本能

陽風蓮華

別にいいじゃない。
そんなこと気にしなくて。

時間なんて関係ない。
1回しちゃえば楽になるんだから。
何をそんなに躊躇うの。

ダメよ。
惑わされないで。

流されたら終わり。
しちゃったらきっと後悔する。
もっと自分を大切にして。

右耳からは誘惑。
左耳からは忠告。

私はどうしたいんだろう。
興味、未知、冒険、常識、風潮、世間。
抵抗、制止、抑制、許容、同調、便乗。

体の中から、何かが湧き出る。
名前のない、正体不明の何かが。

私の体を満たす。
それは、心臓から、上半身を巡り。

肩から、腕、手首、指先と、徐々に、徐々に、
ゆっくりと、到達していく。

意識が朦朧としだした。
なんだか眠くなってきた。

天井から降り注ぐ光がやけに眩しい。
思わず、瞼を閉じる。

押さえつけられた、両手首。
私の顔など一切見ずに、生暖かいものは、
私の体の上を少しづつ、這い回る。

左に傾けた私の顔は、柔らかな布団に埋もれ、
ガシャガシャした音だけが、しんとした部屋に
響き渡る。

あぁ、抵抗できなかった。
ダメって言えなかった。

また、さよならの繰り返し。

本能

本能

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2019-03-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted