錆びた言の葉

Racine 作

声が纏う別の意味を 声が帯びる殺傷性を
声に抱く感情を 声に溺れる陶酔を

知っているか 知っているのか

感覚を知れ 感情を知れ

今はまだ なまえを与えられなくても構わない
わからないのならば わからないままでも構わない

自我の首を絞めて 理性の足を引っ張っているな
甘美と便宜は違うのだ 鋭利なまなこをしているな

置き去りにした時間は ことばによって保存される
置き去りにした関係は こころによって淘汰される

懲りないな 同じことを繰り返している
飽きないな 同じものを違く見せるのは

割いて裂かれて削ぎ咲いて
あすも未来も変わらじと
生きて活かして生きて逝け

身が朽ちるまで身を砕け

錆びた言の葉

錆びた言の葉

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-04-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted