乗り越えて行ける

マチミサキ

春休みも終わりましたね、
私も目が回るほどの忙しさ。

今日も
11:00時位までは帰れません、
そして明日は05時迄に仕事場へ。

ひょっとしたら
もう帰らないかも。

ただいま休憩中です。

なんといっても

食べている
カラ◯ーチョとビタミンゼリーが
夕食になりそうですからね。

身体
大丈夫でしょうか。

さて、
今日は新入学生や新社会人も
ずいぶん目にしましたが

そのうちの1人が
ちょっと面白かったので
書いちゃおっカナって。


朝の駅ちかく

『すみません、
この辺りに○○百貨店というものは
ないでしょうか?』

━━ああ、それなら
ここからは影になっているだけで
あの大きな建物の裏ですよ。

『かしこまりました!』

・・・

まあ、それだけの話なのですが。

ピッチリした黒一色の頭髪に
真新しいスーツ

デパートの新人さんですかね。

しかし
この時期に
己の勤め先の場所が解らないと
いうことがあるのだろうか?

でも

道を教えて
【かしこまりました!】
ですからね。

なかなか面白い。

・・・


私も他人のことは
いえないかな。

私が新社会人に成り立てで
初めて
出社したとき

電車の中で

と、ある
ベテランサラリーマン風の紳士に
いきなり
1枚のメモを渡されたのですよ。

それには
綺麗な字で
こう書かれていました。

【貴女の袖に付いているタグは
ブランドを示すもので
それは着用する前に外すものです】


!!!!

わたし、
どうせなら
良いものを!

と、思って
新人は先ず着用しない

今でも名前を出せば

『何処のお嬢様だよ!』

と、いうブランドで
最初の1着を
オーダーメイドしてしまったのですよ。

背も低いし
吊しではピッタリ合うのが
無かったせいもありますが。

挙げ句
このブランドで
靴や小物も揃えました。

今なら解りますが
いきなり
新入社員がこんなものを
着て行ったって
敵を作りやすくするだけです。

店員に
言われるがまま。

カモ中のカモ。

ダックオブダックスーツ。

どうせ
これから稼ぐのだから、と

それまでにコツコツと貯めた
お金を投資のつもりで
貧乏人のクセに大奮発しました。

以前にも
書き込みましたが
私はファッションセンスが無いのを
自覚していたので。

車に興味がなく
知識も乏しい人が

いきなり
ポルシェを買ってしまうようなものです。

『有名だしポルシェなら間違いないでしょ!』

的な感じで。

話を戻しましょう。

この電車の紳士は
私に恥をかかせまいと

そっと
メモにて教えてくれたのでしょうが

あまりの恥ずかしさに
ヒートアップした私は

その場で
タグを引き千切りました。

このタグ
ご丁寧にしつけ糸みたいなので
簡単に縫い付けてあったのです。

結果

袖は破れ

肩の縫製の方まで
ヨレヨレになってしまいました。

それを見て
慌てた紳士は

『キミ!あとであとでッ』

スマートなスタイルは崩壊し
無言の優しさも
突然の狂行の前には
なす術なく

もはや

私より
紳士のほうが
あたふたしていました。

高級スーツなんて
買った事も無かったですし

そもそも

リクルートで使用していた
大衆的な洋品店では
そんなタグはもともと付いていませんでした。

だいたい

あれ程の金額で購入したのだから
それくらい
お店側で外して下さいよ!

そんなの知らなかったよ!

ちゃんと教えてよ!

高い金取ってなに余計なもの付けてるの?!


これね、

新車とかに付いてる薄いビニールなんかも
そうだと思うです

あれを
せっかくの新車だから、と
後生大事に
付けたままにしていると

シミやカビの原因になりかねないのですよ。

ずっと
中古のやっすい自動車に
我慢して乗っていた人が

念願の新車を手に入れ
有頂天気分で

すぐ外すものだと
ちゃんと分かりますか?

ディーラーは
ちゃんと教えていますか?

どうなのですかっ?

ちゃんと教えて
それを踏まえた上で外さないのなら
本人の勝手ですけど。

とにかく
私は
これ以上
恥を晒すまい、と

ただひとり上着を脱ぎ

入社式に臨みました。

『まだ寒くない?なんで?暑いの?!』

そう口々に言ってくる同期達に

━━━ちょっとだけね。

寂しい笑顔を浮かべ
そう
答えながら。

乗り越えて行ける

私はこれ以来
このブランドが大嫌いです。

乗り越えて行ける

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted