その、森について

Hiyayakko

その、森について
  1. 永遠の相のもとに
  2. 森へ

永遠の相のもとに

すべてのことは必然として起こるのだということを知れ。
すべては繋がりあっていて一つである。それはすべてを、永遠の相のもと(スプ・スペキエ・アエテルニタティス)に、みるということ。

- バールーフ・デ・スピノザ

森へ

夢をみていた。決して醒めることのない、夢。
薄切りにされた時間。大きな湖の真ん中で、空に向かって落ちていく私を、岩場の陰から眺めている。
すると、急に、手の先からすぅっと自分の存在が消えていってしまうような気がした。

その、森について

その、森について

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted