夢の人

音澤 煙管 作

夢の人

その影は追いかけなかった…


目覚めたばかりの頭ん中は
夢の続きを思い出す、

身体だけ現実に
意識は朦朧現実逃避、

夢の中で出逢った人
誰もが笑顔で語りかけ、

そのまま眠り続けたい
現実には無い光景、

その中でただ一人
現実と変わらぬ人が居た、

笑顔は見せずにつっけんどん
顎を突き上げ上から目線で、

笑うは苦笑いの時
人を小馬鹿しネタに話す、

自らが一番偉い人
自分が一番強い人、

不快というより不思議な人
話も終わり別れ際、

気が緩んで疲れたのか
最後に笑って涙した、

本当の自分を最後の最後に
ぼくだけに曝け出し、

背中を向けて消え去った
陽が落ちた影が長かった、

所分からず何処の誰?
夢だからこそ見えた人、

またくだらない一日が始まる前
夕陽の背中と笑顔の涙、

また逢えるかな?

やがて目が覚め現実に、
夢の記憶は薄れていった…

夢の人

夢の人

現実ではないから、夢なんだ…

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-04-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted