Fly Fly

進藤 海(K.Shindo)

Fly Fly

 水溜まりに反射したトラック
 吹き溜まりになった木葉の山
 いつもの日常が キミといるだけで
 世界の絶景に見えちゃうのはどうかしてるかな?


 レンズ越しに映るさらさらな髪
 シャッターを切るたびに高まる鼓動

 捉えようとしても空回りする ボクの滑稽さに
 笑うほどの余裕を見せてくれるのは優しさ?



 とにかく そんなことはどうでもいいんだ



 ボクの独り言に キミがメロディを乗せるみたいに

 小刻みなリズムで 1,2の3でジャンプしよう



 ユーモアたっぷりのタップを鳴らして


 よく晴れた空を彩る風船のように


 どこまでも飛んでいこう


 いつまでも飛んでいよう


 身軽な心と透き通った体で

Fly Fly

Fly Fly

何もかも飛び越えていこう。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted