Toast

藤谷 雅彦

The music sounds beautiful and melancholic.
Late at night, we look at each other in a quiet bar. We met at a small informal party and found we have a friend in common, and then we happened to leave the party together. It was the beginning of our relationship. After work, we have dinner and spend the evening over drinks. Tonight is the second time. She is cheerful, intelligent, and has a plentiful stock of topics. Her conversation continues to delight at the party, our dinner last week, and this dinner.
Now, however, she remains silent and listens to my talk. It is not unnatural. Until now I have mostly listened to her; it is pleasant to see her talking. But I caught her gloomy look when we took our seats. My friend told me about her charm and her sad story. I continue to talk. She looks at me without turning her eyes away. I also look at her, wondering about those sad eyes.
A woman joins a man waiting at the next table. When I see her, I stop talking. I also have a recent memory. The woman looks too much like a girlfriend I lost. We remain silent and listen to their conversation.
Seized by the past, I am cautious, even cowardly. when the relationship with her began, I was not conscious of anything. However, now I am afraid, is this a repeat, the beginning to the end, too? Although I can listen, it is difficult to speak.
The other couple stands up and leaves. It occurs to me that the reason for her silence might be the same as mine. I see the man leaving, and I recall what my friend told me about her. If it is so, I can understand her look. She seems to recognize my silence too. We, both captives, cannot go ahead. It seems to me that we should go home.
We toast quietly. "A repeat of a toast." I say it without speaking. But I hear her silent reply. "It might be a new toast."
Now we do not know which it is.
We look at each other.
The music sounds melancholic and beautiful.



    乾杯

 流れていたのは、美しくも哀しい曲だった。
 夜遅く、ふたりは静かな店で互いを見ていた。
 小さなパーティで、偶然にも共通の友人を持つことを知り、帰りが一緒になったことから、始まった。仕事の帰りに、夕食をともにして、軽く飲んで過ごす。今夜が二度目の食事だった。彼女は明るく、知的で、話題が豊富だった。パーティの席でも、先週の夜も、そして今日の料理のときも、話は尽きなかった。
 たが今、黙って私の話を聞いている。不自然ではなかった。それまで私が彼女の話を聞くことが多かっただけのこと、彼女が時々うなずくのを見ながら話すことは心地よかった。しかしこの席に座ったときの、一瞬のかげりのようなものを見逃したわけではない。彼女のことは友人から聞いていた。聡明な魅力も、哀しい出来事も。私は話し続けていた。彼女は私から視線をそらさずにいる。私も理由を考えながら、彼女を見ていた。
 隣に女性が座った。私の隣の男性が待っていた、そのひとを見て、私は話を止めざるをえなかった。私にもそう遠くない思い出がある。あまりに似ていた。ふたりは黙って、隣の会話を聞いていた。
 私は過去にとらわれて、慎重、否、臆病になっていた。彼女とは何も意識せずに始まった。だがこれも繰り返し、終わりの始まりではないか。聞くことはできるものの、自ら話すことは難しかった。
 彼女のグラスがとりかえられた頃、沈黙の理由が私と同じかもしれないと気づいた。隣の男性をうかがい、私はあらためて友人の話を思い返した。そうだとすれば、先程からの彼女の様子も納得がいく。彼女もまた私の事情に気づいたようだった。それぞれにとらわれて動けなくなっているふたり。このまま帰るべきかもしれなかった。
 ふたりは無言のまま乾杯をした。乾杯の繰り返し。声にならなかったはずだった。しかし返事が聞こえてきた。新たな乾杯かもしれない。
 そのいずれか、今のふたりにはわからなかった。
 ふたりは互いを見つめていた。
 哀しくも美しい曲が流れていた。

Toast

Toast

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted