戦友【リグウ】2

Shino Nishikawa

戦友【リグウ】2
リ・グウという人物は、大変な美青年で、韓国の王子だった。
でも、日本皇室に、韓国王朝は、権力を奪われてしまう。
李大王は、韓国を守るため、リグウを日本に行かせる。

リグウは礼儀正しく、陸軍大学校を卒業した。

政治に参加する権限はなかったが、日本の公族という地位を得ていたため、韓国を守るために、自分に出来る限りのことをしようと決めていた。


終戦間際、リグウは、広島に置かれた第二総軍の教育参謀中佐として働いていた。
リグウの右腕である、吉成中佐が聞いた。
「リグウさんって、病気にかかったことはあるんですか?」
「うん‥幼い頃は、よく麻疹にかかっていた。」

「麻疹?麻疹ってそんなにかかるもんなんですか?」
「うーん‥。」
リグウは考え込んだ。

「吉成さーん!」
別の隊員が呼んだため、「はーい。」吉成は行ってしまった。

はあ‥
リグウはため息をついた。
リグウは何となく日本が好きだった。
韓国に帰れば、きっと大変面倒な任務が待っている。
出来ればもう、韓国には帰りたくないと思った。

1945年8月6日。
馬のロタに乗って出勤途中、ぞっとするような戦闘機の音が聞こえてくる。
雲の中を飛んでいるようだ。

飛行機の音は止まったので安心したが、次の瞬間、旋回を始めた。

リグウは馬を止め、息を飲んだ。
近くにちょうど、水飲み場があったため、馬に水を飲ませ、自分も顔を洗い、水を飲んだ。

木陰に入った。
すぐに空襲が始まるかと思ったが、なかなか始まらない。

ピカッと光ると大地が揺れた。
「ああ‥。」
元々暑かったのでよく分からない気がしたが、熱風が吹いてくる。
ロタと共に座り込んだ。

15分くらいたっただろうか。
リグウは目がチカチカした。
目の前はさっきよりも明るく見えたが、よく目をこらすと、煙が出ていて、さっきよりも暗かった。
とても暑いが、雨がふりそうな感じだ。空気は湿っている。

気づいたら、井戸のそばに来ていて、ロタは水を飲んでいた。
とっさに、リグウも水を飲んだ。
ロタは火傷をしていて、痛そうだ。
そこに水をかけてあげた。

ロタは行こうと言うように、頭を振った。
「大丈夫か。」
ロタはうなずいたように見えた。

リグウはロタを走らせた。

途中、自分の腕を見ると、焼けただれていたので、びっくりしてしまった。
人をおぶっている者もいるし、うずくまっている者もいるし、亡くなっている者もいる。

リグウはロタから落ちた。
知り合いをおぶっていた貞夫がリグウに気づき、いち早く病院に運ぶよう、警察に伝え、リグウは病院に運ばれた。

偶然、水虫のため、先に出勤していた吉成が泣きながら、リグウに付き添ったが、リグウは次の日、亡くなってしまった。

少しだけ目を開けた。
「リグウさんっ。」
しかし、それが、リグウの別れの合図だった。

リグウは見たかった。
この先の美しい未来を。

「あなたは勇敢でした。」
吉成はリグウの手を握り、言った。
まだ目を閉じてほしくなかったが、リグウは首を横にふることはできなかった。
でも、吉成は泣き、リグウの目を閉じることはできなかった。

リグウは星空の下に来ていた。
今まで見たことのないような、壮大な風景だ。
李大王が来た。
「永遠の命が、誰かに与えられているのなら、リ・グウ。お前しかいない。
お前は本物の王族だ。かけがえない、一族の最後の一人。」
李大王は言った。

『永遠。』
そして、リグウは目を閉じた。

「リグウさん‥!」
吉成は泣き続けた。


【With you】 by Shino Nishikawa

戦友【リグウ】2

戦友【リグウ】2

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted