10月・11月の短歌(2018年)

さちこ

麦わらを被ればそこはどこであれ貴方を待ちわびている海辺

サン・テグジュペリが心に棲みついてしまった 実害はないけれど

たまごっち的な感じで脳内で撲殺天使を育てる遊び

そうやって自己剽窃をくりかえすようにSuicaにチャージする日々

だがそれは謂わば「ほんやくコンニャク」を用いるための「食べる」プロセス

逃げのびた終電たちが笑いあう秘密の駅が最果てにある

でもたぶんのんのんびよりりぴーとの世界にだって貧困はあるよ

生活の3分の2が恥部なので秩父にシンパシーを感じる

似たようなファイルだらけで最新の〈私.jpg〉はどこへやら

アイドルになれないままで僕たちは、普通に戻ることもできない

ねえ、僕のヨルムンガンド。この海をぼくらの祖国ごと飲み干して

#せと打って出てきたものが欲しければ我を倒して奪ってみせよ

破滅へと続く梯子の中ほどの中ボスとしてたたずんでいる

潮騒を首からさげたちょきんぎょに貯める力を持つ女の子

ぬばたまという語以外は憲兵の手で黒塗りにされる歌会

はつ恋を紐解くようになめらかにぷっちんされるぷっちんプリン

あいみょんの鼻をなぞったおれのゆびさきはポエムに侵食されて

手紙魔はとうに卒業したまみのただの大人としての日常

10月・11月の短歌(2018年)

10月・11月の短歌(2018年)

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain