混合の物

混合の物

西園寺リルケゴール作品集1

   






混ぜあうのは孤高で

交し合うのはある種の失望で

痕跡は残らないから執拗であり

美名の中に相手の牧歌を潰すわたしがいて

狡猾なまでに相手を量り 

滑稽なまでに些細を掌握しようとする



わたしは わたしを失うというのに



同じ失望は峻烈な時刻を終えて 

また鉄柵の失望へ



わたしは わたしを失うというのに




  

混合の物

作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

混合の物

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted