女子アナなつみの2度目のプロポーズ

龍太郎 作

  1. 出逢い
  2. 挑戦

出逢い

織田俊平。株式会社モンダ自動車工場での派遣契約が終わりその後の更新を打ち切られた。そして、正社員で働く女性にプロポーズしたが断られ北九州の土地を離れて東京へと行く決心をした。松田なつみは福岡県民放送局の女性リポーターである。俗に言う女子アナである。彼女は東京へ異動になった。
福岡空港ロビー。出発の時間までなつみは喫茶店で時間を潰すことにした。4人掛けのテーブルにひとり座っている男性に声をかけ席を空けてもらった。なつみはジェイルービンの「村上春樹と私」と言う本を取り出した。アメリカの日本文学翻訳家で村上春樹の翻訳もこなし芥川龍之介や夏目漱石の翻訳でも有名な存在である。目次に目をやりページをめくろうとするが集中出来ない。なつみは目の前の男性が気になるのだ。ちょっとイケメン風で流行の眼鏡らしきものを掛けてるがメガネ量販店の大安売りで3千円のフレームかもしれない。髪型はサラッとした感触の雰囲気があり顔立ちはなつみの採点では80点の男である。服装もそんなに高級ではない。こないだテレビで身体にまとう服の値段が150万の男性より洒落たイメージである。なんとなく、ロールキャベツ男子。見た目は草食系で中身は肉食系だ。松田なつみはこの日のファッションはリクルートスーツだ。他人のファッションにああだこうだ言う資格はなかった。男性は窓の外をさっきから眺めている。それにしても、今の男性のイメージは疲れた雰囲気である。すると男性が声を掛けてきた。「時間潰しですか」なつみは意外にも低音の声に内心ハッとした。男は言葉を続けた。
「どちらまで」
「ハイ、東京まで転勤です」
「キャリアウーマン」
「いえいえ女性キャスターです」
「あっ、福岡県民テレビの」
「知ってるのですか」
先程まで暗い感じの表情から急に活気のある表情に変わった。そして、ドスの効いた低い 声で失恋しちゃってと、気分が真っ逆さまに落ちるようなテンションでなつみは意外な雰囲気の男に興味を抱くのである。
「私は、こないだプローポーズを断ってきました」
2人は同時に大きな笑い声を飛ばした。

頂点

あいにく2人は別々の飛行機である。なつみは誘われる事もなく一期一会の出逢いであった。なつみは地方のキャスターではあるが割とファンもいた。それなりの女子アナの位置にいる。しかしもう27歳婚期が遅れている。プロポーズされたのは棒プロ野球選手であった。初めての出逢いで食事に誘われた。たしかにプロ野球選手としてはそれなりに活躍してる分類に入るだろう。野球選手じゃなくても社内にはそれなりの地位にいる人物もいる。仕事柄色々な人達に会う。しかし彼らにどうも魅力を感じないのだ。旅立つ前に親友の尼崎幸子33歳独身と居酒屋に行き。その件につきあれやこれやと疑問を先輩にぶつけてみた。
「何というかな、私の周りにいるそれなりに登りつめた人達は例えばプロ野球なら高校や大学、社会人になりドラフトされ高額な契約金をいただくがたしかにこれからが勝負かも知れないがその位置が頂点なのである。これからその頂点をいかに維持するかが仕事である。高学歴の男性が一流企業に入社するこの時が彼の頂点である。本来、女性は登りつめた男性には魅力を感じないのか何かしら炎を感じないのだ。もしかしたら古い時代に生まれた女性の本能に似た感覚であるとはわかってはいるが。そう恋愛ドラマや映画に憧れるのはたしかに登りつめた男性ではないこれからの男性が主人公である。幸子はこう言った。
「だから私達これまで婚期を延ばしたのね」
なつみは先程の男性が脳裏に浮かんだ。彼はどちらのタイプだろうか。カジュアルな服装に身を包んでいたが平日はネクタイしてバリバリのキャリア積んでて仕事している人なのか飛行機は羽田についた。

東京

織田俊平は羽田空港に着いた。時計を見るとお昼の13時である。その足でモノレールを乗り継ぎ新橋へ山手線に乗り換え渋谷駅に。急にお腹が空いてきたので売店で求人誌を買ってトンカツ屋の店に入る。福岡にいた頃一度は食べてみたい定食屋である。求人誌を片手に渋谷で職探し田舎者の行動である。俊平は30歳まだ仕事を探すには適齢期である。彼は久留米の工業高校を卒業したが就職はせず人材派遣会社を転々としてきた。モンダ自動車工場には同級生も多数転がりこんでいる。正社員の同僚の女性に派遣の契約が切れた翌日にプロポーズしたが彼女には風来坊は結婚相手には論外の存在だったのだ。
財布の中には五万円が入っている。銀行の通帳残高には三百万。ますは就職先を決めてから住居を探す事にした。当分の生活費はあるが早く就職しないと貯金も底をついてしまう。とりあえずアルバイトでも探すかと求人誌をめくる。飛び込んできたのはやはり製造業である。しかし工場は東京の中心から離れた郊外にある。俊平は埼玉県の所沢市に向かう。

キャラ

なつみはフジテレビに向かった。なつみの担当プロデューサー上尾勝45歳。なつみは上尾のスケベそうな顔に内心ハッとした。待ち合わせで出逢った男性とは対照的で高音の声を出し???ちゃんと呼んでくる。 しかし女子アナに強いプロデューサーである。なつみのモットーは運と縁を大事にする事。そして恋愛は気にある相手は好きになってしまう、なつみの脳裏に朝の男性の姿があるが俊平は大学も出てないし派遣の身で現在職を探しているとは夢にも思ってなかった。なつみは本社に赴任になった経緯は今ひとつ理解出来ないでいる。もう27歳と言うピチピチの女性ではないのだ。思い当たるのは去年の正月特番での出来事であった。穏やかな印象を受けるなつみの天然ボケか嫌なつみはぶりっ子である。福岡ではぶりっ子笑顔を連発。特番ではぶりっ子キャラなつみ集として放送された。ローカル出身が東京に出てきたのである。何かプロデューサーの目にとまったのであろう。

落とし物

なつみは上尾プロデューサーから1週間後に配属先を伝える意向を示されて。なつみを抜擢した経緯について一言添えた。
「君の天然キャラ。ぶりっ子で行く」
なつみはぶりっ子キャラに唖然とした。ローカル局から本社への抜擢でぶりっ子キャラとは内心はニュースキャスターと言う地位が頭の中にチラホラしていただけにちょっとはにかんでみた。夕食はプロデューサーがご馳走するそうである。なつみのマンションは渋谷に用意されていて、近場のトンカツ屋に決まった。さすがに夕食はご馳走と言うことで美味しいトンカツである。食事の前にお手洗いに伺う。ハンドバックの中からハンカチが顔を出した。なつみは何と思ったが記憶がよみがえった。朝、空港で出逢った男性の物である。テーブルに置いてあったコップの水を床にこぼしてしまい男性はバックから咄嗟にハンカチを出し吹いてあげたのである。なつみは汚れているからとそのハンカチを受け取りビニールに入れてバックにしまい込む。そのハンカチを取り出すと下の方に何か文字が書いてある。
「落し物の主の電話番号 09098???」」

挑戦

織田俊平は昨日の出来事を思い浮かべていた。まさか、あのハンカチを使うチャンスがやって来るとは、真司からの忠告が当たったのだ。真司はある雑誌の記事にハンカチに落し物の主と携帯の電話番号を糸で書いていつも持っときなとアドバイスしたのだ。ていうか雑誌に書いてある通りに俊平に試したのが本音である。昨晩は渋谷のカプセルホテルに泊まった。埼玉にある工場でアルバイトするのを思い直す。いつまでも非正規労働者やっててもしょうがない2度目のプロポーズも断られるのが想像出来る。俊平は製造業でいくかどうか悩み出した。モンダ自動車工場の上司が製造業は入社してからが勝負だと言ってた。現場上がりは強い自分を作る。時には大卒のエリートを超える事もある。それに出世すれば自分で下請けや協力会社を立ち上げるのも叶う夢だ。
俊平は機械が好きである。工業高校も機械科を卒業。それにまだ30歳である。工場を狙うには適齢期である。
1週間が経ち。なつみは上尾プロデューサーに呼ばれた。
「ぶりっ子お天気キャスターに決まりだ」
なつみは気象予報士の資格を持っていた。しかし、ぶりっ子が余分である。そういや熊本のテレビ局には筋肉モリモリのアナウンサーがいてムキムキお天気キャスターとして人気を得ているらしい。ぶりっ子の元祖はデビュー当時の松田聖子である。自分で言うのも何だがたしかに自分はぶりっ子だと思っている。又、天然ボケだけにぶりっ子を卒業する事は出来ない。本能である。なつみの個性でもある。

やる気

俊平は最近自分が変化している事に気が付き始めた。そうだあの日福岡空港であの女性に出逢ってからだ。しかしあの時天下の女子アナである。そう簡単に誘いに乗るはずはないし自分は非正規労働者の首切りにあってるどん底の男である。俊平はあらぬ事が頭に浮かぶ。もしもあの女子アナと付き合うならどうするか。女子アナが非正規労働者と結婚したなんて話は聞いた事がない。たしか電通とかの一流企業やらプロ野球選手である。あのハンカチなんか何も期待してはいない。たまたまの偶然である。いつか見た映画。幸せの力。たしか学歴も何もないのにエリートを超えて営業の売り上げをナンバー1にした男の物語である。そこまで頭をよぎるが次の瞬間に現実が待っている。学歴は高卒の人生のシナリオは非正規労働者の解雇問題から暴露された。悲惨な運命を辿った男達のなんと多かった事だろう。俊平は中学時代から周りのみんなを楽しませる笑わせるのが得意で将来は漫才師になると思っていた同級生も多かった。

なつみは上尾プロデューサーの提案に少し疑問をいだいた。バラエティー志望でもあるまいし私はアナウンサーなのだ芸人ではない。ましてや真面目な報道に対してぶりっ子とはよく言ったものである。なつみは翌日上尾プロデューサーの提案を断った。なつみの1週間のスケジュールの手帳は空白である。そんな折なつみの肩を叩いたのは、ディレクターの小牧勉35歳。電車で帰る道が一緒なので一杯飲みに連れて行ってくれた。
「上尾プロデューサーは最近有頂天になってる。本社に手腕を認められてから変わった。自分の思い通りにしようとしている。ぶりっ子の件は我々の間ではまたかとため息を漏らしている。これは内緒だがある女子アナに脱げと強制したりいろいろセクハラ、パワハラめいた行動が目についている」なつみが感じたスケベそうな感覚は的中した。翌日本社へ行くと事務所内がやけに騒がしい。デスクの上には週刊誌ネタが乱雑に置いてあるそのページを覗くと思わず声を上げた。
「名碗プロデューサーセクハラで逮捕」
餌食になったのは同僚の女子アナから始まっていた。数日後彼はテレビ局を解雇になる。
しかしなつみのスケジュールは空白である。
なつみは番組企画部の部長に呼ばれた。
「今回の件は誠にすまなかった」そしてなつみの本社への移動は上尾プロデューサーの意図的策略だった事を告げられる。福岡での仕事の際になつみのキャラに惹かれての行動であり遺憾だったがたまたまお天気キャスターに空白があり咄嗟に思いついた行動だったそうである。
「君のキャラは使えそうだ」
今度恒例のご当地アナによる名物アナウンサーと言う企画の番組に出演してくれないか。本社に移転になったローカル出身のアナとして」
なつみはこの仕事は素直にひとつ返事をした。事務所に帰ると小牧ディレクターが近寄ってきて食事の誘いを受ける。スケジュールも埋まり元気づいた感もあり誘いを受ける事にする。
その日は3人の女子アナも誘われていた。5人でちょっと居酒屋に出向く。飲み会での話題は男女関係に発展した。
「リーン」
俊平の携帯のベルが鳴った画面を覗くと見知らぬ電話番号である。03から始まる固定電話だ。受話器を取るとそれは仕掛けられた罠からだった。なつみは酔った勢いで好奇心が頂点にきていた。電話は同僚の部屋からである。俊平は気軽に「こんばんわ」と挨拶をして言葉を続けた。
「決して悪い男ではありません。ストーカーでもありません。犯罪者でもありません。精神鑑定が必要な人間でもありません」俊平はハンカチの件はついいたずら心で試してみました。すみませんと謝った。なつみはどうやら怪しい男ではなさそうである。なつみはお仕事は何をなさってるか問いかけた。すると「恥ずかしい話ですが、無職です。派遣切りにあったどん底の男です」なつみはこの人はおまけに女性にも振られたらしいからつい同情してしまったのである。今度の休みの日にお昼のランチでも食べに行こうと約束する。

渋谷駅で待ち合わせした。俊平はあの時の服装でやって来た。なつみはクールな感じの白と黒のモノトーンだ。今日はなつみはファッションチェックは必要なさそうだ。俊平がお昼は何処でと尋ねると。
「トンカツ屋」俊平がトンカツ屋を案内すると、こないだなつみがご馳走になった所である。
「仕事、決まった」
「それがなかなか決まらなくて、当面の生活費はある。しかし、早く就職しないといずれ貯金も底をつく」
「なにかやりたい事あるのなさそうね、あったら非正規労働者やってないか」
なつみは俊平に突っ込み始めた。
「なんか特技は、なさそうね」
俊平は苦笑いする。
「なんか好きな事は、なさそうね」
「なんか資格は持ってるの」
すると、俊平が
「あったら非正規労働者やってないか」
なつみはちょっと考え込んで
「部活動やってた、なさそうなの」
すると俊平の表情が生き生きしてきた。
「ボクシングやってた。県大会で優勝した。全国大会に出場するはずが自転車で転倒して骨折した」
なつみは意外な言葉にびっくりした。
「ボクシングは好きなの、当然よね」
「内藤選手みたいな叩かれても叩かれても起き上がるスタイルはいいね」
なつみはおやっとした表情で
「プロボクシングやらないの」
「もう、30です」
「やってよ、応援する」
俊平は忘れていたボクシングに目が覚めたのか、いきあたりばったりの解答なのか、その夜、ビジネスホテルに戻った俊平の頭の中にボクシングと言う格闘技がちらつき始めたのである。俊平はなつみの応援すると言う言葉。てことはなつみさんがリングの試合に見に来てくれる。俊平は福岡県ではバンタム級では敵なしだった。昔のファイティング原田、薬師寺、辰吉がズラリ名を連ねる。しかし、高校時代の話である。辰吉は同級生の女性に告白して振られた事がきっかけでボクシングから身を引いた。現実はボクシングやってチャンピオン目指すのはいいが現実は仕事をしないと生活してマンマを食えない。チャンピオンは無理でも試合になつみさんが来てくれる。
高校の先輩が東京に出て住み込みで新聞配達やってボクシングやってる人が多いと聞いたな。住み込みなら食事の心配や住居の心配はいらないし朝からのトレーニングにもなる。目黒にはジムも多いと本当かどうかは知らないが噂で聞いた事がある。なにより、俊平はなつみさんの応援。これに尽きたのであった。
俊平はなつみと次に会う約束はしなかった。気まぐれだからもしかしたら又電話するかもと言ってくれた。俊平30である。ボクシングやるのはいいが、なつみさんが見にきてくれる。その後は何もないのです。下手すると猛スピードで35になってしまう。そうなったら正社員なんか高卒出だよ。頭が痛くなった俊平である。それはそうとこれまで経済力のなさで散々振られて来たのだ。サラリーマンやってボクシングは無理だな。趣味ならいいがすると突然俊平の頭に閃いたのだ。
「松田なつみさんにいつかその日が来たらプロポーズする。振られてもいい経験だ。後悔はない。男は黙ってひたすら我が道に向かって突き進むだけだ」

女子アナなつみの2度目のプロポーズ

女子アナなつみの2度目のプロポーズ

平成26年春 福岡空港のロビーは凄い人だかりである。松田なつみ27歳は飛行機の出発時間まで時間があるので空港内の喫茶店に入った。かなりの客の多さである。四人がけのテーブルにひとりで珈琲を頂いてる30辺りと見られる男性の側に近づくとなつみはこの席いいですかと軽く会釈をして声を掛けた。男性は笑顔でどうぞと席を空けてくれた。男性には何か涙の跡なのか目が充血していた。なつみはこれから東京にでも単身赴任で彼女と別れた跡なのかとひとり想像を膨らませた。なつみは1週間前に彼と別れプロポーズを断った。そして東京へ赴任して行く。彼はなつみが転勤するのを迎えようとプロポーズしたがなつみの決心は揺るがなかった。なつみはこの男性に彼を重ね合わせて何かしらピンと得体の知れない感情を覚えたのである。この日が松田なつみと織田俊平30歳との出逢いであった。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日 2019-04-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted