ひとえに僕の私見なのだが

sync

 限定された知識には、ある種の誤謬性がある。知識は型にはめると安定する知識になるが、そこに限定された知識があるかないかは、そこに「いのち」があるかないかだろう。そこに光があるか、ないかは古い問題に対する答えに等しい、答えは想像のはるか上を捉え、超えて、天翔けて眼前に披露される。空が青いのは太陽のせい。私が考える師弟とは太陽と月の関係だ。そこには照らされる存在と照らす存在がある。ひとえに、太陽のおかげではあるのだが。空が赤いのは太陽のせい、空が青いのは太陽のせい。光り輝き空が満天の星空にもしるしがある。そこには、確かに演算式科学的法則性がある。その法則とは、人間の考えられる安定された知識ではあるのだが。

ひとえに僕の私見なのだが

ひとえに僕の私見なのだが

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted