記憶

音澤 煙管 作

そうだったかもしれない…


さあ、何から覚えようか?


何気なく出会って、
何気なく半年が経ち、
何気なく話しかけた。


君の顔、
眼の色、
ホクロの位置、
よくやる癖、
よく言う口癖、
利き手、利き足、
食べる時の姿勢、
好きな食べ物、
嫌いな飲み物、
好きな色、
お気に入りの服、
誕生日、
初めて会った日、
その時の天気、

それらは今はもう、
無駄になったから。


何気なく一緒に居たけど、
何気なく居なくなって、
何気なくここに来て、
独り言が何気なく響いて居た…


さあ、何から忘れようか?

記憶

記憶

覚えることは年月が要るのに…

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-02-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted