立憲民主な僕

綱雪 作

僕は、立憲主義と民主主義に基づく理論を敬う男だ。つい先日、生徒会長選挙では共産の候補を応援。高校生ではなく、中学なので、僕ではなく教師に諭されているようでした。憲法改正の是非は生徒会とは何にも関係ない……と。
僕もそう思う。なので、生徒の不満を無くす方向性を訴えればいいと。
結果は惨敗。相乗りに大差で負けた。だから、言ったじゃないか!先生の言われたことを守れば負けなかったんじゃない?
もう知らない……負けこむばっかりだ。

立憲民主な僕

立憲民主な僕

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-02-12

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain