千年百年物語 改変案シナリオ稿 サークル・ゲーム

おだまきまな

2018年作品

「かごめかごめ」童謡の歌のBGM「夜明けの晩に 鶴と亀がすべった・・・」という節が聞こえる中で、主人公の青年の回想。夜汽車で手をつないで座っている幼い兄と妹。主人公とその妹。「北海道に行くのははじめてではない。子供の頃、夏と冬の休暇に母に連れられて、僕は妹と夜汽車で旅に出た。宮沢賢治の詩にあるように。母はロシア系の女性で、夏の間向こうではダーチャと呼ばれる別荘で過ごすという母の願いで、父は北海道にその別荘を買ったのだった。今はもう、母もいないので僕は行くことはない。そして僕の妹も。」
スタッドレスタイヤで平原を走行する4wd。乗っている、主人公とその仲間たち。広い北海道の原野。「こっちで合っているのかな。」「たぶんそうだよ。地図で見たらこっちだ。東経○○度北緯○○度かな。」「分推計まだ持ち歩いてんの?」主人公「自分がどの場所にいるか正確に確かめたいからな。地球の中心から見て。」「地球の中心で孤独を叫んだけもの、だな。地球にとっちゃおまえの存在なんざ毛ほども感じていない。」「同感だ。」「なにあの看板?」「外国語だなあ。」「北海道じゃ最近外国資本が土地を買いあさっているらしいよ。これから行く別荘もそうだって。」「だろうな。夏の間だけ管理してくれってわりのいいバイトだからな。」「でもそれで同窓会サークルの合宿もできるから、一石二鳥!」「そんなうまい話、信じてよかったのか?」「いいじゃんいいじゃん。」「まったく運転する方の身にもなれよ。もう一時間ぐらい走ってるぞ。○○から。」
見えてくる別荘。前に停まり、扉を開く。古い扉。「鍵は○○市の喫茶店の主人からもらったんだよなあ。あの人、ここの正式な管理人?」「さあ?あんな若い人がオーナーとは思えないけど?」主人公、回想。喫茶店のマスター「あ、話は聞いていますよ。これ、別荘の鍵ね。僕は行けないから。これ、食料と備蓄品です。ちょっとしたキャンプだね。ガスと水道は開いてます。」主人公「あなた、○○さんって言うんですね。」マスター「はい?ええそうですけど。」仲間たち「どうしたんだよ。早く行こうぜ。」主人公ちょっとにらんで無言。

主人公たち、部屋の掃除をしている。「何室あるのかな。」「さあ?一階は見て回れって言われたね。」主人公、なんとなく見覚えがあるような気がするが、入り口は違っているので最初は気づかない。うす暗い二階に上がろうとして、何かの恐怖を感じて主人公は引き返す。「どうしたんだ?」「○○は赤色の多いところは苦手なのさ。あの壁紙の色、そうだろ?」「そうかね。まあ二階は見て回れって言われていないんだし。」別荘の裏に回る。木が茂っているが、それらが一定方向に輪を描いているように歪んでいる。「なんでこの木、いがんで生えているのかな?」主人公、分水計?のようなものを取りだす。磁石の針がくるくると回る。主人公「磁場がめちゃくちゃだ。何か強力な磁石の岩があるのかもしれない。」「ミステリー・サークル?」「そうかもね。」主人公裏手の高台まで行って、やっとその瞬間見覚えがあることを思い出す。ここは妹が消えた館だ。ロケーションが違ったのでわからなかったのだった。主人公喫茶店の主人に電話をかける。しかし「知りませんね。」と断られて切られる。主人公叫ぶ。「待てよ、あんた、妹の婚約者だった男だろう?」主人公の高校時代の回想がはじまる。

妹は中学にあがったぐらいの時、この館で失踪したのだった。主人公は高校一年ぐらい?警察には行方不明ということで捜索願は出していた。主人公はその時最後まで旅行先に一緒にいたということで、噂になる。「おまえが殺したんじゃないか?」と冗談を言われる。主人公カッとなり相手を殴る。規則が厳しい高校だったので、始末書を書かされる。しかし教師の前で「僕は反省文は書きました。しかし僕の心は反省することを由としていません。なぜなら僕と僕の妹が他人に侮辱されたからです。」と言う。教師ものわかりのいい人だったようで、嘆息してこう言う。「君は他人を許すことを覚えないとな。」高校の学園祭、主人公ダンス?をしている時に相手の女の子から「妹さんはお元気?」と嗤って言われて突き飛ばす。「なにするのよ!」「こいつはちょっとおかしいんだぜ。シスコンっていうか。」主人公、内心憤懣やるかたないが、黙り込む。「僕が死んだ妹のことを考えるのはそんなに変なのだろうか。だって彼女の人生はある時まで存在していた。それが忽然となくなったんだ。以前から存在しなかったように。そう感じるのは僕が変なのだろうか。世界は、僕の妹を消してしまった。そして世界は静かに沈黙しているんだ。妹がどこにもいないまま。僕はそんな残酷な世界の、籠の中の鳥なんだ。」山に登っている主人公。高い空と山の空気。回想はこのあたりまで。

主人公、二階の部屋に夜上がっていくことを考える。妹は夜、この館の部屋で夜中に確かに消えた。それを確かめたい。恐怖を克服して懐中電灯を手に、主人公は二階への階段を上がる。いくつか部屋がある。ひとつひとつ見ていく。仲間はこのとき一緒ではない。月夜で開放窓なので暗黒の闇ではない。最後の角の部屋を開ける。古い大きな鏡がある。鏡にはひび割れがあるが、完全に壊れていない。間違いない、妹が消えたのはこの部屋だ。妹の名をつぶやく。主人公の目に涙。「戻って・・・・きたよ。」その時、鏡の上に魔法のような幻影が映る。「おにいちゃん・・・。」死んだ妹が鏡の中にいる。主人公妹と同時に手を伸ばす。その時、「あぶない!」と声がして、後ろから抱きかかえられる。喫茶店のマスターが主人公に飛びついて鏡から引きはがす。「なにするんだ!」「向こうに行っちゃいけない!あれは、時空の渦なんだ!」鏡、ぱりんと割れる。「せっかく妹に会えたのに・・・あんた、妹のなんなんだ!」「そうか・・・君はまだ知らないんだね。自分がなんであるかを。」第一話・完。

千年百年物語 改変案シナリオ稿 サークル・ゲーム

古いムーミン谷シリーズの話と、世界の七不思議の子供の頃に読んだ本とかからで書いた、よくあるジュブナイルSFの話です。この鏡の中の三次元空間がいろいろな時空につながっていて、タイムリープして地球規模的な話になれば面白いと思いますが、単なる序章の段階で終わっていて面目ないです。

千年百年物語 改変案シナリオ稿 サークル・ゲーム

「千年百年物語」という最近のテレビアニメシリーズの第一話を書いてみました。元のものと大幅に変えてあります。元のものが好きだった人には申訳ないです。このシリーズは2話までしか見ていないので、ラストとかまったく知らないで書いたので、スタッフの方たちには悪いと思います。書き方が思ったままずらずらとセリフとかもどの登場人物かはっきり書かないメモ形式ですので、読みにくいと思います。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • サスペンス
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work