青い夢で撃ってくれ

青い夢で撃ってくれ

嗄鳥鳴夏

ろっく
じゅうせい

一体 君は僕の夢に
何回 出て来ては
鋭い目つきで僕を睨むんだろう
あの時 謝ったし
手紙も渡せたんだ
もう未練なんか無いはずだってのに

確かに 僕は好きだった
だけど この世界は
空気を読まずに君を嫌わせたんだよ
あの時 最後だと
別れを告げたんだ
小さくて無機質な君の横顔に

bang!!
暗い夢の途中で会いたくねえ
突然僕ん家に居るとかやめてくれ
なあ 何も話してくれないくせに
何か言いたそうな顔するのもやめてくれ
せめていつ消えるかぐらい言ってくれ
bang!!

一体 君は僕の夢に
何回 出て来ては
会いたい戻りたいって思われてんだろう
あの時 過ちを
繰り返してしまった
僕自身を死なせようとするだろう

だってのに 何なんだよ
まだ 恨み足りないか
僕は今も世界の幸せを願ってるよ
それでも 何回撃っても
君は消えないんだ
じゃあ君じゃなく僕の心臓に

bang!!
暗い道の途中で会いたくねえ
突然僕の隣に居るとかやめてくれ
なあ 何も怒ってくれないくせに
ずっと鋭い目つきをするのもやめてくれ
どうせならいっそ僕を青い夢で撃ってくれ
bang!!

青い夢で撃ってくれ

青い夢で撃ってくれ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-04-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted