔立ちの男の子で。
そんな子が、ベッドに背を(もた)れながら、本を見ていた。

 ドアを開けた途端、私を見た男の子が。
私を見て、そう言う。



(よう)ちゃん、何かしていた?」

「ううん、ただ本見ていただけだから。
どうしたの?」

「さっきね、捜し物をしていたら。
机の引き出しから、これが出てきたの」

「あっ、それヒョットして」

「そっ、万華鏡。
それも、あの時のね」



 私が男の子に、持ってきた物を見せたら。
それを見た男の子が尋ねてきたので、そう答えた。



   ・
   ・
   ・



 男の子の名前は、陽太(ようた)くん。
私の弟である。

 弟と言っても、血の繋がりは無く。
義理の姉弟であるが。

 あれは、私が小学三年生、彼が小学一年生の頃。
私は母から、“あなたに合わせたい人が居るの”と言われて。
初めて、後の父親となる人と会う事になった。

 その時見た相手の感想は、良い人そうで。
“やっと、お母さんも幸せになれるんだな”と思ったけど。
特に、それ以上の感情は湧かなかった。

 しかし、一緒に来ていた、相手の息子と言う子を見た時。
私は衝撃を受けてしまった。

 なぜなら、昔から、弟が欲しかった私は。
目の前の子が、私の好みに“ド真ん中ストレート”で有ったからだ。

 そして、それ以降、私は彼に心を奪われ続けていたのであった。



 ・・・



 初めて会ってから(しばら)くして、両親の結婚を機に。
私達親子は、父親となる人の家へと引っ越す事になった。

 肝心の陽太くんはと言えば、私の母とはギコチ無いとは言え、何とか会話をしていたが。
私とは距離を置いて、ナカナカ近付こうとはしなかった。

 だが、決して嫌われていた訳ではなく。
興味はあるが、話すキッカケが無いので。
恥ずかしがり屋の彼は、どうしたら良いのか分からない様だ。

 だから私は、まるでシャイな子犬に近付くが如く。
少しずつ距離を縮めていった、そんなある日の事。



「あれ、それヒョットして万華鏡?」

(コクリ)



 ようやく、間近にまで近付いた頃。
陽太くんが床に座り、何かを(のぞ)き込んでいたのを見た私が。
意を決して尋ねてみる。

 どんな反応をするか、不安になっていたが。
思ったより素直に、反応してくれた。



「……おねぇちゃ……」

「ん? どうしたの」

「……おねぇちゃんも、みていいよぉ……」



 続けて彼が、小さな声で何かを言った様なので。
聞き返したら、陽太くんがそう言いながら、手に持っていた物を私に差し出した。



「“おねえちゃん”って、言ってくれたの?」

(コクリ)



 意外な彼の行動に、私が再び尋ねると。
陽太くんが、恥ずかしそうに(うなず)いてくれる。



「陽太くん、ありがとう〜」



 そんな彼の返事が嬉しくて、思わず感謝の言葉を言えば。
言われた本人は、耳まで赤くして(うつむ)いてしまった。

 それ以降、陽太くんは私と話がしたい時は、その万華鏡を持ってきて。
そんな彼の意図(いと)(さっ)した私が、万華鏡を話題にして、陽太くんと話をするようになった。

 そうやって段々と、打ち解けて行き。
その内に、万華鏡なしでも私と話が出来るようになったのである。



   ・
   ・
   ・



 この万華鏡は、仲良くするキッカケが無かった。
私たち姉弟をキッカケを与えてくれた、思い出の品である。



「へぇ〜、まだ有ったんだ〜」



 陽ちゃんがそう言いながら、近くに座った私から万華鏡を受け取った。



「おっ、まだ見られるね」



 陽ちゃんが、万華鏡を回して中を覗いている。
まだ使える事に驚きながらも、昔の様に嬉々(きき)として万華鏡を見ていた。
 
 まるで子供の様にハシャグ、彼を見た私は。
何だか、とても可愛く思えてしまい。



(そ~っ)



 自然と陽ちゃんへと、手が伸び。
そして、彼の頬を両手で包み込む。

 一方の陽ちゃんも、私の行為を受け。
持っていた万華鏡を脇に置き、私の()すがままになっていた。



「「……」」



 私は彼の間近に、身を(にじ)(よらせ)されると。
陽ちゃんの唇に、自分の唇を重ねた……。


 **********


 私は、初めて陽ちゃんを見た時から、心を奪われていて。
ハッキリ言えば、彼の事を愛してしまっていた。

 かと言って、陽ちゃんと姉弟になった事を、不運には思わない。
なぜなら、彼の事を、姉弟として深く深く(・・・・)愛すれば良いのだから。

 とは言え、イキナリ突拍子(とっぴょうし)もない事をすれば。
陽ちゃんが姉弟関係に(こだわ)っていた場合、最悪、仲が壊れる可能性も有る為。
長期間かけて、徐々に慣らしていった。

 最初は時折、ホッペタにキスをする事から始め。
次第に回数、頻度を増やしていき。
それもホッペタだけでは無く、額から鼻の頭など顔中をキスして。
そして、彼が小学五年生になった頃、ファーストキスを奪ったのである♡

 ファーストキスを奪われた時、陽ちゃんは予想外の事に驚いたが。
そうかと言って()()ける様な事はせず、私の成すがままになっていた。

 最も、体だけでは無く、精神的にも慣らしていたのもあったのだが。



「はぁ……」



 唇を触れた状態から、更に深いキスに移行して、しばらくした後。
ユックリと離れると、キスをされた陽ちゃんが、ボンヤリとしたまま溜息を()いた。

 陽ちゃんのファーストキスを奪った後も、ただ唇を触れるだけで無く。
次第に、恋人同士でする様な、濃厚なキスをするようになるが。
しかし、それでも彼は、全て受け入れてくれた。



「おねえちゃ〜ん……」

(ゾクゾクゾク)

(ガバッ!)

「んんん〜」



 陽ちゃんが、焦点の合わない瞳で見ながら、私を呼ぶ。
中学に入ってからは、私の事を“姉さん”と呼ぶようになったけど。
私が可愛がっている時などは、本心が出るからだろうか、昔のように“お姉ちゃん”と呼んでくれる。

 そんな彼を見て、体が震えるほど可愛く思えた私が。
激情のまま、陽ちゃんを胸に抱き締め。
私の胸に、顔を(うず)める形になった陽ちゃんが。
呻き声を出しながらも、私を抱き返している。 



(なで……、なで……)

「……はぁ……」



 続いて、陽ちゃんを抱き締めたまま、背中を擦ってやると。
彼が、気持ち良さそうな溜息を、再び()

 この様に私は、肉体的に慣らすだけで無く。
精神的にも、陽ちゃんを可愛がったり甘やかしたりして。
慣らすと言うよりも、私に依存する様に仕向けてきた。

 その甲斐あって、彼も私に執着するシスコンになっており。
だから、エスカレートする私の行為も、受け入れていたのである。

 唯一心配だったのが、反抗期の事だけであったが。
予想していた様な、険悪な関係にはならず。
それよりも、第二次性徴を迎えてからは、私の人より大きめな胸や、細い腰、丸いお尻に興味を持つ様になったみたいだ。

 私は、その事に対しては、嫌悪感は微塵(みじん)も持たず。
むしろ逆に、それを心から歓迎していた。
なぜなら私は、最終的に“身も心も陽ちゃんと一つになる”のが、目的であるからだ。

 だから、これらの事を、長期的に執念を持って行っていたのである。

 その目的の為なら、どんな障害だって私は排除する。

 陽ちゃんが、高校に入り早ひと月になるが。
彼は、身内の欲目を除いても、とても可愛い男の子である。

 すると当然、彼を狙う(泥棒猫)も出てくるけど。
そんな(泥棒猫)たちを、私は(ことごと)く潰してきた。

 その為、どうやら影では、私の悪評が広がっている様だが。
私には、陽ちゃんだけ居れば良いから、問題は無い。



「(あと、もう少し。
あと、もう少しだから……)」

(なで……、なで……)



 私は、目的に近付いて居る事に、満足しながら。
その日の事を夢見つつ。
私の胸で、甘えている陽ちゃんを、可愛がっていたのであった。

あと、もう少しだから……

あと、もう少しだから……

弟に密かな思いを持っている姉が。 ある日、引き出しから思い出の万華鏡を見つけ。 それを弟の部屋と持って行くと、その万華鏡をキッカケにして。 弟を相手に、妖しい行為を行う物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC