To late father

雲海 至

To late father

私は道化師(ピエロ) あなたは希望(のぞみ) 全ては(ちゃばん) 世界は(まぼろし)
生きてきた この世が あなたの語らい(すべて)か
ならば私は その語らい(すべて)に 演じ(こたえ)よう

笑うが良い傍観者(きゃくじん)よ 笑うが良い拒絶者(みなさま)
これが自らの道 これが私の演技(ゆうき)

大きな流れに背を向けた道化師(ピエロ) 小さな流れに揺らぐ希望(のぞみ)
何に託して 何を期待するのか その(ゆめ)絶対(ひつよう)なのか
あなたの震え(こえ)に 私は痛む(しる)
救いなどないが 求めるのは生きて行く者の抗い(じゆう)なら

叫ばずにはいられない だけど私は道化師(ピエロ)
笑えば良い傍観者(きゃくじん)よ 笑えば良い拒絶者(みなさま)
この世に生まれた (しんじつ)とは正気(たしか)
狂って(まどわされて)いるのは どちらが正しい(まちがい)かなのか

ならば希望(のぞみ)よ 私は語らい《すべて》に対し
ただ笑われるためだけの 道化師(ピエロ)以外の何者でもない
そして あなたは その抗い(じゆう)に対し
ただ笑われていた 自分も道化師(ピエロ)に気付き

許せることもできず ただ悔しさだけが募り
涙さえ受け入れず(こばみ) 最期(いっしゅん)に目にしたものは
あなたは希望(のぞみ) 常に(いつも)希望(のぞみ)

だから私は道化師(ピエロ)となり あなたは永遠(とわ)希望(のぞみ)となれ
望んだ形ではなくも 私は その語らい(すべて)に演じ(こたえ)てみせよう
それでも笑えるか 傍観者(おきゃくじん) 笑え拒絶者(みなさま)
そこにあるのは あなた そこにあるのは希望(のぞみ)

To late father

To late father

そのままの意味です。読み方を敢えて逆にしたりしてるのでルビ込みで、その時に感じたままを吐き出しました。この意味を、どう捉えられるのか。どうなったのか。それは目に留めてもらった方々に委ねます。とても不器用な人でした。でも周りに虚勢を張って、振り回されて、猜疑心にとらわれた人でした。ただ言えるのは、憎めたら楽だったのに憎むことができなかった。それは奥底の底の、その人の優しさを見つけてしまってたから。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted