獣頭症の治しかた

Uさん

私は、私が勝手に決めた「基準」をものさしに生きてきた。そして「基準」から外れたもの全てを否定し、己が正しいと傲慢な態度で人に接してきた。
私は、私が否定し続けた「基準」がいかに脆く愚かで馬鹿馬鹿しいものか、ようやく理解したのは高校卒業後で、本当の意味で理解したのはたった今だ。

「さくらば、桜庭。手が震えてる。お前けがするぞ」

バイト先から帰る夜道、桜庭が立っていた。何年会わなくても私にはそれが桜庭だとわかった。
桜庭は、黒い刃のサバイバルナイフを私に向けていた。ひどく震える手は今にもナイフを取り落としそうだ。
それでも暗い目はギラギラと尋常ではない光を放っていて、相当の覚悟でこの場にいることが伝わってくる。
薄暗い通りを所々照らす街灯がスポットライトのように桜庭だけを照らす。左耳が見えた。頭の上についている三角の耳、左耳が上三センチほど欠けている。
無意識に思い出さないようにしていた記憶が生々しくよみがえってきた。

桜庭は獣頭症だった。
獣頭症は、ある日突然首から上が人間以外の動物に変わってしまうという奇病である。近年発症が相次いで見つかっているがまだ解明されておらず治療法もない。十分な睡眠と適度な運動、バランスの取れた食事というただの健康法しか今のところ予防策はない言われている。
桜庭は私と同級生で、割と仲が良かった。ある日、獣頭症になった桜庭は私の「基準」から外れた。今ならばどれほど桜庭が傷ついたか想像ができるのだが、幼く無知で愚かな私は桜庭の耳を切り取った。

耳なんて必要ないと思った。
桜庭は頭を抑え、流れ出る血は赤かった。それでも、私はその突然生えた奇妙な耳なんぞに神経など通っているはずもないと思い込んでいた。

「なんとか許そうとしたんだ。く、くる、苦しかったから。俺が。憎み続けるのは疲れるから。……でも許せなかった…ゆるせない。押さえつけられて削ぎ落とされたあの痛みがお前なんかにわかるはずもない」

中学生だった私が起こした事件はマスメディアで取り上げられ、獣頭症が広く知られるきっかけになった。
私は転校を余儀なくされ、精神治療を受けて名を変えた。
名ばかりの反省をしてその実、無意識に思い出さないように過ごしてきた私。苦しんで苦しみながらこの場来て、尚も苦しんでいる桜庭。私はどうするべきかわからなかった。言葉も出てこない。

「…知ってるか。獣頭症は治す方法があるんだ」

桜庭はナイフを変わらずこちらに突きつけて言う。

「獣頭症になれば全て、わかる。教えてもらわなくても理解できるんだ。なぜ自分が獣頭症になったのか。どうやって獣頭症になるのか」

気づけば桜庭の手の震えは止まっていた。

「移せばいいんだ。こいつに移すと決めて、呪えばいい」

みるみる間に桜庭は人間の顔になっていった。私の記憶にある獣頭症になる前の面影があった。地面にうつる私のシルエットは頭から何かが生えていた。自分の顔を触ると長い毛が指の隙間からはみ出た。

「●●●」

しゃがみ込む私に、桜庭は名前を変える前の私の名前で呼んだ。
そうして私の右耳にサバイバルナイフを当てて刃を引こうとしたが、ふと力を抜いた。

「●●●、俺はすごく痛かった。耳切られて痛かったよ。お前も同じ目に合わせてやろうと思ったけど…なんというか……もうどうでもいいな」

サバイバルナイフを捨てて呟いた。

「こんなどうでもいいことに…どうでもいいやつに俺は人生を費やしたんだな」

遠くなっていく桜庭の背を見ながら私は理解した。教えられなくてもわかる。獣頭症を移して治った人間は数日と生きられない。削られた桜庭の命を眺めて私はどうしようもない救いようのない私の人生を思った。

サバイバルナイフが落ちている。

獣頭症の治しかた

獣頭症の治しかた

私はどうしようもない救いようのない私の人生を思った。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted